« らぶらじ公開放送 まねだ聖子さん来たる | トップページ | 元気です »

2010年3月31日 (水)

別れの季節 ありがとう さようなら

月曜からの異常な寒波ですっかり真冬状態ですが、桜の花はけなげに咲き誇っている。
そんな春の予感に溢れる季節は、出会いの前に別れも訪れる。


今村直美さん、お疲れ様でした
2010033101自分がフリーで仕事を始めてから3年が経過して、この春で4年になるのですが、その3年前に始まったラジオ番組『らぶらじ』。
自分は月曜〜木曜の週4回出演して、本日の出演で611回という事になっている。だから他の仕事をしていても自分にとってのベースになるのはこの番組だと思っている。何を置いても『らぶらじ』で語るネタを考える事が生活の中心にある。
そんな番組が始まった当初から、静岡県内の各地に出かけて色々なレポーターを務めてくれるキャスタードライバー(通称キャスドラ)の一人、今村直美さんが本日で卒業という事になった。
キャスドラはすべて女性の6〜4人体制で、常に2人一組でスクーピーと呼ばれる自動車で東西に長い静岡県を走り回り、一人がレポーター、もう一人が機材係ということで『らぶらじ』以外のSBSラジオの番組でも活躍している。日々本当に体力勝負という感じの大変なお仕事なのです。

2007年4月1日 らぶらじ前夜祭
2010033102今村さんは3年間活躍した、いわゆる自分と同期という感じなのです。でも自分は出演といっても自宅から電話出演がほとんどなので、実際には逢う事はそんな多いワケではないけれど、ラジオを付けるといつもそこで頑張っていて、今村さんだけじゃなく、全てのキャスドラに対してシンパシーを感じていた。
これまで数名のキャスドラが卒業をし、そして新しいキャスドラが入って来たのですが、三年前の2007年4月1日に開催された『らぶらじ前夜祭(昼間だけど前夜祭)』の時からのお付き合いの今村さんが卒業するってのはなんか切ないっす。
この1年間、自分はテレビの仕事にも関わらせて頂いているのですが、その関係で毎週のようにSBS本社へとお邪魔することとなり直接逢う回数も増えて来たし、去年は公開放送も多くその時も顔を合わせることも多かったので、なんか余計に切ないっす。
本日は水曜日なので、いつも通りにテレビのロケがあり「だったらロケが終わった後、スタジオに行けば直接『御苦労様』と声を掛けること出来るな」と思っていたのですが、なんとこんな時に限ってロケ先が伊豆の国市韮山。自分の家からさほど遠くない場所で、基本的にロケ場所に自分で直接集合!という感じなのだ。以前、韮山の反射炉で撮影した時も現地集合だった。
という事は、今回もロケが終わった後、その場で「じゃ、お疲れ様!」で現地解散となってしまう。なんてこった!

公開放送で小沼みのりんが抜けた後に
2010033103そこでちょっとワガママを言って「いつも通り静岡駅で拾って貰い、そこからロケに出る」という事にしてもらった。色々考えた末、かなり遠回りになるけれどそれがベストの方法と思ったわけです。
そんなこんなで、朝6時台に家を出て8時半に静岡駅で拾って貰い、10時に韮山に到着した。本来なら朝9時半に家を出れば到着出来る距離なのに。
そしてロケが無事終了した後、2時に富士川サービスエリアでケータイ電話を使ってラジオ出演をして、その後スタジオに向かった。
前日に贈っていた花束が配達の関係でSBSの関係ない場所に届いていたり、というトラブルはあったけれど、なんとか花束贈呈が出来た。
その花束には稚拙ながら感謝の意味を込めて似顔絵を添えさせて貰った。半月ぐらい前からずっと書いていたんだけどイマイチ似てこなくて、10枚近く彩色までしてやっと完成した作品。恐らく総20時間以上は掛けたハズなんだけどやはりイマイチ。でも感謝の気持ちが込められているから良いかなあ。
これまで今村さんとは直接の絡みはほとんど無かったのと、大勢に囲まれていたのであんまり話も出来なかったけれど、自分にとっての3年間も走馬燈のようにぐるんぐるんと廻っていて、なんか切なくなってしまった。
3月1日の雑記でも書いたように、会社員時代の自分はとにかく実生活でも何も出来ないようにダメ人間として生きて来たという事もあって、これまでの20年間は無かった事にという感じだったので、その反動の3年間はとにかく濃密で自分にとって宝物のような日々なのです。
そこで出逢った人々は一生涯忘れられないような素敵な人ばかり。

去年の12月の公開放送で
2010033104ラストにみんなで記念撮影した写真の中に自分も収まる事が出来て本当に感謝しています。こういう輪の中にいられることの幸せを実感しています。
でも出会いがあれば、必ず別れが来る。本当に使い古された陳腐な言葉ですがそれを今日実感しています。
今村直美さん、本当にお疲れ様でした。そして新しい生活に幸多き事を願います。

自分も多くの愛しい人達とこの瞬間を大切に前向きに生きていきます。

|

« らぶらじ公開放送 まねだ聖子さん来たる | トップページ | 元気です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らぶらじ公開放送 まねだ聖子さん来たる | トップページ | 元気です »