« 『ウソバスター』はうそですたー | トップページ | ごめんなさい、ダビング出来ません。 »

2009年1月29日 (木)

エリカ様のステイタス

ちょっと前だけど、テレビで沢尻エリカの結婚式の話題をやっていた。
ワイドショーだけでなく、ニュース番組でもちょっとその結婚式に触れていた。


でもなんか「そこまで大騒ぎする事か?」と思ってしまったのだが、この違和感はなんだろうか。その手の番組の中でやたらと沢尻エリカを持ち上げていたんだけれど、いつの間に沢尻エリカってそんなステイタスの人になったんだっけ?
例の映画のイベントで突拍子もない恰好をしてインタビューに始終不機嫌に答える以前は、普通に女優をやっていてそれなりのヒット作が数本あって、若い女子に支持されて……、ぐらいの同世代の女優の中ではちょっと前に出ているかな? ぐらいだったハズなのに。

あの「別に?」事件で謹慎→涙の謝罪会見→マスコミに出ない→高城剛と交際していて、なんだか仕事しているんだかしていないんだか、という展開の中、普通の人はそんなに興味ないんじゃないの? って感じなのに、ことある事にマスコミが追いかけ回して、いつの間にか「稀少存在」的にありがたがるようになってステイタスが上がってしまったのか? もっとも「ことある事」ってのがほとんど、成田から出たり入ったりする事レベルだけど。
あの事件以降、沢尻エリカってこれと言った仕事をした記憶が無いけど(CMに数本出ていたぐらい?)、どんどん有難味が増している。って有り難がっているのはマスコミばかりの気もするけど。

自分にはよく解らない。この有り難がる感覚が。
例えば、何故なのか解らないけど藤原紀香って変に芸能界的にヨイショされて、一段高いステイタスを持ち得ているんだけど、気が付いたら有り難がる存在になっていたような気がする。
それが、さらに陣内智則と結婚した事により、陣内が番組で「ランクの違う嫁」というニュアンスでイジられる事によって、よく解らない有難味が出てきている。

なぜその位置にいる? という存在では川島なお美って人もいる。
基本ベースは青学二部に在学中に文化放送「ミスキャンパスDJ」で登場し、在学中にカンニング事件を起こし、その後お笑いマンガ道場に出ていた人という立ち位置だったハズ。(ネットでは圧倒的人気みたいに語られるけど、極一部にファンがいたレベルだったと思う)
その後は徐々に仕事がなくなり、1993年にヘアヌード写真集を出して「あぁそういう凋落コースまっしぐらなのね」という感じだったのが、ドラマ「失楽園」で一気にブレイクして、そこからは何故か常に他の人より一段上に立っている感じのキャラとして居座り続ける。
最初の内はギャグでやっているのだと思っていたのだが、どうも本気らしいので、その立ち位置もよく解らない。
川島なお美の主演したドラマ「失楽園」は1997年7月から放送が始まっているんですが、その一ヶ月前の1997年6月1日に自分は当時ネット上でやっていた知泉的悪魔の辞典『現代用語の基礎的ではない知識:略称げんきない』ではこんな事を書いている。

【川島なお美】 かわしまなおみ(1997.06.01記載)
1.1980年代前期「ミスキャンパスDJ」と言う、ちゃら女子大生がやっていたラジオ番組から有名になった、元祖女子大生タレント(本当は元祖じゃないけど)。女子大生を売りにしていた為に、あの当時、試験でカンニングをして見つかったと言う事が芸能ニュースネタになってしまった。
2.女子大生という肩書きがとれて、ただのタレントになった後は細々と「まだ芸能界にしがみついていたの?」とか言われつつも、「お笑い漫画道場」などのレギュラーをしつつ10年以上活動。
3.最後の切り札!と、ブームに乗って「ヘアヌード」を披露。何故か返り咲いてしまう。
4.彼女の夢は国際派女優。ロバート・デ・ニーロが映画のプロモーションで来日した時に、ホテルに例のヘアヌード写真集を送りつけた。これを見て『彼が次に作る映画に起用してもらえれば・・・』と考えたらしい。あるパーティで周囲の制止を振り切って、無理矢理デ・ニーロに青山学院仕込みのたどたどしい英語で写真集の感想を聞いた「あたしってどうですか?」デ・ニーロは一言「君はコールガールか?」

【川島なお美】 かわしまなおみ(1997.7.25記載)
5.念願の注目度の高い大きな仕事「失楽園」のTVシリーズに主演。
6.ベッドシーンなど裸のシーンが多い事を考えると、なるほどこの辺の役を狙っていたのか。などと感心をしてしまったりする。

【川島なお美】 かわしまなおみ(1998.03.01記載)
7.その後、なぜか自分が大女優だと錯覚している様な発言をする様になるが、世間一般はそうは思っておらず、そのギャップが笑いを誘うキャラクターに成長。
8.名言としては「私の体の中には赤ワインが流れているの。もし事故で輸血が必要な時はワインを輸血して欲しい」
9.トーク番組「おしゃれ関係」に出演した時、会場からの質問で「僕はお笑い漫画道場の頃からのファンなんですけど」と言う言葉に、ムッとした反応を示した。どうやら大女優の彼女の中ではあの番組の事は禁句になっているらしい。

うーむ、まさかそこから10年「ずっと川島なお美は何故かその立ち位置からブレない」なぜだ?
(ロバート・デ・ニーロに関する話の真偽はハッキリしないけれど、当時そんな話題がよく交わされていた)

そんなこんなで、なぜかステイタスの上がってしまったエリカ様はこの先ずっとあんな感じなんですかね? 
ちなみに高城剛の凄さも全然理解出来ていないんですが。

|

« 『ウソバスター』はうそですたー | トップページ | ごめんなさい、ダビング出来ません。 »

コメント

お久しぶりです(笑)
これ、笑えましたnote私もテレビとかを観ていて、「エリカ様」とか言ってるマスコミさんをとても不思議に思っていたことだったし・・・

川島なおみさんの「お笑いマンガ道場が禁句」ってのは、もしかして織田○○さんや、江口○○さんの湘南爆走族がデビューってのは最近まで禁句だったのと同じレベルなんでしょうか?

投稿: 凛ママ | 2009年2月 5日 (木) 15時34分

>凛ママさん
芸能人はイメージで仕事してますから、無かった過去にしたいんじゃないですかね?

ステイタスが上がってしまった物では、本田美奈子さんが亡くなった時にいきなり「天使の歌声」とか持ち上げ始めたのにも違和感がありました。
しかも過去の経歴の「MINAKO With WILDCATS」という痛々しいロックバンド時代には触れないって感じも。

投稿: 杉村 | 2009年2月11日 (水) 09時11分

あはは(笑)
言われてみればそうですねsign03
確かに、ロックバンドの時の話は出ていませんでしたsmileやっぱり杉村さんは凄いです。知ってる人も少ないのでは・・・(笑)
本田美奈子さんは好きでしたが、マスコミのあの言い方には、私も違和感を覚えましたdownwardright

投稿: 凛ママ | 2009年2月13日 (金) 13時05分

何なのコイツ
ナンシー関の書いてたことを所々パクってやがる
あんな有名な人の本からよくパクれるな
恥ずかしくないのかねw

投稿: | 2016年9月 7日 (水) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ウソバスター』はうそですたー | トップページ | ごめんなさい、ダビング出来ません。 »