« 笑いの感性 | トップページ | 体調不良? »

2010年10月 4日 (月)

きつい

「きつい」という言葉を漢字変換しようと考えても、「狐井」という奈良県にある地名しか変換されない。(ソフトによって違うかもしれませんが)


「きつい」なんて普通に使っている言葉なのになぜ漢字表記に変換されないんだ?
実は漢字では「緊い」と書く。
古典文学では「平家物語」とかにも出てくる漢字表記なんだけれど、一般的には音読みで「キン」訓読みで「きび-しい」という事になっている。
手元にある大修館の「漢語林」の788ページに【緊】が載っているが、そこに「きびしい」はあるが「きつい」に関しての記述はない。
さらに「緊い」と書いて「かた-い」と読む場合もあるらしいので、実に使いにくい漢字となっているのだ。

こんな風に、日常的に使われていて、しかも大昔から使われている表現なのに漢字表記がすっかり忘れられて、使われていないというものもある。
言葉は奥が深いのである。

|

« 笑いの感性 | トップページ | 体調不良? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑いの感性 | トップページ | 体調不良? »