« 雪の降る町を:ラブいぜ!しずおかロケ | トップページ | シリスギ仙人、こっそりリニューアル »

2010年1月14日 (木)

放送出来ないネタ

ラジオで3年間、平日に雑学をしゃべり続けています。


回数だけはもう550回を越えているのですが、なかなか専門分野が無いという部分もあって、仕事の場は拡げにくい。なんか肩書きみたいな物が1つでもあればいいんですけどね。
そんなこんなで、専門分野が無いということで毎日喋るテーマは逆になるべく片寄らずに多岐に渡るように心がけている。
月曜日は歴史ネタだったので、火曜日は言語ネタ、水曜日は生物ネタ、木曜日は人物ネタ、というように(時々片寄ってしまうこともありますが)。

そんな中、時々「それはチョット」と言われて他の原稿に差し替えなくてはいけない時がある。
以前あったのでは、その日の番組は全時間を通して某企業がスポンサーになって「○○○の日」という感じになるという事だったので、その企業に関した雑学を用意した。
ここで重要なのは、雑学的に面白いのはその企業が隠したがっている過去みたいな話題だったり、このヒット商品の前に全然売れなかったコレがあるというような、企業側にとってはマイナスの様な物。
でも当然、その企業にとっては勘弁してくれみたいな部分なので喋ることは出来ない。そこは波風立てずに生きるというのが身上の私としてはちゃんと理解しております。
かといってその企業へのオベッカ全開みたいな物も、リスナーにとっちゃ面白くないし、自分も面白くない。だから雑学の微調節は難しいのだ。
そんな事を念頭に入れて1回放送分の原稿を仕上げた。自分的には「今回はかなりイケてる!」と自信満々だったのですが、ディレクターより「今回これじゃなく、企業とはまったく関係ない、通常通りの雑学でお願いします」という話で没になってしまった。

実はその原稿をスポンサーになってくれる企業に「こんな雑学だいじょうぶでしょうか」とメールした所、その日に番組に出演する担当者も知らない雑学が山盛りだったので「もしそれに関して番組内で質問が出ても答えられないかも知れない」という判断で「ちょっと今回は」という事になったらしい。
その企業がスポンサーじゃない時だったら大丈夫だけど、という感じで。
うむ、なかなか複雑に難しいダメ出しだったのだ。

先日も「これ結構イケているかも」と思った原稿が「ちょっとコレは」と没ってしまった。
それは「ちびまる子ちゃん」についての雑学で、静岡と言えば自慢できるキャラとしてまる子ちゃんがいるので前々から「いつか」と思っていたネタだったのです。
SBS静岡放送はTBS系なので、フジTV系の「ちびまる子ちゃん」はマズいのか?と思ったけれど、それより前に2回ほど同じくフジTV系の「サザエさん」の雑学を問題なく放送している。
さて?と思ったんだけど、その理由というのがSBS静岡放送という企業の組織に関係している。
SBSは静岡でもっとも古い民放放送局なんですが、もともとは静岡新聞社から発生した会社で、ラジオ、テレビ、出版部などが繋がっているワケです。
実はテレビに関しては他局の放送をネタにしても構わないんだけど、現在「ちびまる子ちゃん」はフジTVだけじゃなく、中京新聞で連載されているのです。愛知県より、浜松地区では中京新聞が強くて静岡新聞とシェア争いを繰り広げているワケで、そのライバル誌に掲載されている漫画のネタはちょっとマズいという判断なのだ。

うむ、なるほど色々な部分で社会人として考えていかなくてはいけないのだな。



2010年1月14日の日常的な富士山

20100114fuji

|

« 雪の降る町を:ラブいぜ!しずおかロケ | トップページ | シリスギ仙人、こっそりリニューアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の降る町を:ラブいぜ!しずおかロケ | トップページ | シリスギ仙人、こっそりリニューアル »