« うわー参った!雑学は水物....(ロープウェイの雑学) | トップページ | ちょい笑かるた「らぶらじ」 »

2009年6月 4日 (木)

ラブいぜ!しずおか・ロケ日記6:牧ノ原市・大鐘家アジサイ

静岡県の自慢できる所をロケして紹介する「イブニングeye」の人気コーナー『みのりんの、教えてシリスギ仙人 ラブいぜ!しずおか』(これが番組内で紹介される正式名称)なのですが、季節ネタというのはちゃんと抑えておかなくてはいけないワケです、
それ故に4回目も加茂花菖蒲園を紹介したのですが、やはり夕方5時台に放送されている番組ということで主婦がメインで見ているので「花」というのは魅力的なテーマなんでしょうねぇ。
花菖蒲園の時などは自分的には「イマイチ雑学が薄い」と感じていたのですが、視聴率はその時間帯にグンッと上がって好評だったらしいのです。何げにチャンネルを合わせた人が「まぁ綺麗」と見てくれたワケです。
個人的には「ゆるい雑学の時により多くの人に見られてしまって残念」なのですが。


2009060401という事で、これも季節物ということで「アジサイ」に絡んだロケです。
牧ノ原市にある大鐘家という江戸時代に庄屋として建てられた母屋、そしてそれから50年後に建てられた長屋門が現在「国の重要文化財」として保護されている場所があるのですが、その庭園には大量のアジサイが咲き誇り毎年この時期には観光客が沢山訪れるそうです。
という事で季節物植物園第2弾としてロケに行ってきたのですが、そのロケ前日にとんでもない事に気付いてしまったのです。
ロケ日「2009年6月4日」というのは、実はこのコーナーのきっかけにもなった『静岡空港の開港日』だったのです。すっかり忘れていた。

実は最初の計画では前回のロケを「静岡空港」にして、空港開港日の翌日6月5日放送になるのでタイミングいいじゃんとなっていたのですが、打合せの末「おそらくそれ前後、静岡のどのチャンネルでも(静岡には民放局が4つ、それプラスNHKもあり激戦区なのです)静岡空港の特集を組み、開港翌日はもうゲップが出る状態ではないか? 雑学も他の局でやり尽くされた状態になるんじゃないか?」という事で、静岡空港ロケは却下となった。個人的にはミーハー気分で「開港前の静岡空港でロケしたかったなぁ」という部分もあったワケですが。
ということで、頭の中からすっかり開港日が消えていた状態だったのです。
で、何が運悪いかというと、このアジサイが咲いている大鐘家は静岡空港がある場所、同じ牧ノ原だったのです。
という事で「こりゃ道がムチャ混むんじゃないか?」という恐ろしい予想の元、ちょっと早めに出発したワケです。
が、なんか拍子抜けするような感じにまったく渋滞もなく目的地の大鐘家に到着。

本日カメラを忘れて携帯のしょぼいカメラで
2009060403しかし季節物の恐い所でまだ梅雨入りもしていないこの6月初旬、アジサイは全開というワケにはいかず、色もハッキリしない状態でチョボチョボという感じでしか咲いていない。
おそらく放送される1週間後の6月12日前後だったらもっと綺麗なんだろうけど...という状態で撮影開始。
でもこういう場面でこそカメラマンの腕の見せ所という感じなのだ。ちょっと気が早いアジサイが固まって咲いている場所を何カ所か抑え、そこの前で「画面に映っていない場所も満開ですよ」という絵を取っていく。おそらくテレビを観ている人はそんな事に気付かないように映っているハズ。
以前もよく知っている某所がテレビで放送された時に「えぇ?ここの駐車場ってそんなに広くないだろ!」「そんなに園内綺麗だったかぁ?」「なんか凄く充実してみえる」とカメラマジックに驚いた事がある。

しかし今回のロケに関しては、雑学もかなりインパクトがある物だったので「見た目で引きつけて、さらに内容で引きつける」という自信があるのだ。
すでに放送済みなのでその雑学を紹介。
まずはアジサイの語源と色に関して
☆「アジサイ」という名前は集まるの古語「あづる」と藍色の小さな花「真藍(さあい)」を意味する「あづるさあい」が「あづさあい」→「あづさい」→「あじさい」と変化した物です。
日本はもともと酸性土壌が多いことから青いアジサイがメインだった事から「青い花が咲いている」という印象が多かったので「あづるさあい」だったのです。
☆ちなみにアジサイは環境によって色が変化する花としても有名ですが、地面が酸性だと青や白に、アルカリ性だと赤やピンクに変化します。これは理科の実験で使ったリトマス試験紙とは逆の反応です。

2009060404そんな感じの雑学を語りつつ園内を歩き、さらにアジサイに関する雑学を展開していく。
☆雨の季節に欠かせないのが、綺麗な花を咲かせるアジサイですよね。そしてアジサイとセットで描かれる事が多いのがカタツムリですが、実はカタツムリはアジサイを嫌っているという事をご存じでしょうか?
絵を描く時にアジサイの葉の上にカタツムリを書いてしまいますが、実際にそんな光景を見たことがある方はそんなにいないと思います。
☆アジサイの葉には「青酸配糖体」という毒素が含まれていて、カタツムリはその毒素を分解出来ないのでアジサイの葉を食べることが出来ないので、あまり近寄らないのです。
この「青酸配糖体」は自然界には多く含まれている毒素で、有名な「青梅は生のまま食べちゃダメ」「ジャガイモの芽には毒があるよ」と言われるのも同じ毒素なのです。
☆去年の梅雨時、茨城県の飲食店で料理の彩りとして添えられていたアジサイの葉を食べてしまった客8人が食中毒になった事件がありましたが、それは「青酸配糖体」が悪さをした事件です。
という雑学を語る。

