« ラブいぜ!しずおか『日本初の有料◎◎』 | トップページ | ちょい笑かるた、追加分 »

2010年3月20日 (土)

おいでよ!SBSラジオパーク

本日は東静岡駅前のグランシップ広場で開催されるSBSラジオのパーソナリティ大集合のイベント「おいでよ!ラジオパーク」のイベント。


薫製マシーンと小沼さん
Dscn1634自分は出演ではなく、あくまでも見学者として出かけてきた。このイベントは今回で3回目なんですが、これまでの2回は諸事情あって参加出来ず、今回が初参加。
かなり広い会場には静岡各地のB級グルメと称した色々なブースが出店していて9時半到着時点でかなりの大盛況。広場真ん中には空気で膨らませたお城(中に子供が入って遊ぶ遊具)がどどーんとそびえ立っていた。
『らぶらじ』のブースはちょうど真ん中辺りの目立つ所にあって「10時かららぶらじ特製ホットドッグを販売します」の為にすでに並んでいる人もチラホラ。

ホットドッグを求めて大行列
Dscn1651
今回のホットドッグは『らぶらじ』でずっと扱ってきた「米粉で作ったパン」「豚を食肉にする処から追いかけたソーセージ」「小沼さんが作ったミノモンテケチャップソース」そしてソーセージをその直前に薫製にしてお届けする!という完全に「静岡県の食材を使って地産地消ホットドッグ」という物で、限定200個という状態。
薫製を黙々と作っている鉄崎さん、そして小沼みのりん登場で、並んでいるお客さんもザワザワとし始める。自分はとりあえず毎週テレビにちょこっとですが出演していますが、毎回被り物をしているのでイマイチ顔がばれていないのでその他大勢スタッフのようなふりをしてお手伝い。

いつでもテンション高いモンちゃん
Dscn1641それでも数人に「杉村さんいつも聞いています」と声を掛けられ、サインなんかを求められたりする。なんか「俺ごときが」という部分が今でもあるので恐縮しちゃうんですが、考えて見れば3年間も毎日ラジオで喋っているのでそういう事なんだよなぁ。自覚なさすぎだなぁ自分。
そんなこんなで、後は10時の開店を待つだけになったので他のブースなどを冷やかしに……、とぶらつき始めた処で長谷川玲子さんと遭遇。そのまま一緒に会場をうろつく。
途中でキャスドラ門田直子さん(モンちゃん)が中継準備の打合せをしている。「まだ本番のテンションじゃないですので写真はお断り」とか言いつつ、相変わらずの乗りで元気いっぱい。
「処でテツさん(杉原徹さん)は見かけました?」「見てないけれど」と言うタイミングで、お客さんに捕まってサインを書いているテツさんを発見。これで「らぶらじ」メンバーは揃ったワケです。

長谷川玲子さん(レイチェル)&杉原徹さん(てつさん)
Dscn1644で、10時の開店と同時に「200個限定なのですぐに売り切れちゃうかもよ」とラジオで謳っていた事もあって大行列が出来てしまった。特設ステージで11時前後に出番があるので、それまで小沼さんも売り子で頑張る。
ホットドッグ販売って事になっているけれど、ほとんどがサイン会、握手会みたいなノリなので、ひとり一人が小沼さんと会話をしたい、記念撮影を頼みたい、という状態でかなり色々な事に対応しなくてはいけないので大変なのだ。
その隣で小沼さんのフォロー作業をしていた自分はスタッフとして淡々と仕事をこなしていたんですが、時々「ありがとうございます」の言葉で「もしかして杉村さん?」などと声をかけられる事もあった。
そんな販売で問題が起こってしまった。薫製したてのパリパリのソーセージを食べてもらいたいという事でブース裏で薫製を作っていたのですが、薫製機二台で40本を必死に作っているが、そう短時間で出来るワケでなく(1回20分ぐらい)、途中でオーダーストップが何度か起こってしまった。整理券を配り「次の販売再開は11時20分からです」みたいな状態を何度か繰り返す事となった。

