2007年4月11日 (水)

石原慎太郎

都知事の選挙も終わって、結局「石原慎太郎・3選」という事で・・・


なんか結局、選挙前から「石原慎太郎で決定かなぁ」と候補者の顔ぶれを見て思っていたんだけど、そんな形で決着つきましたか。
でも、基本的にアンチとかシンパとかって部分ではなく、何期も知事を続けるってのはよくない気がする。
でも、対立候補があまりにも「アンチ石原路線」を掲げているので、本当に都知事になって何をしたいってのがよく見えて来なかったのだ。

しかし、石原慎太郎が最初に都知事になった時に「それはギャグなのかな」と思ってしまったのが、いきなり「青少年に悪影響を与える悪書追放」という条例を作った事。
石原慎太郎と言ったら「太陽の季節」という小説で世間の注目を浴びた人だけど、その内容が青少年に悪影響を与えるとして当時国会でも問題になっていたハズ。その後の、青少年が太陽族なんて言ってカッコつける模範になった人なのに。

今回の選挙で笑ってしまったのが、対立候補として一番票を集めるんじゃないか?と思われた浅野史郎に対して「あんなマニュフェストは江戸っ子向きじゃない」と皮肉っていたんだけど、石原慎太郎って兵庫県生まれで、江戸というより湘南の人じゃないの?(よく知らないけど、江戸っ子ってイメージはあんまり無かったなぁ)
他に石原慎太郎って言ったら発言がムチャクチャってのをいつも感じるんだけど、今回、都知事選に入る直前に「公費使用に関して不鮮明な事があった事を謝罪する」みたいな発言をして「おいおいいきなり選挙モードかよ」なんて思ってしまったのだ。
で、当選した途端に謝罪した事はすっかり忘れ、相変わらずの石原節に戻ったのは凄いね。

先日、「女性は産む機械」が国会で騒ぎになったけれど、石原ちゃんはそんなの突き抜けてますよ。
2001年に雑誌「週刊女性」11月6日号のインタビューで他の学者の言葉などを引用しつつ語ったのが「女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です」という凄い発言。
さらに「きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害」という、おいおいそりゃムチャクチャだろという発言をしている。(きんさんは2000年1月に107歳で、ぎんさんは2001年2月に108歳で亡くなっている)
この時は、すでに都知事(一期目)になっていて裁判となっている。

石原慎太郎の暴言というのは数え切れないほどあるんだけど、他には1999年9月に重度知的・身体障害者療育施設を視察した際に「ああいう人ってのは人格あるのかね。(中略) 絶対よくならない、自分がだれだか分からない、人間として生まれてきたけれどああいう障害で、ああいう状態になって」などと発言して問題となっている。
好意的に解釈して、「自分の事を認識出来ない状態の彼らには人間としての尊厳みたいな物はあるのな」と疑問的に語ったのでは?と思うんだけど、あまりにも言葉のチョイスがダメすぎ。

環境庁長官時代も水俣病患者が書いたとされる文章が余りにもシッカリとしていたので、いきなり「ごく素朴に見て、これを書いたのはIQ低い人達でしょ?非常にシッカリした文章というか、あるタイプの文章だな」と発言した。
いわゆるバックに政治的だったり市民運動団体の影がちらつくので「被害者が書いた物じゃないだろ?」と疑ってみたんだろうけど、「IQ低い人」って言い方はどうなんすかね? のちに変な言い訳をしていたけど。

とりあえず常に「自分は文学者」というプライドがあるんだろうけど、それにしちゃ言葉で問題を起こしている。
書いていると枚挙にいとまがないほど「あの失言も」「この失言も」と出てくるので、それだけで1冊の本になってしまいそうな勢いなのだ。

この文章は都知事選前に書いていたんだけど、なんか選挙妨害のプロパガンダになりそうなので、アップしなかった。
あんまし、ブログで政治的な事を書くのは面倒くさいので書かない方向でいきますが、石原ちゃんに任せて本当に大丈夫なんでしょうかね?

