« 『銭ゲバ』雑感 | トップページ | 不適切な発言 »

2009年2月28日 (土)

ドモアリガト、ミスターロボット

200902282アカデミー賞に「おくりびと」が選ばれてそっちの話題が盛り上がっているけど、もう一つ短編アニメーション部門で加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が選ばれている。
その授賞式のスピーチが心を打つモノだった。
しどろもどろの英語で色々なスタッフに感謝をし、その中で「サンキューマイペンシル…」と呟いた。
なんつーかいい言葉だなぁ と思った次の瞬間、笑ってしまった。
「サンキューマイカンパニーロボット」に続いて一番最後に呟いた言葉が「ドーモアリガト、ミスター・ロボット」
これもなんかシドロモドロ的緊張感の中でつぶやいたワケですが、会場からは笑い声が起こっていた。
STYXかい、ドクターキルロイかい!とこっちも小声で突っ込んでしまったワケですが。


受賞した時に真っ白になって何も言えなくなるのが怖いので、事前にスピーチを考えていたらしいんですが、バカ受けするんじゃないかと思い〆の言葉にSTYXの曲に登場する言葉「ドモアリガト、ミスター・ロボット」を選んだそうです。
加藤久仁生監督は高校時代にハードロック系バンドをやっていた事から、洋楽の知識があったので役に立ったのですな。

2009022811983年にリリースされた『ミスターロボット(Kilroy Was Here)』はMTVのブームの中、大々的に映画並の近未来SF的数曲連作のビデオクリップを制作してしょっちゅうその手の番組で曲が流れていた。
全体のストーリーはうろ覚えだけど、ドクターキルロイの野望を打ち砕くためにトミーが闘う物語で、その中でロボットが窮地を救ってくれる場面があり、そこで流れる曲になぜか日本語が使用されていて「ドモアリガト、ミスターロボット、ドモドモ、ドモアリガット♪」という歌詞が印象的だったのだ。

このアルバムは全米3位にもなり、さらに日本でも知名度を上げたと思うんだけど、メンバーのソロ活動が活発化し(人間関係も色々あったらしいけど)そのままバンドは曲をリリースしなくなり、次に出したのはメンバーチェンジをした1990年となる。
加藤久仁生監督は1977年生まれという事で、1983年にSTYXが『ミスターロボット』をリリースした時はまだ6歳だったんだけど、音楽は年齢も国境も越えるのだ。

ちなみに日本でロボットをテーマにした代表曲といえば、辻加護のW「ロボキッス(2004)」ではなく、榊原郁恵の「ROBOT(1980)」なのだ。

このアカデミー短編アニメーション部門で受賞した事からDVD「つみきのいえ」は注文が殺到して入荷待ち状態だそうですが、自分の場合は「あ〜久々にSTXYの「ミスターロボット」聞きたい!」とレコード棚をひっくり返しているのでありますが、まだレコードジャングルの中から発掘できていないのです。
現在、音楽関連の番組に関わり始めているので所有レコードの整理整頓データベース化が急務なのだが、どうにもこうにも状態なのだ。

|

« 『銭ゲバ』雑感 | トップページ | 不適切な発言 »

コメント

音楽関連の番組ですか、いろいろ頑張りますね。
どんな番組か楽しみにしています。決まったら告知して下さいね。
ミスターロボット懐かしかったです。昔お世話になった講師が(現N大助教授)車で東京へ帰るとき便乗した道すがらラジオから流れてきました。「この歌面白いですよね」と言うと先生がプリプリ怒りだしました。「こんな歌のどこがいいんだ、日本人をバカにしやがって!」ああ、そんな考えもあったか。色々考えさせられる曲でした。まぁ感じかたも人それぞれってことで。

投稿: 腰巾着 | 2009年3月 2日 (月) 13時13分

こんにちは。
あのスピーチは小粋でしたね。

一方のThis is new depature for meだったかな?
あれはなんかシーン・・???な感じでしたね。
すべった~て感じでしたね。

投稿: ぶく | 2009年3月 3日 (火) 11時33分

>腰巾着さん
音楽関連の番組は…、近々報告出来ると思います。
実は、あんな人とあんな事であんな感じで、と密度が濃い話になりそうです。
ミスターロボットに関しては、確かに「日本をバカにするな」みたいな意見はありました。
でも、70年代にクィーンが「手をとりあって」を歌った時、ポリスが「DoDoDo De DaDaDa」を出した時も「日本をバカにするな」と怒っている人いました。
ポリスに至ってはアルバムタイトルが「Zenyatta Mondatta:ぜにやった、もんだった」ですし。(このタイトルの意味は未だに不明)

投稿: 杉村 | 2009年3月 3日 (火) 16時15分

>ぷくさん
監督さんのスピーチに関してネット上では、別の表現が良かったのでは?とか色々な意見が書かれているみたいっすね。
あんな舞台で上手く喋るなんて至難の業だと思いますけど。

1967年のヒッチコックのスピーチみたいに「サンキュー」一言だけでもありと思いますけど。
(1990年ジョー・ペシも同様に「サンキュー」のみ)

投稿: 杉村 | 2009年3月 3日 (火) 16時26分

音楽関連の番組ですか~?
ってことは、もしかしたら、そういう番組で生杉村さんを拝める可能性もあるってことですか?
・・・でも、もしそうでも、私見れないかもdown
夜のお仕事を富士でしているから・・・
観れたら チョーーーーーーー嬉しいけどなぁ・・・

投稿: 凛ママ | 2009年3月 4日 (水) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『銭ゲバ』雑感 | トップページ | 不適切な発言 »