« 素人参加風番組 | トップページ | タンポポ「乙女パスタに感動」 »

2012年12月21日 (金)

地球滅亡のおしらせ

1999年にノストラダムスによる「地球滅亡のお知らせ」があったわけですが、それが終了した段階で「次に地球が滅亡するのは2012年です」という告知があった。



20121221
という事をすっかり忘れていたら、いつの間にかその当日になってしまった。
だいたい今年の最初頃に「そー言えば今年、マヤ暦では地球が滅亡するとかってじゃ無かった?」という声が微かに聞こえて来ていたんだけど、世間でも「で?」という感じの反応だった。
でもとりあえずこの数ヶ月になって、駆け込み需要のように「実は今年の12月21日に地球が滅亡します!」みたいな事を一部がネタにし始めた。
もう「騒ぎ始めた」「心配し始めた」ではなく「ネタにし始めた」って感じ。
そしてそのタイミングで「へぇ滅亡すんだ」と初めて知った人も多いと思う。
ノストラダムスの時の知名度と比べたら雲泥の差。

ノストラダムスの時は五島勉という優秀な広報担当がいて1973年に出した『ノストラダムスの大予言』という本が異常な程の大ヒットとなり、まだ世紀末まで27年もあるのに世紀末ブームが巻き起こってしまった。
というのも、それまで高度経済成長でイケイケだった日本がいきなりオイルショックのあおりを受けて低迷し、さらに高度経済成長の影響の公害が深刻化したどよんとした世相だったので、この「地球滅亡」というテーマがヒットしてしまった。
まだ日本人もすごく素直だったという時代なんだと思う。
その時まだ自分も小学生とかだったので「えっと1999年に自分はまだ40歳にもなっていない。それまでに死んじゃうんだ…」とか計算してどよんとしていた(って、そこまで深刻に信じていなかったけど)。そんな時代とは今は違うと思う。
当時の自分と同じぐらいの子供達ももっと冷静に考えているだろうし、もっと恐いのは現実の人間だとか、変な知識は山ほどある。マヤ暦ってなんなのよって感じだと思う。

そんなこんなでマヤ暦の地球滅亡は不発に終わってしまったのだ。

|

« 素人参加風番組 | トップページ | タンポポ「乙女パスタに感動」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素人参加風番組 | トップページ | タンポポ「乙女パスタに感動」 »