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

「女性は子供を産む機械」以前の問題発言

(前日の雑記の続き)
女性に対しての問題発言は、今回の柳沢のオッサン発言は可愛い物だと思っちゃうのが4年ほど前にもありましたな。今回の報道ではなんかその辺は全然蒸し返されてはいなかったんですが。
2003年7月の雑記(Blog以前)に書いてあるんですが、それの再録


2003年7月1日:やってくれるね森クン
「本来女性は子供を産んで社会に貢献すべきなので、子供を産まないで好き勝手やって自由を謳歌している女性は、国に対して貢献していないので、国としても(年金など)与えるべき物じゃないってのは、誰もが思っていることなのであります」
いやぁ、やはりどんな時でも「失言王」の称号を忘れない飛ばしっぷりは流石です。
もっとも森クンの凄い事は「失言」じゃなく「本音」だって処が素晴らしいんですけどね。

その後の会見では「私は常に女性の人権と言うものを優先的に考えている」と述べていたようですが、「女性=子造りマシーン」としか考えてないこの発言、なかなか普通の人間が失言しようとしても出てこない発想であります。

結婚もせず、当然子供も産まず、社会で高い地位を築き、当然キッチリと税金を払っている女性ってものいるんですけどね、土井たかこ氏や、嫁に行かない皇室のあの人にも(その後めでたく黒田さんに嫁ぎました)面と向かって同じ事を言ってもらいたい物です。特に宮内庁のあの人には森ちゃんが与える必要がないと言っている税金が大量に使われているハズですからねぇ。

結局「子供」と言うキーワードに「イコール女性」って考えているあたり、子育てに男は関与していないと言い切っているような物だと思いますよ。森ちゃん、確か自分の息子は歌舞伎町だか歓楽街で色々と問題起こしていたよね。子供の管理もちゃんと出来ていないような気もしますが。

ついでにこの発言があった「少子化対策委員会」とかって講話会では同席した別のオッサン、自民党の太田誠一(福岡選挙区)も凄い事を言っていた。
最近の若い夫婦が子供を作らないってのは、セックスレスと呼ばれる現象が大きくあると言うことに関し「若者が全てそんな風に精力が無いかって言うわけではなく、集団レイプとかしたような連中もいるわけで。集団レイプする人はまだ元気があるからいい、そっちの方が正常に近いんじゃないか」だと。
太田誠一公式サイト]このサイトのトップにある写真がいかにもスケベそうで、その発言も納得できてしまう。

政治家ってのはバカの集団ですか?子供を作らない事が罪悪で、レイプしちゃう連中の方がまともって事ですか?
みなさーん、政治家のオッサンが「レイプした方が国に貢献できる」って言ってますよ。

森くんのように学生時代、すでに赤線が廃止されていたのに、その手の売春宿に通っていたと噂されている精力旺盛な人の意見は、世間の考えとひと味違っていますなぁ。(赤線廃止は1956年、その時森くんは18歳)

笑えるようなネタではないが、この話が問題になった後、太田誠一ってオッサンに対して、山崎拓幹事長が厳重注意をしたそうだが、おいおい、山崎幹事長がそんな注意を出来る立場にあるのか?元愛人にあんな事を暴露された変態オッサンが…。

ついでにその同じ壇上に普段「ジェンダーがどうのこうの」「男女同権がどうのこうの」と言う事を掲げている橋本聖子もいたのだが、その暴言に反論するどころか、TVで流れた映像ではその発言に楽しそうに笑っていた。
ニュースステーションでその事でコメントを求めたら「私はあの席にはいませんでしたので、その発言は知りません」だとさ。思いきっりビデオに映っているんですが。

女性の権利をとか普段言っている女性議員がこれかよ。結局、選挙で女性票を獲得するための「これ言っていれば女性票はバッチリね」程度のスローガンだったわけですな。

日本は素晴らしい国ですね、こんな事を公の場(幼稚園で行われた少子化を考えるシンポジウムらしい)で公言しても、軽く謝罪するだけで何事も無かったかのように次回も当選しちゃうんですからね。
次の選挙で、石川県(森)と福岡県(太田)の選挙民の良識が問われちゃうワケです。まさか和歌山県みたいに獄中の県議がトップ当選して、活動もしていないのに毎月議員給与60万円を獲得しつづけているなんて馬鹿な事にはならないですよね。

再録終わり
なんか、そんな物なんすね、少子化問題って。こんなアホが政治家としてそこらの庶民の何倍も金を使いまくっている日本で子供育てるのはむなしいなぁ

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

女性は子どもを産む機械

相変わらず「政治家って馬鹿だね」と思う状態が続いておりますな。


そもそのも発端、柳沢厚生労働大臣が1月27日の講演で「女性は子どもを産む機械」と発言した事から、ツッコミ処を探していた民主党を始めとする面々が「ムキーッ!辞任せよ」となってしまったお話。
これを「失言」としていますが、失言ってじゃなく頭の中にそんな考えがあったから言ってしまっただけで、世間では「本音」って言うんじゃないかなぁとは思ったりする訳です。
ま、その機械発言は女性じゃない自分が聞いても気分良い物じゃないし、そんな発想が出るって事がそもそも自分とは違う人種なんだろうなぁと言う感じなのだ。

