« 今年の漢字は『変』 | トップページ | 食はすべての原点なり »

2008年12月14日 (日)

レコードコレクター

昭和歌謡曲の若き伝道師なんて大仰なキャッチフレーズを付けられてしまった半田健人さんがいます。
現在、静岡のSBSラジオでも作曲家・林哲司さんと音楽についてあーだこーだ言う番組を持っているのですが、確かに70年代歌謡曲に関しての知識は凄い。そして愛も深い。


この番組のディレクターと以前色々話した時に「でも半田さんは自分はリアルタイムじゃ無いという事を嘆いている」と言いつつ「でも逆に後乗りで、資料として整えられた物を時系列に俯瞰で見るので、データ的な方向から冷静に系統だって見ることが出来る」という事を話した。
という事で、その半田さんが朝の番組に生出演する事になって、番組的に「それに対抗しうる歌謡曲マニアの素人を」という事になったんだけど、頑張って色々なツテで探し回ったが半田さんと話が出来る人を見つけ出す事が出来なかったらしい。
という事で、いきなり火曜日に連絡があって「金曜日に出演してくれますか?」という展開になった。
別にその辺は全然問題ないので了承し、相変わらずの感じで出演し、それなりに半田さんと意見の合う箇所も多く番組はつつがなく終了した。

取りあえず整理されているシングル(約5000枚)&CD(約3000枚)
002008121401
番組終了後に、半田さんみたいに芸能人として「70年代歌謡曲に興味あります!」と宣言した人は自然と凄い事になちゃうんだよねという話も出た。
ファンの人や、同じく歌謡曲好きの人から珍しいレコードが寄せられたり、「都倉俊一さんが好きです」と宣言すると仕事の一環として都倉さんとの対談がブッキングされ、現場での裏話などを聞くことも出来、それまで素人で「歌謡曲好き」なんて言っていた人とは一段上のステージにあがっちゃうのだ。
それに負けない部分でこっちも対抗しなくちゃいけないのは大変だなぁって、別に勝ち負けでやっているワケではないからいいんだけど。
という事で、翌日、話は展開していく。

土曜日に近所で買い物をしている時にディレクターから「昨日の放送を聞いたリスナーの方が連絡を取りたいと言っているのですが」という電話を貰った。
うぬ?と思い、教えて貰った番号に電話をすると「レコードを沢山集めているという事だったので、我が家のレコードを処分しようと思っていたのですが、よろしければ杉村さんに寄贈したいのですが」という事だった。
普通に音楽を聴いている人のレコードにはそんなレア物もないだろうなぁと思いつつ、家も遠くなかったので引き取る約束をした。
そして日曜日、静岡県東部清水町(三島市と沼津市の間)にある杉山バラ園が近いという事でここで引き渡しとなった。

未整理シングルの一部(約2000枚)
002008121402やってきたTさん夫婦は年の頃なら60歳前後で、約100枚ほどのシングル盤と30枚ほどのアルバムを持ってきてくれた。これと言って掘り出し物は……、と思っていたのですが、そこには「いしだあゆみ」や「黛ジュン」「伊東ゆかり」「奥村チヨ」などなど、自分が幼稚園から小学校時代に聞くとは無しに耳に入ってきた音楽が大量にあった。うひー、自分の守備範囲外だったのが逆に嬉しい!ついつい、自分が音楽を真剣に聞き始めた以降の曲を中心に集めてしまうので、これは嬉しいっす。
特に森山加代子の「白い蝶のサンバ」なんてのは涙ものっす。
この曲、幼稚園か小学校低学年ときにメロディの気持ちよさと「蝶々」が出てくる事から何故か気に入っていてしょっちゅう歌っていた記憶があり、その都度「子供がそんな歌を唄っちゃダメ」と親に怒られていた。
なんせ「あなたに抱かれて私はチョウになる♪」ですからね。
これがヨナ抜きメロディで上から下に移動する音も気持ちよかったらか、とにかく歌っていた記憶がある。

CDシングル(約3000枚)
002008121403本当に「ラジオに出ていてよかったぁぁぁぁぁ」と感じております。
今回、いただいたレコードすべて磨き直して袋が弱っていた物は新しい物にして、データベースに入力して、1枚1枚じっくり聞き直しています。ありがとうございます。
以前、会社の同僚にレコードをどうしている?と聞いた時に「中古屋でも二束三文らしいのでゴミの日に出しちゃった」と言う意見があってショックを受けた事がある。
今は興味無くなってしまった物かも知れないけど、その一時は心を和ませたり奮起させてくれたレコードを捨てるなんて……可哀想すぎるじゃないか!捨てるくらいなら俺にくれれば、未来永劫大切に保管してやるのにぃぃぃ!と心の中でジタバタしたのだ。

そんなこんなで、ラジオの中でも言ったけれど「コレクター」という言われ方にはちょっと抵抗がある。音楽が好きで好きで、気が付いたらいっぱい持っている人になってしまったというだけの人なのだ。
俺の事をコレクターと呼ぶんじゃねぇ!と言いつつ、説明が面倒くさいのでついつい「レコードコレクターでいいや」と折れてしまう私もいる。
という事で、レコードを捨てるくらいの勢いで処分したい方は(お近くの方になってしまいますが)杉山バラ園にまでお届けくださいませ。私がレコードの余生を見守りますので。

|

« 今年の漢字は『変』 | トップページ | 食はすべての原点なり »

コメント

ずっと前からのメルマガ読者なので、
メルマガ復活、涙が出るほど嬉しいです。

レコードのコレクション凄いですね。でもいわゆるオタクっぽくない感じで綺麗にまとまっていて感心しました。
以前から読んでいたブログでも音楽に造詣が深いってのは知っていますが、
あの半田健人さんに対抗しうるのは知泉さんだと思います。
いわゆるオタクっぽくない領域で普通の人にも驚かれる知識をチョイス出来る人ってそういないんですよね。
これからもメルマガ&ブログを楽しみにしています。

それとレコードを受け付けるという杉山バラ園の住所とか教えて貰えますでしょうか?
もし気が向いたら、レコードを郵送したいと思います。
自分も売るほどでもなく、かといって捨てる事も出来ずの人なので。

投稿: 三文役者 | 2008年12月17日 (水) 11時24分

いやぁレコード凄いっすねちゃんと整理されてあるので、その点だけでも尊敬しますw

投稿: たばたけ | 2008年12月17日 (水) 11時45分

>三文役者さん・たばたけさん
基本的にゴチャっとした部屋が好きではないので
出来る限りオタクっぽくならないように心がけています。
と言いつつ最近は本が驚異的な勢いで増えているので
それの対処に一苦労しています。
知識もあくまでも普通のレベルで楽しみたいと思っているので
その辺のバランスを上手くとり続けて行きたいです。

バラ園の住所は
〒411-0903 静岡県駿東郡清水町堂庭199-1 杉山バラ園内 エルローザ
です。
バラの花束&アレンジメントの注文も承っていますので
ヨロシクね(って自分は商売に関わっていませんが)
http://homepage.mac.com/harumi1/new/saimatu3.html

投稿: 杉村 | 2008年12月18日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の漢字は『変』 | トップページ | 食はすべての原点なり »