« 私の名前は | トップページ | 鳥にも正月が解るのであろうか »

2010年1月 9日 (土)

実話席巻

♪話ッ話ッ話ッ、話が密、実話席巻♪
まことに密度の濃い実話が集まり、激しい勢いで真実として広がっているみたいです。

先日、ロケの時に小沼みのりんと「ラジオで実際にあった事をリアルに話しても、シュール過ぎて信用されにくい話」があるという話題になった。
小沼さんが以前、駐車場で自分の車の直ぐ横に、新聞紙にくるまった何か異様な物体を見つけた事がある。大きさというと赤ちゃんぐらいの大きさで、しかも新聞紙に血らしき物がじんわり滲んでいたという。
で、その話のオチは「大きいマグロだった」という物なんだけど、実際に経験した衝撃度とそのオチの中途半端なクエスチョンマークだけの終わり方。いかに面白く伝えるかという事を話した。
そういう意味で、自分も去年の11月にコンビニでとんでもない事件に遭遇したが、それをどう伝えたらいいのか解らなくて保留にしていた物がある。


2010010901先日コンビニに寄った時の話。
毎週買っている雑誌を手に取り、他の雑誌をパラパラとチェックをしていた。
その時、直ぐ横に20代半ば過ぎという感じの黒ジャンバー短髪、ちょっと怖目系男性が来てバイクか車関係の雑誌を手に取っていたのだが、その連れと思われる色の薄い茶髪、アゲ嬢系女性に「おいこのポスターいいなあ」と話しかけた。
雑誌コーナーに背を向けた場所に化粧品が並んでいるので、おそらくそれ辺りを見ていたのだと思うが、その女性は興味が無いらしく「くっだらない」と言い捨てた。
男はさらに「でもこれ欲しいなぁ」と独り言のように呟いた時、衝撃的な事を聞いてしまったのだ。
「じゃ破っちゃえばいいじゃん」とその女性が言い放ったのだ。
その近くで雑誌をパラパラと見ていた自分はその衝撃的な言葉を聞いた時、聞き間違えたかと思った。マジっすか? それはあり得ないだろ、でもまさかね。

2010010902と思った瞬間、男性の「だな」の一言と同時にビリッと破る音が……。
ママママママ、マジっすか?
これは何とかしなくてはイケナイ。自分は店員ではないが、これは何とかしなくては!
ビリリリリリ……と音が続く。すぐ横でそんな音がしているのだが、そんな事を当たり前のようにするこのバカップル(死語?)に文句を言うどころか、目を合わせるという事だけでもかなりの恐怖感を覚えてしまうのだ。
しかししかし、真っ当な社会人としてここはダメな事はダメと言わなくてはいけない。何かちゃんと忠告をしなくてはいけないのだ。いかんいかんいかんいかん。

2010010903しかしそんな事でヘタに注意したら、いや、ただ目を合わせただけで「オッサン何見てンだよ、ぶっ殺すぞ、ゴォラァァァァァ」とか言われ、次の瞬間何のリアクションをする間もなく脇腹にバタフライナイフを突き刺されて、翌日の朝刊に「テレビでタレント活動をしているシリスギ仙人こと杉村喜光さんが昨日…」とか書かれてしまうかも知れないのだ。自分はタレント活動をしているつもりじゃなくて、ライターとして活動しているつもりなのに、現時点での代表的仕事がそれになっちゃうのはしょうがないけど、もっと代表作と言える仕事をする前にそんな事になってしまうなんて……。
とか、マイナス要素の妄想を考えてしまった。(ここまで約0.5秒)
と、その瞬間「お客さん、困ります!」と男性の太い声が店内に響き渡り、ハッと我に返った。
「ンだよ、ケチくせえな」とその横にいた男はその雑誌を棚に戻し「帰ッぞ」と言い捨て出口に足早に向かった。女性も「ンたく!」と小さく言い捨ててその後に続く。
しかし半分までページを破られたワケでもうその雑誌は売り物にはならない。万引きされたのと同じような状態という事で、店員は「待てよ!」とその男性を追いかけていく。(雑誌は返品利くけれど…)

2010010904駐車場でどんな事になっているのか、野次馬根性で知りたいとは思うのだが、いきなりの展開にただその場に立ちつくしているだけの状態で固まってしまった。
その直後、コンビニの駐車場から荒々しく飛び出していく車のエンジン音が聞こえ、店員が「ちきしょう」と言いながら戻ってきた。そして先ほどの半分ほどポスター(正しくはピンナップ)を破られた雑誌をレジに持っていった。
しかし、雑誌の欲しいページをメモするとか、デジカメで撮影するとか、そういう話をここ数年聞いたことがあるけれど、まさか破って持って帰ろうとする人がいるとは思わなかった。
しかも個人の犯行ではなく、二人ともそういう行為が当たり前だと考えての犯行って凄すぎる。モラルの低下とかそんな簡単な話じゃないよなぁ。

2010010905これは実際にあった話だが、他人からそんな話を聞かされても「まさかぁ」と疑ってしまうような実話が世の中には実在しているのだ。
これをどう表現しようとも「作ったでしょ?」と疑われ、「あ〜ぁついに杉村もウケ狙いで物語を捏造し始めたか、まったくしょうがねえな」とネットで叩かれるようになり、次第に過去に書いたブログの文章も検証されはじめ「今年の正月に三島大社行ったってのも嘘じゃね?」と実際に行ったか不明の行動はすべて疑問視され…`(ここまで約0.1秒)
でも、事実なんだもん、これといったオチが無くてもしょうがないじゃないか!!!!!
と言い訳をしつつ「でも、文章をいかに面白く書いて、事実をいかに面白く伝えるか」ってのは才能が必要だし、努力しなくちゃいけないと思うのだ。

|

« 私の名前は | トップページ | 鳥にも正月が解るのであろうか »

コメント

ボクの先輩は酔うとコンビニで「味見」と称して弁当に指を突っ込んで稲荷寿司の揚げを食べたり、シュークリームの皮を食べちゃいます。
初めて見た時はびっくりしました。
店員も見て見ぬ振りしてるんですよっ!
しょうがないのでボクが払って来ましたが、その先輩は店員の見ている前で、募金箱を持って行こうとするんですよ!! さすがにとめられましたが、衝撃的でした。怖い世の中ッス!

投稿: ホープ | 2010年1月13日 (水) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の名前は | トップページ | 鳥にも正月が解るのであろうか »