しかし、その件で野党が審議拒否したってのが馬鹿すぎ。
で、国民の皆様から選出されて国民の皆様の税金で活動をしている政治家の皆様ですので、「意図的に本業を放棄した」って事は、当然その間の政治家としての給与は欠勤扱いで返却してくれるんですよね。野党の皆様。
そんな考え方がOKだったら嫌な場合は国会に行かないってのが何においてもOKって事になっちゃうよね。そんな無責任な人には国は任せられないなぁ。

この「女性は子どもを産む機械」発言は連日テレビでも報道されている訳ですが、なんかトンチンカンな印象を受けるのが、女性を機械と発言した部分にスポットライトが当たりすぎていて、柳沢発言の他の部分に全然触れていないって事。
他の部分を要約すると「少子化対策には女性が頑張って子供を作ってくれれば解決出来る」って事でしょ?そんなの政策でも何でもない。機械発言しなくても、子供を産む道具としか考えていない発言。
そんなレベルで少子化対策とか言っているんじゃ、いつまでたっても解決しないって。

もしかしたら、少子化が解決しちゃうと「少子化対策委員会」が解散しなくちゃいけないので、いつまでも会を存続させるためにダラダラやってんじゃないか?とか穿った考え方をしちゃいそうなのだ。

で、もうちょっと少子化問題について考えていくと「何故、少子化がダメなの?」という部分に突き当たってしまうのだ。なぜ、子供が少ないとダメなの?夫婦に二人以上子供がいなくちゃダメなの?
結局、子供が少なくて困るってのは「年金計画が立ち行かなくなってしまうから」って事だけじゃないの? 別に子供が世の中からゼロになる訳じゃないし、よく言われる今のペースで減少していったら50年後には子供が産まれなくなるなんてのは統計のウソで、緩やかに減少ペースには歯止めはかかるでしょ。

自分が子供の頃の雑誌なんかには「21世紀になると地球人口は何千億人になり食糧危機が訪れる!」なんて記事が書かれていて、子供ながらに「このまま子供が産まれ続けたらとんでもない事になる」なんて思っていたのに。
(2007年02月10日「女性は子供を産む機械」以前の問題発言 に続く)

| | コメント (2)

2007年1月 7日 (日)

舵取りをあきらめた民主党

2007010701


と言うわけで、今年になって放送開始された「民主党」のイメージCM。
どれくらいの金額がかかっているか判りませんが、民主党はこの手の特撮的な物が前から好きですなぁ。

『国民の暮らしは嵐のまっただ中。明日の暮らしを切り開く、民主党!』という事で、嵐の中を航海する船で獅子奮迅する小沢一郎と鳩山由紀夫・菅直人の3人って事なんすけどね。
最期は舵を手放しちゃって途方に暮れる3人が、結局船の行方は流れに任せて嵐が治まるまでなすすべも無いって感じがしちゃってしょうがないんですが...。
ま、確かに自民党に任せてはいられない気もするけれど、民主党にも任せられないよなぁという感じなのだ。

安倍ちゃんは念頭の記者会見で「美しい日本づくり元年にしたい」と言い放ったワケで、てぇ事は去年秋に就任してからの3ヶ月間は元年以前で無かった事にするって事なんでしょうかね?
てぇ事は、去年3ヶ月間のゴタゴタは「置いといて」新年はそこの部分を精算して「再チャレンジ」が始まるって事なんすかね?
なんか、あれだけラストは不評だらけだった小泉政権が「懐かしいなぁ、あの頃は良かったなあ」とか想い出になっちゃいそうな勢いっす。

今年は、マジになんとか経済的に明るい話題が欲しいっす。

P.S.
このブログに掲載しているイラストを書く時の筆記用具は、普通にそこらで売っている水溶性のボールペンなんすけど、この手のちゃんとした絵を描こうとするのには無理があるなぁと実感。
ちゃんとしたペンを買ってこようかなぁ

| | コメント (2)

2006年10月 6日 (金)

