« ちょい笑かるた、追加分 | トップページ | 別れの季節 ありがとう さようなら »

2010年3月22日 (月)

らぶらじ公開放送 まねだ聖子さん来たる

ということで、去年の夏ぐらいから月例イベントのように開催されている「らぶらじ公開放送」
過去の自分が出演した「らぶらじ公開放送」は(通常時間のイベントは必ず参加しています)
2007年04月01日:静岡「らぶらじ前夜祭」
2007年05月29日:浜松・駅に近い広場(火曜日)
2007年05月30日:浜松・駅に近い広場(水曜日)
2007年09月24日:浜松・フラワーパーク(火曜日)
2007年11月27日:清水・ジャスコ(火曜日)
2008年05月21日:静岡・新静岡センター(水曜日)
2008年08月11日:リスパ(月曜日)
2009年08月24日:リスパ(月曜日)
2009年09月22日:ららぽ〜と磐田(火曜日)
2009年11月03日:リスパ(月曜日)
2009年12月23日:リスパ(水曜日)
2010年01月25日:リスパ(月曜日)
そして本日のリスパなのです。



Dscn183622008年5月20日も新静岡センター前で公開放送をやる予定でしたが、前日が台風のような暴風だったので「明日は中止です」となってしまいました。と言っても当日は台風一過で冗談のような晴天が広がる空という、かなり残念な時もあったわけです。
でも2008年から去年の前半に掛けては「公開放送、最近無いよねえ」とか言っていたわけで「これも不況の影響なんでしょう」と激しく諦めていた。
結局、公開放送というのはラジオ局が「ヤリタイ」と思って出来る物ではなく、スポンサーからの依頼があって初めて成立する物なので、会場を提供してくれる企業様などからのオファーが必要なのです。
これを偶然読んでいる、イベントを開催したいという企業の重役様(おそらくいないと思いますが)、是非イベントの検討をよろしくお願い致します。
という事で、リスパでの公開放送はもう月例になっているのですが、毎回とにかく「お客様を楽しませる」というのが自分に課したテーマなので、色々な事を仕込んでいく。
メインの雑学コーナーに関しても「通常の感じでいいですよ」と言われていても、なるべくその会場でやる意味がある物をチョイスする。

鉄っちゃんも俊ちゃんのマネで歌い踊る
Dscn1840本日はゲストに物まねタレントの「まねだ聖子」さんが出るという事で、松田聖子さんの雑学をしゃべる。
と言っても実は2年前に1度松田聖子ネタはやっている。その時に、基本的とも言えるネタとこれは絶対知らないだろうというネタを喋ってしまっているのだ。とりあえず毎回「そのテーマでもっとも面白いネタ」「二度と同じ雑学は語らない、二度と同じテーマは扱わない」という事を考えながら現在で600回を超える放送を続けている。
過去話したネタを気づかずに話してしまった事もありますが、現在は過去雑学もデータベース化して、使った使わないをチェックしている。
さらに、ラジオだから気にする必要はないんだけど、これまで書いた本に掲載した雑学もなるべくラジオで使わないという事を課している。それは勝手な思い込みのサービスではあるんだけど、もしラジオでしゃべるネタが切れた時にそれを保険として持っているような感じでもあるので気が楽ってのもあるかもしれない。
で、今回「松田聖子」というテーマでやると決めたのですが、ただ2回目という部分だけでなく大変なのが、その雑学を喋っている時に同じステージ上にマネを初めて10数年という「恐らく松田聖子に関する話ならほとんど知っている、最強のファン」を目の前にして話すという事なのだ。
でも、そんなまねだ聖子さんを「へぇ知らなかった」と言わせるようなディープな(でも客を置いてきぼりにしない)ネタを編集しはじめた。

マジに聖子ちゃんでした。鳥肌が立った。
Dscn1845で、ステージのまねだ聖子さんは冗談抜きに80年代終わりから現在に至るまでの、ブリブリ時代を経たママドルと言われ始めた時代の松田聖子さんにソックリで、マジ鳥肌もの。
そして自分の出番。
実は通常番組では2時台にちょろっと雑学を語って終わりなのですが、公開放送ではサプライズがある。
2時になる直前に数分間ニュースが流れ、番組自体は中断したような感じになってしまうのです。そこで雑談をしたりする事もあるんですが、そこで番組のテンションがやや下がってしまう。
そこで、ニュースが始まった所で自分がステージに登場して「会場に来てくれた人だけに教える雑学」というコーナーをやっている。
この部分はディレクターに頼まれたワケじゃなく、自主的にこうしたらいいんじゃないか?という提案で。
いつもはラジオでは出来ない「フリップを見せての漢字雑学」をやっているのですが、本日は1時55分ぐらいから「2年前に喋った松田聖子さんの雑学」+「今日の本編でも溢れてしまった雑学」などをしゃべった。
おそらくベーシックな雑学なのでまねだ聖子さんもすべて知っているだろう。という所で、まだ1度も語っていない髪型についての雑学を挟み込む。と、まねだ聖子さんが「へぇえそうなんだ」と小さくつぶやく。
やり!
とテンションがグンッと上がった所で2時になり、ラジオ放送に乗るコーナーが始まる。


Dscn1850そこでも「恐らくこれは知らない」という、かなり突っ込んだ話題、色々調べ物をした雑学などを松田聖子という括りで語る。
一通り喋った後で、まねだ聖子さんが「私もそれは知らなかったです〜」と驚いてくれて、自分的には大成功となった。お客さんも楽しんでくれたかなぁ?

そして2時から3時へ移る直前のニュースの所では「漢字」の雑学を語った。
とりあえず本日は「仕事した」という感じだったかな?

終了後、ディレクターから電話で「さっき、まねだサンから電話がありまして、今日のうんちくで喋った例のアレって何ていうタイトルでした? との問い合わせがありました」との事。
おぉそこまで驚いてくれたのか。これは嬉しいっす。


|

« ちょい笑かるた、追加分 | トップページ | 別れの季節 ありがとう さようなら »

コメント

まねだサンのブログにも、この日のことが書かれていますね。
最近ファンになった(今頃かい!とよくツッコまれますが)
ワタシにとって、そっくりさんとはいえ、
なんかうらやましいです。
声も似てらっしゃるんでしょうか。

投稿: はしもと | 2010年3月25日 (木) 18時00分

まねだ聖子さんは、顔も、歌も、しゃべりも「そのまんま」という感じでした。
自分がステージで松田聖子の雑学を喋っている時、何度かステージ上の出演者とも目を合わせたのですが、まねだサンと目があった瞬間「うわッ聖子ちゃん」とビビッてしまいました。
しゃべり始める前に、ちょっと「ん〜」と考えている感じで言葉を溜める仕草なんて、本物でした。
youtubeには、まねだ聖子さんの映像がいくつかありますが、曲のチョイスとか凄いっす。

投稿: 杉村 | 2010年3月26日 (金) 10時20分

YouTube見ました! すごい! 知らなかった!
最近の松田聖子のみならず、
若い頃のも網羅しているようですね。
ものすごく研究したんだろうなぁ。

なぜ今頃聖子ファンを自認するようになったのかというと、
楽曲の良さもさることながら、
80年代アイドル歌手の中で現在も活躍し、
人気を維持しているどころか、
新たなファンまでをも獲得し続けている存在であることに、
感動とリスペクトの念を抱くからです。

ホンモノにしろ、まねださんにしろ、
見えないところで努力し続ける人には、
ホントに感動させられますね。

投稿: はしもと | 2010年3月26日 (金) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょい笑かるた、追加分 | トップページ | 別れの季節 ありがとう さようなら »