« 演歌の日々 | トップページ | One More Cup of Coffee »

2010年8月 9日 (月)

『知泉の雑学クイズ』有料版 リリース!

無料版が5月に出て、2ヶ月以上が経過してスッカリ過去の物になって「広告の意味ないじゃん!」と言うタイミングでやっと『知泉の雑学クイズ』有料版がリリースされました。


2010080901最初に出る予定が去年12月だったので、自分的にはすでに懐かしいという感じになってしまったワケですが、逆に自分的にも新鮮な気持ちでプレイ出来ました。
その感想は「難しいけど、雑学的に面白いじゃん」という感じ。と言いつつ全部の問題の答えを知っているので100点を取れたワケですが客観的に見てオモシロイと思います。

しかし、リリースされたけれど色々「何故?」という部分もある。
有料アプリとして実は去年の段階で4本分のデータを作成しているんですが、その1本目が「ノンジャンル」でそれに関して「雑学中学」みたいな名前を付けておいた。
でもって2本目が、誰にも飛びつきやすいテーマとして「グルメ」というジャンルだけに絞った問題集。
そして3本目が再び「ノンジャンル」でとりあえず最初の物よりちょっと難しめ問題を設定して「雑学高校」と命名した。この分でシリーズが続くのなら「雑学大学」とか「雑学大学院」とか行くのかなあと思いつつ。
で、4本目がマニアックに「昭和歌謡」というテーマに絞った問題集。

2010080902と考えていたんだけど、今回リリースされたのが「ノンジャンル1」と「ノンジャンル2」
って、なぜ同じような問題集を同時にリリースしちゃうのかね? 全然、戦略的じゃないというか、逆戦略だよそりゃ。
実際、データチェックのために2つを続けてプレイすると、どっちをプレイしているか解らなくなってしまうのだ。
問題の面白さや、難しさに関しては自分的には良くできていると思うんですが、この差別化がほとんどされていない2本同時リリースってどうなんだろ。
これが「ノンジャンル」と「グルメ」だったら、別々の層のお客さんを引き寄せる効果もあると思うんだけど。

でもって、今一番の懸念が「無料版」に関しての事。
この雑記の6月初旬にすでに書いているんだけど、問題の1つが大きく間違っているワケで、それに関して新しく差し替えるためのデータを書いて、その段階で先方に送っている。
しかし2ヶ月経ってもその問題が差し替えられる事なく延々と間違ったまま。
それ故に、レビューでも「間違っています」という文章が書かれたままになっている。
何人かが同じ問題に対して「間違っています」と書いているので、なんか大量の間違いがあるような印象になっている。困ったなぁ。
その1問を差し替えて、差し替えデータをリリースするってそんなに大変な事なのかなぁ。この状態は絶対に逆宣伝だよ。

あとシステム的な部分での提案が反映されないままになっているので、自分でプレイしている時もそこが「チョット」と感じてしまう。
でも、アプリは差し替えデータをリリース出来るので、そこは必ず変更され差し替えられると思っています。って間違いデータの修正が2ヶ月されないので、約束出来ないけど。

でも、このアプリがヒットすればもっとより良くなっていくハズで、ちゃんとヒットしたとなれば続編もガンガンと出ていく予定なので、iPhone利用者はご近所お誘い合わせの上、是非ともダウンロードして遊んでやってくださいませ。
そして、レビューもよろしくお願いいたします。


|

« 演歌の日々 | トップページ | One More Cup of Coffee »

コメント

色々なアプリがあって楽しいですよね^^

投稿: iphone小僧 | 2010年8月16日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演歌の日々 | トップページ | One More Cup of Coffee »