« 永六輔さん…… | トップページ | 発音練習 »

2010年8月 5日 (木)

オマエはそんなに偉くはない

人間は誰でも上に立って、他人の批判をしたがるモノ。


2010080501自分が20代前半の若造だった頃、ちょうど「新人類」とか言われていた世代だったので何かというと上から説教をされた。
会社に入った当時、50歳代だった上司というのは昭和1桁台生まれで戦前、戦中、戦後のもの凄い時代を経験してきた世代だったという事もあったのか、とにかくヘラヘラしている自分などは容赦なく「てめえらはなっていない!」と意見をされた。

こちとら思春期を迎えた時にすでに学生紛争が終わり、ノンポリ無気力シラケと言われていた世代っすよ。
子供の頃はカギっ子、テレビッ子と命名されその時点ですでに「今の子供は解らない」と言われ、中学で宇宙戦艦ヤマトを中心とするアニメブームに巻き込まれ成人してもそこから卒業できないオタクの元祖を産みだし、オイルショックやノストラダムスで世紀末思想を流し込まれ「どうせ頑張っても40ぐらいで死んじゃうんでしょ?」と明るい未来を夢見なくなり、高校を卒業前後ぐらいに校内暴力がブームになり、原宿ではタケノコ族が乱舞し、世の中は幕末期のええじゃないかの様相を呈して「ま、なんとかなるでしょ」の空気が蔓延していた。そして就職した頃には既存の考えでは理解出来ない「新人類」というレッテルを貼られた。子供の頃からずっと「ダメな世代」と言われ続けて来たのだ。

2010080502そんな世代の自分ですが、ふと気が付くと同世代が「最近の若い連中は鉛筆を削る事も出来ない」「最近の若い連中は何を考えているか解らない」とか言ってんのな。なんじゃそりゃ。
鉛筆を削れないってのは自分たちが小学生の頃に言われていた事で、自分なんか物心ついた時から鉛筆は鉛筆削り機で削っていたし(クラスに鉛筆削りの機械があった)、今の子供は物心ついた時からシャーペンが当たり前に手に入るので別段不便は感じないので、そんな事言われてもねえって感じ。
確かにボンナイフとかも存在していたけど、それより鉛筆削り機で削っていた記憶。
とりあえず個人的には図画工作が好きだったのでナイフなどは使いこなせると思うんですが、世代的にはそんな物でしょう。

2010080503なんかそれって、米をカマドで炊けないとか、洗濯板を使って洗えないとか、そう言う事を言われるのと同じようなもので「でも機械で出来るジャン」という部分の気がする。ま、ナイフで鉛筆を削れるってのは手先を器用にするって意味では必要なのかもしれないけど、生活に必要じゃない技術を扱えないからって批判的に言うってのはどうなんだろと思うワケであります。

|

« 永六輔さん…… | トップページ | 発音練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永六輔さん…… | トップページ | 発音練習 »