らぶらじ月火(みのりん&鉄っちゃん)&水木(玲子さん&てつさん)
Dscn1671そしてステージを終えた小沼さんが再び売り子として登場。
小沼さんがブースに居るのと居ないのでは客の並ぶ勢いが違う。ま、確かに基本は「らぶらじのホットドッグ」だし「小沼さん手作りのミノモンテケチャップ」だったりするんだけど、どうせ買うのなら小沼さんが売り子をしている時にってのは当然だろうね。
そんなこんなで、販売開始から数回の休止を挟みつつ、11時53分に予定数量200本完売!1本350円だったのですが、ソーセージ作りからケチャップに使用するトマトの調達から番組内でより良い物をという事で考えたので、実際の事を言うと「儲けはゼロ」という値段なのだ。
と、200本を完売したのですが「とりあえずスタッフ用」にと保存していた残りの20本ほどもまだ並んでくれていた方のために販売。それもアッという間に完売して、後は小沼さんのサイン会、撮影会という事になっていくのだ。人気者は大変だなぁと思ってしまった。
自分も何度も「写真を一緒に」「サインをお願いします」という事があって、心の中で「俺のなんて欲しいか?」と思いつつそれに応じていた。

パンパカパンツ&新金らぶらじ(原田亜弥子さん&國本良博さん)
Dscn1691午後からは、1時から4時までの3時間のステージ生中継が始まり、出演者はとにかくドタバタと大忙しで走り回っている。自分は出演がないので気楽な状態で、ステージ裏の控え室で待機をしている方々と無駄話などしたり、初対面の方には挨拶などを。
SBSの女子アナ対抗「ちょい笑かるた大会」というコーナーでは自分が取り札の絵を書いていたりするので、本人は出演しないけれど、こんな感じで参加という事になった。
ギッチギチにコーナーを詰め込んでいたので、もの凄く長い時間のようにも、あっという間のようにも感じる3時間が終わる。

出演者一同
Dscn1783お客さんも準備した席より立ち見の人の方が多いってぐらいに集まってくれて、こういう人々に支えられているんだなと実感。

イベント終了後、控えテント内で
Dscn1826最近、テレビのロケに行ってもよく「ラジオ聞いています」という声が多い。もっともそれは小沼さんに掛けられる言葉で、小沼さんが「こちら蘊蓄の杉村さんです」と紹介してくれて「えぇ!いつも聞いています」となるんだけど、リスナーの方々とお会いするのは刺激になります。もっと面白い物をお届けしたいと思います。
そのステージ終了後、まだイベント自体は1時間ほど続くので、そこでは出演者一同がリスナーさんとコミュニケーションタイムとなる。こんな自分の処にも何人か来てくれて感謝。いや、手薄な処に来てくれたのかも知れませんが、感謝です。
パンフレットとかの片隅にサインをするのは簡単なのですが、色紙をどーんと持ってきて「これ一面に」というサインはなんか難しいっす。とりあえずイラストも添えているのですが「杉村本人の自画像キャラ」あるいは「シリスギ仙人キャラ」どっちがいいですか?と聞いて書いたりする。そうしないと明確にサインなんて考えていないので色紙がスカスカになってしまうのだ。
普通、カッチョいいサインなんて考えるのかなあ?

銀座ライオンにて一部メンバーで打ち上げ
Dscn1827イベント終了後、静岡駅にある『銀座ライオン』でお疲れ会。杉原徹さん、鉄崎幹人さん、長谷川玲子さん、鉄崎さんが今回やった薫製の機械のメーカー氏、遅れてキャスドラ、門田、菅原、今村、そしてスタッフのハッシーの9人で。
自分はなかなかこのような会に参加する事が出来ないので感謝。というか、今回のイベント参加の目的は打ち上げだという感じでもあったワケです。
そこでの会話はとてもココでは書けないような、密度の濃い、あるいは放送コードブッチ切り、あるいは自爆タイムなど。う〜む状態になってしまった。
夜9時に解散。帰りの電車の中でドロドロに疲れつつ、テンションがあがってしまい眠ることも出来ず、色々な事を考えてしまう。もっと自分も前を向いたり、横を向いたりして生きて行かなくてはいけないのだな。勉強勉強。

|

« ラブいぜ!しずおか『日本初の有料◎◎』 | トップページ | ちょい笑かるた、追加分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブいぜ!しずおか『日本初の有料◎◎』 | トップページ | ちょい笑かるた、追加分 »