安倍晋三 vs 田中真紀子

昔から田中真紀子の「言葉だけは多いがその内容の薄っぺらさ」に辟易していましたが、ここまで悪化しているとは思わなかった。


小泉内閣からはじき出された直後から、延々と小泉批判をしてきた田中真紀子だけど、今度はことごとく安倍晋三を批判するだけの人になった。
ま、「とりあえず何でも批判しとけ」みたいなのは政治的には昔からどの政党もやっていて、それの頭の悪さのレベルはどっこいどっこいなんですが、田中真紀子に関しては「自民党」どっぷりだった時代と現在の立ち位置が変わった瞬間に批判する方向が「ただの私怨」みたいになっているのにウンザリ。

もし、小泉内閣で問題を起こさずに今でも自民党所属だったら「郵政民営化バンザイ」から「安倍内閣はやはり血統書付きだ」みたいな、持ち上げ方をし続けていたんじゃないかっていう、政治理念の無い批判が見え隠れしている。

今回、安倍内閣になってから初めて国会で対決したワケですが「で、結局この人は政治的に何をどうしたいの?」ってのがよく判らない。とりあえず「庶民派」とか「主婦の目線」でみたいな事を以前語っていたけれど、生まれながらにして田中角栄の下で人生を歩んでいる人に、ギリギリの生活でひーひー言っている庶民の感覚はとうてい無いと思う。
自分は外交の専門家とか考えているようだけど、それは1点「父親・田中角栄が中国との国交正常化を推進した」部分の利子で食いつないでいるだけのような気がする。

安倍晋三が関わってきた北朝鮮問題で2002年9月の訪朝の関して「完全な金正日ペースで腰砕け」「なぜ『他の被害者も帰せ』とひざ詰め談判しなかった。小泉前首相と連帯責任だ」と批判したけど、あの件に関して確かにそこを批判する人も多々いるけど、じゃ、小泉以前の政治家は何してきたの?って感じがしちゃうのだ。
それ以前の政治家は「北朝鮮問題は面倒くさいので何か触れるの危険だよな」的に後回しにして来たわけで、小泉に関して「拉致問題の解決が遅々として進まない」と批判する以前のダメさ加減なのだ。小泉・安倍がいなかったら今でも拉致問題の解決の糸口さえ見えていなかったんじゃないかと思っちゃうのだ。(現在の北朝鮮が追いつめられて崩壊の一歩手前になっている状況って、小泉政権時の余波もかなりあると思う)
さらに言うと土井たか子時代の社会党なんか、北朝鮮に集団で出かけ「北朝鮮は良い国ですよ」と観光気分で接待されて帰ってきた事がある。しかもサイトには「北朝鮮の拉致は無い」という趣旨の文章をずっと掲載していたのだ。

で、今回の国会で安倍晋三に対して北朝鮮への外交批判をした田中真紀子は逆に「金正日委員長のご子息が日本に入り、直ちに送り返したのは当時の外相の判断だ」と反論されれてしまった。
2001年5月、ディズニーランドに行くために不法な方法(ドミニカの偽造パスポートを持っていた)で入国した金長男を取り調べもせず「下手に拘束でもしたら外交問題になるから、とっとと返しちゃおうぜ」と当時の外務大臣・田中真紀子の失態を持ち出してきた。ま、あれは「何故すぐに返しちゃったの?」と誰もが思ったけれど(金正男は2002年12月にもフランスのユーロディズニーランドへ行こうとしたがフランス政府から拒否されている)

他にも外務大臣としての失態で大きいのは、911テロの時にアメリカ大統領ブッシュJr.がテロを恐れ極秘の場所へ避難していた時、テレビのカメラの前で田中真紀子は「今、ブッシュ大統領は○○○へ避難して無事ですが」と、バッチリと場所を発表しちゃったり...、もうダメっぷりが凄かった。
どうも、この人が考える外交とは中国との外交だけみたいな感じ。

個人的にはそれ以前に、田中真紀子という人の言葉のチョイスに品格を感じないので、政治家以前に苦手な人だなぁという印象ではある。(下品な言葉遣いを庶民的と勘違いしているのかも知れないけど)

| | コメント (0)

2006年10月 4日 (水)

景気は回復している?

