« ラブいぜ!シズオカ・ロケ日記5:舘山寺・遊園地パルパル | トップページ | うわー参った!雑学は水物....(ロープウェイの雑学) »

2009年6月 2日 (火)

緊急事態発生!

すでに3年目に入って3ヶ月ということで、緊張感も無くなってしまっらラジオ出演。それはいかんよなと思う。
でも最初の頃は、スタジオと電話が繋がる2時直前までに「トイレを済ませて」何故か「手を洗って」何故か「歯を磨いて」なぜか「ヒゲも剃ったり」なぜか「髪の毛も整えたり」と、自分のテンションをカチッとした方向へ持っていこうと努力をしていた。ラジオもちゃんと1時から聞いて、その日の流れに乗ろうとしていた。
ところが、最近はダラダラとして直前まで別の仕事をしたり(最近原稿書き仕事に常に追われているような感じ)、本を読んでいたり、ぼーっとしていたりする事もある。
そんな感じで、イカンイカンと思ったりもするのだ。


という事で、そんなダラけた自分に鉄槌を喰らわすような事件が起こった。
いつものように2時直前にスタジオから電話が入り「2時になります。いつものように冒頭で2本ほどお便りを読んでからコーナーが始まります」とディレクターがお決まりの事を言う。
以前は『2時のうんちく劇場』という事で2時ジャストに始まっていたのですが、この1年ぐらいは2時の時報の後、お便りや雑談を約5分ほどしゃべり「では、うんちく劇場です!」と始まるワケです。だから実際には『2時5分のうんちく劇場』なのだ。
という事で、もう3年目という事なので安定した感じで、気を抜いていたのだが、「ではしばらくスタジオの声を聞いていて下さい」とディレクターがいつものように告げた直後、とんでもない事が起こってしまったのだ。

いきなり「ブチッ、ツーツーツー……………」と電話が切れてしまった。
え?と思ったが、おそらくスタジオ側は切れている事に気付いていない。
いつも喋っている電話は家庭用の固定電話なので、慌てて携帯電話でスタジオ直通の電話をして「切れました!」と報告を…、と思ったのだが話し中で繋がらない。
ラジオでは本日のパーソナリティのてっちゃん&みのりんがお便りを読んで和気藹々しているのだが、これが終わったら「では」とコーナーが始まってしまうのだ。
おそらく「杉村さ〜ん……、あれ?杉村さん…」と言う感じで放送事故になってしまうのだ。これはマズイ!
スタジオに再びかけ直してみるが、相変わらず話し中。
えっと今日、スタジオにいるのは…と思ったが、先ほど電話を掛けてきたSさんの携帯番号は知らないので「スタジオにいてくれ」とKさんの携帯電話に掛けるが……出ない!
慌てて別のOさんの携帯電話に掛けるが……やはり出ない!

ラジオから流れてくるスタジオのトークは盛り上がっている。いつもなら「そんなに盛り上がらないで早くコーナー始めてよぉ」とか思う事もあるのだが、今日に限っては「もっとトークが盛り上がって長く長くやって欲しい」と祈るしかないのだ。
ダメ元で再びスタジオ直通の番号を…ダメだ、まだ通話中になっている。
さてどうしたらいいのだ? この間、2分ぐらいだと思うが全身が嫌な感じの汗でびっしょりとなり、頭がフラフラしていた。
こうなったら最後の手段だ!とスタジオへ「電話が切れています」とメールを打つことにした。誰かスタッフがコーナーが始まる前にメールをチェックしてくれて気が付きますように!

と、メールを送信する直前に固定電話が鳴り響いた。
「すいません!さっき切り替えたつもりで電話切ってしまいましたぁ、もう始まりますのでよろしくお願いします」と早口にSさんが事情を話し、電話はいつものような感じで切り替わり、受話器からスタジオのトークが聞こえて来た。
「それでは杉村さんです」「はい、こんにちわ杉村です」
と平常心平常心と心の中で称えながら「本日の雑学は!」などと話し始める。

もう全身びっしょりと嫌な汗をかいた状態なのだ。5月28日に「こんなスリリングな経験はなるべくならしたくない」と書いたのに、さっそく自宅でプチスリリング体験をすることになるとは。

|

« ラブいぜ!シズオカ・ロケ日記5:舘山寺・遊園地パルパル | トップページ | うわー参った!雑学は水物....(ロープウェイの雑学) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブいぜ!シズオカ・ロケ日記5:舘山寺・遊園地パルパル | トップページ | うわー参った!雑学は水物....(ロープウェイの雑学) »