« 加藤和彦「それから先のことは…」追悼 | トップページ | ハジメの二歩目ぐらい »

2009年10月30日 (金)

公開放送の未公開部分

11月3日にまたラジオの公開放送があるので、それを意識して雑学を組み立てる。
去年から今年前半は公開放送が無かったのですが、8月に久々にあり、それから9月に観客動員500〜600人という大盛況公開放送を経験し、またなのだ(さらに12月にも決定しています)。


9月ららぽ〜と磐田の公開放送より2009103001
いつもはなるべく「今日は○○○の記念日なので」とか「本日は○○○さんの誕生日なので」とか、その日に合わせたテーマで雑学を組み立てていくのですが、公開放送の時は「現場で受ける」という部分が重要視されるので、いわゆる鉄板ネタでという事になっている。
しかし「絶対受けるネタ」と言われても、すでに2年半も平日ずっと続けてきて、すでに530回を超えて喋り続けているので、昔から「これ言ったら絶対受けるぜ」なんて言ういわゆる手持ち雑学は使い切っている。
そして「鉄板」というのは通用しないというのも解っている。

とりあえず通常放送の場合、リスナーを喜ばせる驚かせるというのは当然だけど、その前に電話の向こうのパーソナリティを驚かせるというのが1つの基準になっている。
だから、月火の鉄崎さんの場合はこれに食い付いてくるだろうな、水木の杉原さんの場合はこれに食い付いてくるだろうな、と若干ネタのチョイスで内容を変えている。が、思ったほど食い付かずに「ふ〜ん」で終わってしまう事もある。こっちは「これなら鉄板」と思って球を投げているのだが。
だから「誰もが受ける雑学」なんて物の存在を信じないのだ。なんせ一人に向けて投げても鉄板にならないのだから、何人が聞いているか解らないラジオで鉄板もない。

9月ららぽ〜と磐田の公開放送より:みのりん&鉄っちゃん2009103002
そして自分が好きなタイプの雑学というのも一般的な尺度で言ったら「細かすぎてあんまり受けない」というのも認識している。
ラジオのリスナー向けという事で「ゆるく」というワケではなく、より一般的なネタでよりシンプルに説明出来ないといけないのだ。そこで扱うテーマもいかに解りやすい物、いかに生活に密着しているか、という部分にこだわる。
例えばいきなり「今日は中江兆民についてです」とか言って自由民権運動でとか、三酔人経綸問答でとか、言っても、なかなか食い付いてくれないと思う。「今日はカレル・チャペックが」とか「今日はブライアン・ウィルソンが」とか言っても、なかなかラジオ的には難しいのだ。
そういう意味で雑学ネタはまだまだ大量にストックされていて、単純計算では新規に調べ物をしなくてもまだ5年は番組を続けていける程あると思うけど、その中の半分ぐらいがラジオでは難しいネタなのかもしれない。特に、平日昼間の時間帯の番組なのでリスナーの年齢も幅広いので大変なのだ。

9月ららぽ〜と磐田の公開放送より2009103003
実は、今回の公開放送に関して言えば、いつもの2時台に出演してしゃべるコーナー以外に「放送には乗らない部分で雑学を喋る」というコーナーも予定している。
番組内で録音した物を流すコーナーがあって、その間だけ会場ではラジオに流れないような状態でパーソナリティがここだけの話をしたりするのですが、今回そこで「会場に来てくれた方だけにサプライズ雑学」を喋ることになったので、その部分の原稿も用意する事になった。基本的にアドリブっぽい感じでやりたいとは思っているけど、ちゃんと原稿は準備しなくちゃなのです。

さてはて、どうしようかというワケですが、先日テレビのロケに出た時に小沼さんと色々話をしている中で「通常番組ではとうていラジオに乗せられないネタ」という事で、ちょっとシモネタ系はどうだ? と言うことになって、記憶しているそっち系をいくつか披露した所、結構受けが良かったので「よし、そっちでまとめてみるか」と考えたです。
とりあえず昼間の公開放送なのでどぎついネタや不謹慎なネタは出来ないのでその辺はバランス感覚で「クスリと笑えるシモネタ」という事でまとめて原稿を完成させた。
が、その原稿をディレクターに送った所「やはり祭日の昼間、子供連れのお客さんも多いので」という事で全面却下になってしまった。
なかなか難しいのだ。

9月ららぽ〜と磐田の公開放送より2009103004
そうなるとこの手のネタは、以前から小沼さんなどと話をしている「夜の特別版」としてどこかで特番を組んで貰ってやるしか無いのだな。
そんな事を考えながら、公開放送のラジオで放送されない部分の原稿を考えなくちゃいけない。なかなか色々な縛りがあって難しいけれど、それも勉強なのだ。

|

« 加藤和彦「それから先のことは…」追悼 | トップページ | ハジメの二歩目ぐらい »

コメント

あっさり却下でしたか。
惜しいですね、やはり年末の「夜の薀蓄劇場」での披露しかないですね。
しっかり登場させてもらえる様にSBSさんにお手紙送りましょうかねぇ。

投稿: ばら太郎 | 2009年10月31日 (土) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加藤和彦「それから先のことは…」追悼 | トップページ | ハジメの二歩目ぐらい »