« らぶらじ 今週2度目の公開放送「アピタ」 | トップページ | とある江戸時代の一瞬 »

2010年9月24日 (金)

暑さ寒さも彼岸まで。

昨日、夜にどしゃ降りとなって、これまでの異常な暑さが一気に解消された。
あと水不足ってのも。
水曜日は36度というムチャクチャな暑さだったのが、いきなり10度以上下がってしまう。もう体温調節がキツイったらありゃしない。
そんなこんなでも「来週の原稿」は待ってはくれない。


というか、昨日公開放送でグダグダになって帰ってきてから「あぁやらなくちゃいかん」とパソの電源を入れて作業を開始した。
とりあえず、火曜日の段階で「来週はこのネタで行けるかな」という目星を付けて、それらに関する資料などをチェックしてあったので、それをいかにまとめていくかという部分なのだ。
書庫に座り込んで「これは……、あんまり面白くないなぁ」と、次の資料を読み始める。
資料として「自分的に凄く面白い、興味深い」ってモノと、ラジオでしゃべって面白い物はまったく違うので、その辺のニュアンスが凄く大切。
自分が面白いと思うモノ、イコール、リスナーが面白いと思うモノではないのだ。

そして、月曜から木曜までの4日間のバランスも結構考えている。
ついつい「今日は○○○○さんの誕生日で」と人物ネタを連続でやってしまったり、言語ネタを続けたり、発明ネタを続けたり、歴史ネタを続けたり、と同じような方向のモノを続けてしまいそうになるので、それもなるべく避ける。
別に4日分のネタを連続で聞く人はいないと思うけれど、なるべくならバラエティに富ませたいと思う。
あと、月火の鉄崎さん、水木の杉原さん、このパーソナリティの趣味的なモノや面白がる方向性ってモノも考慮してネタをチョイスしていく。
ただ毎日雑学を喋っているってだけじゃなく、色々気を使っているんですよ。

と作業をしていたハズなのに、気が付いたらベッドで寝ていた。恐らく、2時過ぎまでは本を読んでいたハズだけど、どこかでスイッチが切れたらしい。
そんなワケで、起きた時は6時半。3〜4時間ぐらい寝た計算になる。ぼけーっとしながら目覚めのコーヒーを煎れながら作業を開始する。
ハッキリ言って、自宅で作業をしていると、起きた瞬間から寝る瞬間まで何かしらの作業をしている感じ。直接原稿を書く仕事でなかったとしても、蔵書の中から面白い記述を発見して、それをデータベースソフトに記録していく作業をずっとしている。
今や、手元にあるパソで構築しているデータベースが無いと仕事が何も出来ないってぐらいにデータを構築し続けている。

例えば「ボールペン」について何か書かなくては! と思った時、そのデータベースに「ぼーるぺん」と入力すると、これまで自分がボールペンについて調べた雑学的な物がズラッと表示され、さらに自宅にある蔵書の中でボールペン関連の資料はどの本の何頁にあるかというのが一覧表になって出てくる。
もう知泉というのは自分の事ではなく、このデータベースの名前なのかもしれないってぐらいに密度が濃いデータベースなのだ。おそらく、このデータベースにメモした事を読みながら30分ぐらいボールペンについての雑学を熱く語り続ける事が出来る。
そんな項目が現在、1万項目を越えてデータベース化されている。
そこから来週分のネタになりそうなモノをチョイスしていく。
だから、何も仕事がない様な時も、家に居るときは延々とこのソフトに調べた事を入力し続けているのだ。そんな事を、ラジオとかに関わるのよりずっと前から続けている。

そんなこんなで、なんとか予定の時間までに原稿をまとめ上げてメールするのであった。

|

« らぶらじ 今週2度目の公開放送「アピタ」 | トップページ | とある江戸時代の一瞬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らぶらじ 今週2度目の公開放送「アピタ」 | トップページ | とある江戸時代の一瞬 »