« ラブいぜ!しずおか アツはナツい。 | トップページ | それはオチでは? »

2010年8月22日 (日)

小さなメディア

気が付いたら、パソコン通信を始めてから18年、インターネットから12年という月日が流れていた。


最初にパソコン通信をやっていたので、1998年にインターネット上で初めてサイトを開設した時は「後発」という印象を自分の中で持っていた。
パソ通の仲間はもっと早くから「これからはインターネットだよ」と言って、パソ通を卒業してインターネットに移行していたという事もあって、機材的な問題や、まだプロバイダーという物自体の少なさや値段の高さから遅れを取っていた。
仕事の忙しさってのもあったのかも知れないけど。
でも、それは大いなる間違いだった。

あの時代は電話回線をそのまんま使ったダイヤルアップというシステムで、NTTとの契約で夜11時以降は電話代が固定になる「てれほーだい」とかで頑張っていた。基本的に仕事が終わって家に帰ってくるのはほとんどその時間だったという事もあって、そっちの方が都合よかったのだ。
だけど、今みたいに誰でもインターネットをやって、常時接続が当たり前という時代が来るなんて思ってもいなかった。そして気が付いた時には、自分のサイトなんか老舗サイトの一つになっていた。

でもインターネットを始めた時、多くのひとの中には「自分の意見を世界に配信出来る」という盲信があった。
いや、実際にインターネットを始め、メルマガなんかを発行し始めた時に、オーストラリアからメールをいただいたり、メルマガの読者って事でカナダやスペインや、地球の裏側ブラジルから投稿などのメールをいただき「やっぱインターネットって凄いメディアだ」と感激した事もあった。
その当時の雑誌や単行本なんかで「あなたも自分のホームページを作りましょう」という記事などで「あなたは世界に向けて情報発信できるのです」とか煽っている物が多かった。これからは出版やテレビなどのメディアよりネット発信だ!と。
それに踊らされちゃった人は多かったような気がする。

そんな中で同時期にメルマガを発行していた人に「うわあメディアの過信だ」という人がいた。
雑学系メルマガだったので気になって購読していたんだけど、ちょうど相撲の八百長に絡んだニュースが話題になって、元力士という人物が「実は私が現役だった頃に……」と告白したので大騒ぎになった時に、その人はこんなメルマガを発行した。
「先日○○さんが八百長を告白した事で話題になっていますが、実はその少し前にこのメルマガで『八百長』という言葉の語源を書きました。もともと相撲がキッカケで生まれた言葉だということで書いたのですが、おそらく○○さんはこのメルマガを読んで決意したに違いありません」と。
いや、君のメルマガの発行部数100人程度だから……。
個人レベルでいきなり100人の読者がいると「うわぁ俺の発信している情報って凄い大量の人に読まれている」と思ってしまうんだろうなぁ。
でも、とりあえず自分のメルマガの読者1万人を超えていましたが、純粋な読者に逢ったことはまだ一度も無いッス(元々知り合いが読んでいるケースはあるけど)。

と書いて、アップしようと思った時に思い出した。1度ある。
最初の単行本「知泉」はその読者だった編集者の方がキッカケで出た本だった。
その本がキッカケでラジオで喋る事になって、今に至っているワケだから、凄いメディアだなあ。

|

« ラブいぜ!しずおか アツはナツい。 | トップページ | それはオチでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブいぜ!しずおか アツはナツい。 | トップページ | それはオチでは? »