« ちょい笑かるた「らぶらじ」 | トップページ | ラブいぜ!しずおか・ロケ日記7:袋井市・クラウンメロン »

2009年6月10日 (水)

えええええ?直前にロケ先変更?

明日の木曜日というのは毎週ロケという事になっています(時には水曜日もあり)。
という事で、仕事の流れとしては4月の段階で暫定的な年間スケジュールを組んであり(季節ネタや諸事情を考慮した物で)、ロケの前々週あたりにそのロケ地に関する基本情報と雑学原稿を仕上げる。
つまり明日のロケに関しては5月末に「○○○は○年に作られた建物で、ここには日本で○○な○○○があります」というベースになる歴史や数字などをテレビ的に説明した物を書き、なるべく解りやすくテレビ的に大丈夫な雑学を複数書く。


この雑学も色々な縛りがあって、夕方のニュース&情報番組なのでどぎついネタはダメだし、その現場にロケに行くという事もあってマイナスイメージの雑学はダメとなっている。雑学好きな人の中には、その対象物の権威が失墜するようなネタが好きな人な人もいるけれど、その辺はパスなのだ。
ラジオ「らぶらじ」でやっているネタもシモネタなどに関して色々な規制があるので「これ面白いのになぁ」というのはパスしなくてはいけない。
その辺のシモネタに関してはみのりんもディレクターも「いつか『夜のうんちく劇場』という特番を夜の番組でやりたいですね」と話している。実現するかは不明ですが。

という事で基本原稿をみのりんに送り、その原稿をベースにみのりんがテレビ的な台本に仕上げ、その原稿を番組のディレクターにチェックしてもらい、OKが出た処で原稿完成!→そしてロケにいく事になるのです。
もっとも現場に行っても、その場その場で細かい修正が入っていく。
文章として読んだ時には不自然さが無かったとしても、クチに出すと「なんか違和感がある」という事でニュアンスを変えたりする。説明の中に同じ固有名詞が何度も出てくる時は、ちょっと違う言い回しにしたり、文章で見た時はいいけど喋るとなると堅すぎる表現だったり解りにくい言葉だったりする場合も単語をいくつか変えてしゃべってみる。
という事で、明日のロケに関してはもうバッチリ。自分の中でも今回の原稿のために再び調べた事例などが色々頭に入っているので、かなり自信あり!

だったのですが……。
今日の午前10時頃にみのりんから電話が掛かってきた。明日のロケのスタート時間に関しての話だろうなと思っていたのですが、いきなり衝撃的な事を言われてしまったのだ。
「明日のロケの○○○○○○なんですが、今まで何度も中継なんかが入っていてアポは簡単だと思っていたんですが、なんか今回の雑学『○○○○○○にある○○○○が使っていた○○○○は日本最古!』という物に“そんなの静岡県民なら誰でも知っているので、ワザワザそんな事取り上げてくれなくてもねぇ”という感じで全然乗り気じゃない上に、なんか迷惑そうな感じなんですが」という事だった。
う〜ん「静岡県人が誰も知っている」ってのはちょっと自意識過剰ではないか?それにこのコーナーは基本的に「静岡空港が開港した事で他県や他国から静岡を訪れてくれる人が増えるので、そこで静岡を自慢できる雑学を」という趣旨なので常識だっておさらいする必要あるし、その常識にみんなが知らない雑学を上乗せして楽しませようと考えているのだ、ふんがー!
と言うことで、みのりんもちょいと「まったくもー!」という感じで、結局「明日のロケ、別の場所で準備できますか?」という事になったのだ。

う〜む、今日書いて明日ロケっすか? あまりにも無謀。と思いつつ、準備してある年間スケジュールを見る。
スケジュールは季節ネタはその時期でしか撮れないので移動できないのですが、それ以外の季節に関係していないネタは適当に散らしてある。前の週が食べ物絡みなので翌週は工業関係とかバランスを取りながら。
その中で、本当は7月のお中元シーズンに向けて「温室メロンの生産量は静岡県が日本1」という物があったので「これって明日でも大丈夫だと思います、雑学もだいたいの流れは頭の中にありますので」という事を提案する。
みのりんも「それだったら以前もテレビのロケでお邪魔した袋井にある温室メロンのトップブランド「クラウンメロン」の方と連絡取れます」という事で即決。
では原稿は……、12時までの完成させてメールします。と電話を切ってさっそく原稿書きを始める。

と言っても、これまでメルマガや単行本などでメロンに関する雑学は何度も書いてきているので雑学部分のベースはだいたい出来上がっている。(らぶらじではまだ扱っていなかった)それを中心にして未発表の雑学メモデータベースからテレビ的な雑学に組み立てていく。その中で「日本一」という部分で意外な事実を発見してそれを書き加えていく。
ロケ先の情報はロケ先のサイトに書かれている物を基準に、あとメロンの歴史なども絡めて文章化していく。
そんなこんなで12時前にメールを送る。約2時間という短時間で仕上げた原稿だが、これまで書きためた文章がこうやって役に立つのだ。メルマガは最近発行していないけれど、約10年に渡って発行し続けてくるとそれも財産なのだなぁ。らぶらじの方は毎日分がもっと濃いのでそれをすでに450回放送しているので財産は大量にあるって事なのだ。1回分の放送は単行本1ページ程度の分量がある。
12時に送ったメールをみのりんは大急ぎでテレビ台本にまとめ上げる。しかし4時ぐらいから「イブニングeye」の打合せやメイクなどに入るので、制作時間は4時間。その後、4時前に仕上げたものをディレクターに渡して了承を取るって事なのだ。
「イブニングeye」の終了が6時45分、その後、その日の反省会(というのかな?)をして....

7時57分にみのりんから電話「遅くなりましたぁ」と台本を送ったという報告。そして明日朝は局を9時出発なのでどうしますか?などという話をする。
舞台裏ではそんなこんなのドタバタ劇が連日繰り広げられているワケですが、白鳥は優雅に泳ぎ続けているのです。って自分を白鳥に見立てるってのはどうかと。
しかし明日のロケに関して、前日にロケ現場を決める処から始めるって、ちょっとムチャな綱渡りでやんす。

|

« ちょい笑かるた「らぶらじ」 | トップページ | ラブいぜ!しずおか・ロケ日記7:袋井市・クラウンメロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょい笑かるた「らぶらじ」 | トップページ | ラブいぜ!しずおか・ロケ日記7:袋井市・クラウンメロン »