« 怒れ若者! | トップページ | 辰年の人 »

2012年1月10日 (火)

紅白歌合戦で「信じる」

音楽番組を片っ端から録画して、それのインデックスを作って保存して、という作業を30年続けている。


20120110

で、やっと昨年末の紅白歌合戦にまで辿り着いた。あとはジャニーズとCOUNTDOWN TVの大晦日→新年番組のチェックだ!
と言いつつ、レコード大賞も紅白歌合戦もリアルタイムで見ていたので、視聴よりインデックス作りがメイン作業。
で、紅白歌合戦に関しては「やはり全面に震災がらみだよね」というのは致し方ない。というか、NHKはやらなくちゃダメでしょとは思うけれど、それがメインでコーナー的にそういう方向ってだけじゃなく、そこで歌われる楽曲もそんなイメージだった。
そして放送中にtwitter上で映画評論家の町山智浩さんが「なんかやたらと『信じる』って言葉が出てくる曲ばっかりだな」と呟いていた。
自分もそれ以前から今年リリースされた曲は「信じる」「歩いていく」みたいなニュアンスが多いというのは感じていた。このタイミングではしょうがないって部分はあるんだけど、ちょいと作詞なんてしている側の人間として「多用される単語」というのは気になっていた。
で、インデックスを作るついでに番組で歌われた楽曲の「信じる」という歌詞をチェックしてみた。


とりあえず今回の紅白歌合戦で歌われた楽曲は50曲(メドレーは1曲としてカウント)
・浜崎あゆみ『Progress』
「信じたい心」「同じ未来信じている日本」本来の歌詞では「同じ未来信じているふたり」を変えて歌っている。紅白ならではという感じだけどね・
・FUNKY MONKEY BABYS『それも信じてる』
思いっきりタイトルから信じまくっているワケで、このグループに関しては時々「ヒネらんかい!」とい思ってしまうぐらいにメッセージが直球な事が多い。それが良いか悪いかは個人の趣味だけど。
・西野カナ『たとえ どんなに…』
「きっと届くと信じて」この人も恋愛に関しての詩はストレートで、そのストレートすぎる傾向からネットでは「日記かよ!」という批判もある。分かり易いと、稚拙の違いは難しい。
・ポルノグラフィティ『ワンモアタイム』
「One more time 僕らは信じてる」相変わらずテンション高い曲ですが、やはり信じている。
・夏川りみ×秋川雅史『あすという日が』
「しあわせを信じて」紅白対決関係ないスペシャル楽曲でも信じている
・TOKIO『見上げた流星』
「目を閉じて信じればその胸に輝いてるよ」
・嵐×出演者一同『ふるさと』
「明日を信じて歩いてる」これも紅白対決は関係ない曲
・平原綾香『おひさま〜大切なあなたへ〜』
「私だけは いつでも味方だわ 大丈夫信じて」
・長渕剛『ひとつ』
歌詞には「信じる」という言葉は無かったが、語り部分に「みんなの力を信じている」と
・和田アキ子『あの鐘を鳴らすのはあなた』
「信じたい心が戻って来る」震災とはまったく関係ない時代に作られた詩ですが
・いきものがかり『歩いていこう』
「傷ついても何度も信じたいよ」信じると共に多く使われる表現「歩いていく」を全面に出した楽曲。個人的にはこの曲より「笑ってたいんだ」の方が好きだけど。
・福山雅治『家族になろうよ』
「どれほど深く信じ合ってもわからないこともあるでしょう」信じるを否定的に使っているので、これはカウントすべきかという感じ。
・EXILE『Riging Sun』
「明けない夜はないと信じて」この曲は思いっきり復興のテーマ曲として作られていて、やはり信じています。
・SMAP『not alone 〜幸せになろうよ〜』
「だれかを信じる遺伝子でできてる」この曲は震災後に急遽みたいな感じで配信限定シングルとして5月にリリースされた曲。

50曲中14曲(福山雅治の曲を抜くと13曲)に信じるという言葉が登場する。思ったより少なかったけれど(見落としもあるかも知れない)、これは今年の特徴なのかな。他年度の曲も調査しないとハッキリとは言えないけれど、なんか方向性が見える。
信じる事は悪い事じゃないし、信じて欲しいと願う気持ちも悪い事じゃないので、この結果を批判するって事じゃなく「なるほどねえ」という感じ。
大昔、ピンク・レディーが第1回24時間テレビのテーマ曲として「2001年愛の詩」という曲で「愛することが当たり前なら 愛という字はいらない」と歌っているのですが(作詞・阿久悠)、今は「信じる」とか言わないといられない状況なんだろうな。

ちょいと作詞をするって仕事に片脚を踏み込んでいる自分は、この時代に何を言葉として著していけばいいのかと考え込んでしまうのであります。

|

« 怒れ若者! | トップページ | 辰年の人 »

コメント

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

投稿: | 2012年1月12日 (木) 19時18分

ほーっ。案外と少ない事に驚きです。
私も信じる系の歌が好きで、車で聴いてはひとり涙していたものでした。
確かに聴き過ぎると満腹感や涙も乾いた感が充満していた所です。
今夜あたりはこの曲でちょっと一休みします。
http://www.youtube.com/watch?v=NfCtK4vjo1w
(ねじれたハートで)

投稿: ばら太郎 | 2012年1月13日 (金) 12時47分

福山雅治 家族になろうよ で プログ検索中です。いい唄ですね 最高ですね。結婚披露宴で 定番になりそうですね
素敵な 世界に なりますように。
世界中の家族が いい家族で ありますように
100年たっても ラブラブ 生まれ変わっても ラブラブ
音楽同好会(名前検討中 福山雅治を語る会 家族になろうよ
変な話だけれど 私の個人的意見だけれどもしマーシャが 結婚しても マーシャを 応援してくれるかなぁ

投稿: 村石太星人 | 2013年3月23日 (土) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒れ若者! | トップページ | 辰年の人 »