« やはり本を買う。 | トップページ | 「うんちく劇場」650回突破 »

2010年6月 4日 (金)

KAN『愛は勝つ』

作詞・作曲:KAN/編曲:小林信吾、KAN
1990年09月01日リリース


2010060401なんかKANという名前の人が選ばれたとかニュースで言っていたので、こんな曲を思い出してしまった。
ちなみに歌手のKANさんの本名は木村和(きむらかん)。苗字がKANではない。
今回選ばれた菅直人とか言う人の特技は「カイワレダイコン3パック一気食い」だというのも思い出した。
カイワレダイコンを一気食いする事になったのも「O-157の発生源はカイワレダイコン」と厚生省が発表したせいでカイワレダイコン業界が大打撃を受けて、倒産が相次いでしまった後で「あれ間違い」って事で、なぜか厚生大臣の菅直人が「僕は昔からカイワレダイコン大好きだったんですよ」とカメラの前で3パック一気食いという暴挙に出た。
カイワレダイコンってそんな感じに食べる物じゃないんだけどなぁ。無理して食べているせいで泪目だったのが凄く印象的だった。


2010060402_2菅直人というと、2006年の衆議院補欠選挙の際にも色々面白い事件を起こしている。
11月1日に神奈川県の厚木公園で民主党の決起集会を開いた際にいきなりこんな事を言っている。
「厚木基地はマッカーサーがいた場所ですが、言い換えれば戦後政治はこの厚木から始まったという事だ。ここで勝って、厚木から政治を変えていきましょう!」
という力強い宣言だったワケですが、実際の事を言えば厚木基地は厚木にはない。大和市・綾瀬市・海老名市にまたがった場所に存在していて、厚木基地という名前は「基地周辺で一番有名な地名を付けた」という説が有力。

さらにその選挙戦がスタートした11月10日、伊勢市で出陣式を開いたんだけど、そこでも菅直人は当時の総理大臣をコケ下ろすという目的でトンデモない発言をしている。
「安倍首相はお坊ちゃんなので、格差という実感が無いのです。総理の周囲にはセフレが多い!」
マイク5本も使って大音量で安倍首相の下半身に関する暴露話をいきなり始めたのだ。
スタッフが慌てて「菅さん、それセフレではなくセレブの間違いです!」と訂正するように語りかけたが、それを無視して菅直人は演説をそのまま続けていたという。
その前の2004年、国民年金未納問題の際にも、自民党議員の未納者が多いという事で街頭演説で「こういうのを未納三兄弟って言うんですよ」と発言した直後に、自分も厚生大臣時代に未納だった事が発覚して党代表の辞任に追い込まれた時もあったけれど、こっちは複雑なシステムによる行政上のミスという事になっている。

さらにその前年の2003年11月6日には「官僚に振り付けしてもらわないと活動できない閣僚をモーニング娘。かモーニング息子かわからないが、並べているのはどちらの内閣なのか」といきなりモーニング娘。の名前を持ちだして、こんなに若いセンスを持っている俺というアピールをしていた。実際にはこの時点のモーニング娘。はすでに人気がイマイチになりつつあり、おとめ組とさくら組という2組体勢になったり(恐らくその事を知らない人も多いかと)メンバー入れ替えで最も人数の多い15人になったり、今さら感があった頃。
その上、菅直人は勢い余って「モーニング娘。がムンクによってコントロールされているのと同様。官僚にすべて振り付けをしてもらう内閣を歴代作り続けたのは自民党」と、エドヴァルド・ムンクさんにコントロールされているという「思わずその発言に恐れおののいて耳を塞ぎたくなる」という状況に陥ってしまった事もある。(現在の表記は『ムンク♂』ですか?)

KANの歌う人生応援ソング『愛は勝つ』の歌詞にあるように「どんなに困難で挫けそうな時も♪」って、マジに頑張ってもらわないと困るっす。民主党のためではなく日本という国のためにね。
ちなみに「愛は勝つ」のカップリング曲は、「それでもふられてしまう男」という、最後に勝つハズの愛なのにそれでも負けてしまう男の歌でやんす。
まさか来年の今頃その曲が流れていて、別の人が総理大臣やっているなんて事は無いよね?


|

« やはり本を買う。 | トップページ | 「うんちく劇場」650回突破 »

コメント

イラスト上手い! 笑いました。

投稿: みき | 2010年6月13日 (日) 10時29分

イラスト上手ですね。
そして文章を淡々と読ませて、しかも情報量がたっぷりというのも高得点。
どこかのガセ王みたいに、下手な文章をこねくり回しているのとは違って、サラッとしているけど深いです。
絶対、もっともっとメジャーになれる存在だと思っています。応援しています。

投稿: PF | 2010年8月 7日 (土) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり本を買う。 | トップページ | 「うんちく劇場」650回突破 »