« 日本初の女子大生「知泉の雑学クイズ」 | トップページ | デアゴスティーニ『世紀の100事件』 »

2010年11月19日 (金)

ひさびさにメルマガ発行

ずっとメルマガ「知泉」を放置していた。
でもこのメルマガというのは現状の自分を生み出してくれたメディアでもあるし、精神的にヤバかった自分を救ってくれたような(現実逃避と人は呼ぶ)物なので、辞めるふんぎりがつかなかったのだ。


という本題の前に「知泉の雑学クイズ・無料版」からクイズ。
★エステーの芳香剤「エアーシャルダン」にある『シャルダン』というのは何に由来する言葉?
A:画家の名前
B:貴族の名前
C:哲学者の名前
(これはiPhoneアプリ「知泉の雑学クイズ・無料版」に掲載された問題/答えは下で)


閑話休題
ということで、色々考えた末に出した結論が「ちょいと仕切り直し」という事だった。
自分の中ですでに10年以上発行しているメルマガなので「どれを使ったネタなのか解らなくなっている」という事もあったので、全部仕切り直しで過去に使ったネタも新作ネタも含めて「メルマガ知泉総集編」という感じでガシッと行こうと考えた訳です。
最初は「50音順にネタを」とか考えた。
例えばリニューアル1弾を「あ:頭」というテーマで、頭に関した雑学を5本、次の号を「い:椅子」に関した5本、「う:ウグイス」に関した5本という風に行こうかと考えた。
が、よーく考えたらそれをやるとラジオでやっている物と大いに被ってしまうという事に。
確かに読者としては1つのテーマで複数のネタだと使いやすいというのもあるけれど、なんかそりゃ違うよなという感じがして、その方式はボツにした。
という事で、以前掲示板なんかでも展開した「しりとり雑学」という方法で、延々と続く数珠繋ぎ方式にした。とりあえずいつまで続くか解らないけど、自分にとって今は「原点に返るフェア」真っ最中なので、とりあえずこの状態のまま年末まで突っ走れたらいいなと考えているのだ。
前向き前向き、暑苦しいほど前向き。

クイズの答え:画家の名前
解説:18世紀の画家、ジャン・シメオン・シャルダンが由来になっています。当時の画家の多くが貴族の肖像画を描いていたのに対し、シャルダンは日常的な風景や人物を書いていました。見る人に安らぎを与える画家なので、その名前を商品に付けたのです。


「知泉の雑学クイズ」シリーズでリリース中!
ダウンロードして「面白い!」と思ったらレビューに★を沢山つけて、コメントもヨロシクお願いいたします。そのレビューがアプリに注目を集める要因になりますので。
(↓iTuneの解説ページが開きます)
Ip01『知泉の雑学クイズ(1)中学生級編』¥230
Ip02『知泉の雑学クイズ(2)高校生級編』¥230

|

« 日本初の女子大生「知泉の雑学クイズ」 | トップページ | デアゴスティーニ『世紀の100事件』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本初の女子大生「知泉の雑学クイズ」 | トップページ | デアゴスティーニ『世紀の100事件』 »