« あけましておめでとう! | トップページ | 単行本の企画がGo !! »

2013年2月19日 (火)

近頃のオッサンは…

自分の中でものを考える際に気を付けている事がいくつかある。


その中の一つに「最近の若い奴らは」的な事を考えない事。と言うのも自分がその若い奴らだった時に散々上にその手の事を言われてカチンとしてきた事があるから。あーゆー大人にはならないようにしようと思ってきた。
それは自分だけじゃなく同世代はそんな感じだと思っていた。が、気が付いた時には同世代が当然のようにシレッと「最近の若い奴らはなってねえよな」などと言いだしているのだ。お前らだって若い頃はろくでもなかっただろ、とか思うのだが。

その時代の若者にはその時代の空気があって色々考え感じながら行動してると思うので、単純に「おれらの若い頃は」と比較出来る物ではない。特に今50歳前後のオッサン達は70年代オイルショック時代は学生で、それが高校卒業した辺りから80年代の軽佻浮薄に踊らされ、社会人になった後はバブル景気だった連中。そんな奴等が生まれた時から不況という文字しかない時代を生きてきた若い連中の気持ちなんて解るワケない。
とか言っていて、さらに自分は若い時に「若い連中の事を理解している風に忍び寄ってくるオッサン」も大嫌いだったので、今自分のように「解っているよ君たち」みたいなオッサンも警戒しろとか思ってしまう。実に面倒くさい自分なのだ。

世代間ギャップなんてあって当然、なかったら何もかも動かなくなる。上が下をバカにし、下が上を軽蔑することで時代は動いていくもの。大いに衝突すべき。
今の若者達は上から「活気がない、覇気がない、やる気が見えない」とか思われているかも知れないけど、そんな事を言っているオッサン達も今60歳前後の人は若い時は「最近の若い者は熱さが感じられない」と上から批判され「シラケ世代」とレッテルを貼られていた。さらに50歳前後、今20歳ぐらいの父親世代は「何を考えているか解らない、本当に使いにくい連中だな」と批判され「新人類」とか言われていた世代だからね。
そんなシラケや新人類に「最近の若者は」とか偉そうにいわれてもねえ。
そして今、ド不況の中でもがいている世代を批判している世代は、何もしなくても好景気だった時代に青春時代を過ごし、その後の不況を創り上げ何も処理出来ずに20年以上放置してきたダメ世代からね。あんな大人にならないで下さい。

で、自分もそれなりに頑張っていこうと思う。

|

« あけましておめでとう! | トップページ | 単行本の企画がGo !! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとう! | トップページ | 単行本の企画がGo !! »