« ありがとうございます。 | トップページ | ひさびさにメルマガ発行 »

2010年11月17日 (水)

日本初の女子大生「知泉の雑学クイズ」

★日本初の女子大生が誕生したのは、現在の何大学?
A:東北大学
B:早稲田大学
C:九州大学
(これはiPhoneアプリ「知泉の雑学クイズ・無料版」に掲載された問題/答えは下で)


「知泉の雑学クイズ」の無料版が5月22日にリリースされ、約半年経過した現時点でのダウンロードは約20万という、とんでもない数字を記録しています。もう大ヒット御礼という感じです。
もっともそれに関して色々な事があったので、ミソがついた状態ではありますが「でも20万って凄いじゃん」と盛り上がっていたワケです。
そして8月の暑い最中に「製品版」がドドーンとリリースされました。
その時「無料は20万だから、その勢いが有料版にどのぐらい反映されるかね?」と捕らぬ狸の皮算用をしていたワケですが、その結果は……。しかも230円という書籍なんかに比べたらかなり安いアプリで、その印税というのが普通の本の印税より率が低い(普通は値段の10%という事でお察し下さいませ)と来ている。おのれアップルめ! という事で、薄利多売が大前提ということを考えていないといけないのだ。
ふぬーん! と鼻息を荒くして腕組みをするばかりなり。

答え
A:東北大学

解説:1907年、当時の東北帝国大学が日本で初めて女性に入学許可を出しました。日本初の女子大生は牧田らく・黒田ちか・丹下むめの3人です。


という感じの問題と答えと解説が無料アプリには書かれています。
で、さらに深い解説なんですが、実はそれより6年前の1901年4月20日「日本女子大学校」が 女子高等教育の第一人者、成瀬仁蔵(なるせじんぞう)によって創立されています。
でもって、1903年には家政学部に平塚雷鳥が入学したりしています。
「じゃ、そっちの方が先じゃん、1907年のが何で日本初の女子大生なの?」って事になってしまうワケですが、実は日本女子大学は創設されたこの時はまだ『大学』として認められていなかったのです。名前に大学とついているのですが。
でもって、創設から4年目の1904年にやっと専門学校として認められて、終戦後の1948年にやっと日本女子大学は私立大学として認可されているのです。
それ故に、正式な書類上での政府が認める女子大生第一号は東北大学に入学したという事になっているのです。
でもって、東北帝国大学に入学した3人は日本初の女子大生という名誉ある「進歩的な女性」として扱われたかというとかなり微妙な扱いをされています。
当時はまだ女性は小学校を卒業した後、10代の内に結婚をして家庭に入るというのが当たり前という風潮があった時代。
東北帝国大学では「結婚せず自分で学び働かなければいけない不幸な女子のために」として、つまり「結婚しない女性は不幸」というネガティブな理由ですが女性が入学する機会を与えたのです。
しかし入学した3人の学問への情熱と努力が認められ、次第に女性が大学に進学する事が認められていったのです。おそらく他の男性よりもの凄く頑張ったんだと思います。
そして、その日本初の女子大生となった3人は牧田らく(24)、黒田チカ(29)、丹下ウメ(40)という事で、元祖女子大生の一人は40歳だったのです。

そんなこんなで、有料の方を買ってくださいませ。それが売れる事によって、次のシリーズも出る事になっています。
そしてレビューに★をつけて、コメントもヨロシクお願いいたします。
現時点で『昭和歌謡』と『グルメ』というかなりマニアックなアプリが予定されているんですが、この有料版が売れない事にはその話も無かった事になってしまうかもしれませんので、是非ともよろしくお願いしますです。

(↓iTuneの解説ページが開きます)
Ip01『知泉の雑学クイズ(1)中学生級編』¥230
Ip02『知泉の雑学クイズ(2)高校生級編』¥230

|

« ありがとうございます。 | トップページ | ひさびさにメルマガ発行 »

コメント

某ガセ沢テンテーのクイズソフト「雑学苑DS」の値段は約4000円で「知泉の雑学クイズ」が17本買える値段です。
しかも、このソフトに関してガセ沢テンテーは印税20%取ったそうですよ。

投稿: 無口々 | 2010年11月18日 (木) 11時15分

ブログ復活してくれてほっとしてます!

余り書きたくないですが、静岡のリスナに、あんなことを書く人がいるなんてガッカリです。
ちっちゃい人間に左右されないで下さいねっ!!!

投稿: ほーぷ | 2010年11月19日 (金) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとうございます。 | トップページ | ひさびさにメルマガ発行 »