先日、ニュースで「某企業は新卒入社の人員が前年比125%」ということで、景気が上向いているという事を強調した話を展開していた。


他の企業も同じで、とくに大企業はその傾向が顕著で..と。
でも、それって単純に「多くの団塊の世代が退職するから」って事じゃないの?
単純な統計的なトリックで「景気が上向いている!」と煽ろうとしているとしか思えないっす。
ま、確かに底から上昇傾向にあるらしいんだけど、自分の実感としてはそんな景気の回復は感じてはいない。
統計でも景気は回復傾向にあり、前月比での連続上昇記録はバブル期を超えるほどになったとかも言われているんですが、スタート地点が低すぎるし、上昇スピードが緩やかなので連続記録は達成するでしょ?てな気もする。

そのニュースとは別の方向では「生活保護を受けている世帯は過去最多の104万世帯になった」という、最悪なモノもある。
100万世帯を超えたのは初めてらしい。
記録では1992年がもっとも少なく58万5972世帯だったとなっている。いわゆるバブルがはじける直前がもっとも少なかったらしいんだけど、あの日本中が躁状態で浮かれていた時代にも58万世帯の生活保護家庭がいたというのがちょっとビックリ。

もっとも、生活保護とかその辺の部分に関しては、ワザと申請を操作して保護が受けられるような状態にするというパターンも多いらしいので、一概に「100万世帯を超えたので」という部分で世相を考えるのも難しい。

よくアメリカなんかの統計で「アメリカのシングルマザーは○◎万人で、1/4がシングルマザーである」とかがあるけれど、実際のことを言えばあれもトリックがある数字。
アメリカではシングルマザーには多くの保護項目があって、シングルマザーと認証されると多くの特典があるという事から、旦那と一緒に暮らしていても籍を入れずに役所へシングルマザーとして届けるケースが多いと言う。そして、その政府からの補助金で夫婦が生活しているのだ。
それ故にシングルマザーが多いという統計になってしまうのだという(離婚率が多いという統計も鵜呑みに出来ないワケで)。

先日、役所関係の保険関係の書物を読んだ時に「遺族年金」やら「母子家庭年金」やらの項目で「補助金として○万円が」という数字の低さに「これじゃ生活保護にならないよ」と思ったんですが、この金額を多くしてしまうと、当然それ目当ての不正受給者が増えてしまうんだろうな、と痛し痒しに思ったワケでやんす。

とりあえず「景気は回復している!」というニュースに釣られて、本当に回復して欲しいと願う今日この頃なのであります。

| | コメント (0)

2006年9月30日 (土)

Go! Go! 細野豪志

やっぱ、男として生まれたのなら将来は政治家、そして女子アナと不倫ってのは最高の夢だよな!


という事で、男の夢を具現化している細野豪志ですが、実はこの人に関しては政治家になるちょい前から知っている。
というのも、私は実は細野豪志の選挙区に住んでいるのだ。
本心はどうかは不明ですが、とりあえず政治家としては爽やかに理想を語る憎いあんちきしょうって感じではあります。

地元でしか聞く事が出来ないコミュニティFM局「Voice Cue」で毎週金曜日に放送している細野豪志の番組があるんですが、そこで政治的な問題をかみ砕いて分かりやすく解説していて、以前はよく帰りの車の中で聞いていた。最近はその時間までに仕事が終わらないので聞くチャンスも無くなってしまったけれど。

最近「TVタックル」なんかに出始めていますが、それに関しても「おぉツイに地元の政治家が全国区デビューだ!」と単純に田舎者的に喜んでいたわけですが、今回の不倫騒ぎで「さらに全国区へ躍進だ!」と無責任に思ったりするわけです。
不倫については、ダメな事だけど勝手にやってなさいなと思っちゃうし、ちょい昔の政治家なら愛人つーか妾なんかも当たり前にいただろうし、そりゃやり手で精力的で金も地位もある男のとこに女性が寄ってくるのは、当然の流れじゃないの?なんて事も思ったりするのだ。(多くの女性の反発を食らう発言でやんす)

しかし、この件に関して菅直人が「プライベートな事と政治的なことは別で、この件でどうこうという事は現在考えておりません」などとインタビューに答えていたのに、ちょい苦笑い。
だって菅ちゃんも数年前に不倫が写真週刊誌に書かれて、奥さんの前で謝罪した事あったから、そりゃ偉そうな事は言えないって。

その後の、あんまりマスコミに対して発言しない黙り戦術はちょいと頂けないワケですが、政治的には凄く情熱を持っていた人なのでこの件を払拭するぐらいに頑張って欲しいわけでありますな。

| | コメント (1)