« ドラえもんのSF化 | トップページ | ぐったりしつつ仕事 »

2010年9月20日 (月)

らぶらじ公開放送:似顔絵描きスタート

本日は敬老の日という事で、らぶらじの公開放送が静岡県駿東郡サントムーン内にあるリスパで行われた。
鉄崎幹人&小沼みのり、というかなり破壊力のある二人による公開放送なのですが、相変わらずお客さんが大量に来てくれて、場内整理をしている係員さん御苦労様でした。


写真を見ずに、海の向こうの偉い人
2010092001エスカレーター脇にあるステージは二階からも見下ろすことが出来て、そっちにも大勢の方々がいました(実は二階から見ていると、声が反響であまり聞き取れないという難点がある)
で、今回も公開放送でのおたのしみということで、番組内でニュースなどをスタジオから放送する時間帯はステージが冷えてしまうという事もあって「ラジオで放送しない雑学」というのもサービスネタとしてやった。
漢字を見せながら「こんな漢字があって、これはこんな意味で」というパターンで、見て判る雑学をそこではやっている。
これもすでに5回か6回やっているので、ドッと受けるような雑学を持ってくるのが大変になっているけれど、受けるのは良い事だ! と定番化している。

写真を見ずに、なんだか暗躍していた人
2010092002そして本編のコーナーも「公開放送」という事で、普段は「今日は何の日」というテーマから始めるのを、フリーな部分から興味のありそうなテーマで展開していく。
色々と細かい配慮があるのだ。
でもって、今回の公開放送からもうひとつ大変な事が始まってしまったのだ。
実はこの「らぶらじ」という番組は1年がかりの企画として「番組の名前で夏に花火を打ち上げよう!」というモノを立ち上げた。
番組内でスタッフ達が色々な企画を行い、それの報酬などを貯めていって、花火資金を貯めるという物。
実はその花火を打ち上げる費用が予定では150万円という事で「1年で貯めること出来るの?」てな感じなのだ。

写真を見ずに、色々翻弄される日本のリーダー
2010092003そこで、番組に出演している自分の処にも「何かお金を集める企画はないっすか?」という話が回ってきた。
メインパーソナリティでは無いんですが、実際の事を言えば月曜〜木曜の週4回出演しているので、番組的には一番多い回数出演しているのだ(番組は月火曜日と水木曜と金曜の3パーソナリティ制)。
そんなこんなで「学生時代、似顔絵のバイトをやっていた事が」という事から「じゃ、公開放送の時に会場で似顔絵を!」という事になってしまったのだ。
そして今回がその企画が始動する日となった。
でもって「やっぱ、似顔絵描きって後ろに『こんな絵を書きます』みたいなサンプルあるよね」という事で、楽屋でパパパパと写真も見ずに殴り書きしたのが、今回掲載しているラフな政治家シリーズの絵。
ハッキリ言って、似顔絵描きの絵としてはこれを掲げておくのはマイナス効果にしかならないような気がする。
こんな風に書かれちゃたまらないだろう。おそらくモデルとなっている政治家の人もあまり喜ばないと思う。
とりあえず実際の似顔絵は真面目に書きました。

写真を見ずに、本当なら総理大臣だったハズの人
2010092004書いている最中に他のギャラリーが覗き込んで「似てる似てる」とか言っているのが、快感でもあり、恥ずかしくもある。昔から絵を書くのなんて密室芸のような物で、それをライブで書くという物じゃない。一人で地味にコツコツと自室で描いて、描いて、描いて、描いてと何時間も掛けて完成させ、それを人に見せて「お〜凄いじゃん」と数秒驚いて貰うという、実に報われない作業なワケです。
それをライブで、しかも3〜5分という短時間で勝負を賭けるという「アートはスポーツだ!」とあたかも浅井愼平のような事を言いながらってのは、普段の絵を書く技術とは別個の何かが必要なのだ。
ついでに言うと、絵を書いているのを見られるのも基本的には苦手で、学生時代も教室の片隅で休み時間にカリカリ描いているときに「お、杉村見せて!」とか寄ってきて、描いているのを見学されるのが一番嫌だった。漫画は完成してナンボなので、制作過程は見せたくないのだ。
だけど、似顔絵描きは……。

写真を見ずに、ドMに圧倒的人気の人
2010092005最初はお客さんも遠慮していなかったのですが、徐々に増えて1時間半ぐらいの間に11枚を描いた。その内、4組が「2人で」という事なので、15人を描いたという事になる。まぁまぁこのぐらいなら疲れる事もなくいけるな。
と思ったのですが、帰宅後、知恵熱のような物が出てグッタリとして、気が付いたら爆睡していた。おそらく普段使わない神経を使ったんだろうなぁ。
そんなこんなで、今週は木曜日も「秋分の日」ということで、静岡市アピタで公開放送があり、そこでも似顔絵をやります。
大変だけど、自分への試練でもあり、それが番組を盛り上げる事になるってのなら、ガンバルしかないのだ。

|

« ドラえもんのSF化 | トップページ | ぐったりしつつ仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラえもんのSF化 | トップページ | ぐったりしつつ仕事 »