2009060402ついでにテレビでは語らなかったのですが、カタツムリはこの時期どこでよく見かけるかというと、コンクリート塀やブロック塀などの濡れた場所です。これというのはカタツムリは背中にしょっている殻を作るための栄養素カルシウムを求めて、雨によって濡れたブロック塀などからカルシウムを摂取しているという事なのです。(この辺は、現場でみのりんなどに語った部分)
そんなこんなで「毎回、みんなが驚いてくれるような雑学を語っていけたらいいなぁ」と思っているワケです。
先ほども書いたように金曜日夕方5時台の放送ってことで、夕飯の買い物に出かける直前の主婦が見て居るんじゃないかという設定で、この番組で知った雑学を何気なく夕食の時に子供に語って聞かせ「え〜ママ凄い」と言われるような展開を勝手に想定しております。
雑学は語ってナンボって気もしますので。
でも、真剣にテレビを観ている人じゃなくても、サラッと見ている人にもなんとなく理解出来るように解りやすい言葉をチョイスしております。その辺の微調節が難しいですが。

と言うことで、ロケが進んでいく途中、お客さんに声を掛けられる。もちろん有名アナウンサーのみのりんの方がですが。
そのお客さん達はテレビでのみのりんも知っているが、さらに「いつもラジオ聞いてますよ」などと嬉しい事も言ってくれるのだ。こうやって「らぶらじ」リスナーさんと逢うってのは普段無いことなので。
ということでみのりんが「実はこちら、2時のうんちく劇場の杉村さんなんです」と紹介してくれる。すると口々に「まぁいつも聞いてます、本当毎回楽しみにしてます」「あの雑学どこで調べるんですか?」「毎日、毎日、よく話す事がありますねぇ」などと話しかけてくれるのだ。
あんまり人に褒められ慣れていないので「いや、毎日頑張ってます、ありがとうございます」などと言うのが精一杯で、なんか恐縮しちゃうのだ。もっとドンッと構えろって。

2009060405そんなこんなでロケが終わった所で挨拶をして帰ろうとした時、大鐘家の方が「お茶用意しておりますので」と声を掛けてくれる。園内に売店や飲食できるスペースもあって、そこに名物『大鐘餅』というアンコ餅があり、美味しくいただく。
と、そこに「小沼さんサインお願い出来ますか?」と大量のサイン色紙が出てくるのだ。全部で10枚ぐらいあったかな? ここに飾る物だけでなく従業員の方々の分もあり、大変だなぁとそれを横目で見ている。
そう言えば自分は有名人願望もないせいなのか、サインなんてものを考えた事もない。
とりあえずこれまでラジオのイベントなんかでサインをねだられる事も多々あるのですが、その際にはかなり適当に書き殴り、オマケで簡単なイラストをつけて渡している。基本的にサインを考えていないので毎回違っていると思うけど。
一番最初にサインをしたのは、2007年5月20日、浜松で一番最初ののらぶらじ公開イベントを開催した時だった。当然、そのイベントが始まった時はお客さんは自分の事を認識していなかったワケですが(ポスターにはメインパーソナリティしか映っていなかった)、「うんちく劇場」を終えた後、ぼーっと客席の後でステージを見ていた時に、ひとりのおばさんが名詞サイズのレシートのような紙をいきなり差し出し「サインお願いします」などと声を掛けて来たのだ。それが生まれて初めてのちゃんとしたサイン。
あのサインは果たして今も保存されているのだろうか。

そんな事を思いつつ、ロケを完全に終了させて大鐘家を後にする。
その帰り道でみのりんがいきなり「らぶらじ月曜日のコーナー『ちょい笑川柳』を再来週カルタにして番組でカルタ大会を開く事にしたのですが、その絵をお願いできますか?」などと、ただ働きの仕事依頼をしてくるのだ。とりあえず絵を描くのは好きなので快諾。(この話は6月8日へ続く)
このロケというのは色々時間的な縛りがあるのですが、まず基本的な部分では小沼みのりんが夕方のニュースに出演することから局に3時ぐらいまでには帰りたい(最悪ボーダーは4時)という物がある。さらに自分が毎日2時に携帯電話でラジオ出演しなくてはいけないので、その時間もキープしなければいけない。
それが毎回綱渡りのような感じでもあるのだ。

今回は2時直前に高速に乗る手前の『げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか』の駐車場に車を止める。この『げんこつハンバーグ・さわやか』は静岡県磐田市出身の長澤まさみがTOKIOの「メントレG」で大好物として語り、さらに「がっちりマンデー」でも紹介したことから話題になり、その後、福山雅治がライブで静岡を訪れた際に「ここ旨かった」とラジオなどで語った事から話題になった静岡県内のチェーン店なのだ。
といいつ自分が住む静岡県東部にはまだ出店していない事から未食という事で本日はここに決定した。
みのりんを初めとしてスタッフは先に店内に入り、自分だけ車の中に残りそこから携帯電話でラジオ出演をした。
こっちの内容は静岡空港に関係した話題で、実は日本初の旅客機は静岡県で制作されたが....という話や、滑走路に付けられている数字で解るとある事....や、市街地へのアクセスが悪いと言われていた静岡空港は世界の空港とくらべてそんなに悪くない、などの話を語る。1回の放送で原稿用紙3枚以上話している計算なのだ。

という事で、ラジオ中継が終わって「さわやか」のげんこつハンバーグを食べ、局へ戻るのであった。げんこつハンバーグは確かに美味しかったっす。

|

« うわー参った!雑学は水物....(ロープウェイの雑学) | トップページ | ちょい笑かるた「らぶらじ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うわー参った!雑学は水物....(ロープウェイの雑学) | トップページ | ちょい笑かるた「らぶらじ」 »