« 山下達郎「さよなら夏の日」 | トップページ | 心たおやかにスイッチを押すのだ »

2008年9月 1日 (月)

整理整頓

体力が無いという事を実感しているので、最近は「まずは簡単な事から」と、時々ウォーキングをしている。と言っても本当に近場をグルッと回る程度だし、本当に時々で「今日は日差しが強いからパス」とか「今日は途中で雨が降りそうなのでパス」とか、自分で決めた事なのに自分で言い訳を捜してパスをしている。
本当にダメな男なのだ。


そのウォーキングコース上にコンビニがある。
結局、続けてワッセワッセと歩く予定がここでいつものように中断され、雑誌の立ち読みタイムになってしまう。全然、体を鍛えようと言う意志を感じられないのだ。
雑誌の立ち読みと言っても、基本的にはパラパラと見て面白そうな記事などがあったら買ってしまうので、立ち読みって感じではないのかも知れない。
その日は、毎週買っている雑誌を手に取り、ついでに「なんか小腹が減ったのでパンでも」と思い、パンの棚に向かった。
しかし、そこではアルバイトと思しき若い男性店員が乱雑になったパンを並べ直していたのだ。

かなり真面目に、一つ一つのパンをキチッと寸分の狂いもないように綺麗に並べていた。
それを「ちょいと御免よ」と邪魔するのも悪いなと思い(変な処に気を使う人)、その仕事が終わるまで近くにあった文具などを見ていた。
しばらくして、その店員がそこを離れて別の箇所の整理を始めたので、パンの棚に行き一つのパンを手に取り「う〜これじゃないか」とそれを棚に戻し別のパンを取った。
と、次の瞬間、別の棚の整理をしていたハズの店員が横に出現し、さきほど棚に戻したパンをサッと綺麗に直した。さらに自分が取ったことで空いたパンの位置にはその列の後側にあったパンを置き、何事も無かったかのような整理され尽くしたパンの列にしたのだ。
え? そこまで神経質? まだ、今ここで俺が買い物している最中だってのに? パンの列乱しちゃダメ? と思ったのだが、驚いている間にその店員は何事も無かったかのように、先ほど整理を始めた別の棚へと戻っていた。

う〜む、整理されているのは気持ちいいが、そこまでキチッとやらなくてもいいんじゃないか?と思ったのだが、ここでもめ事を起こしてもしょうがない。
しかもその理由が「俺が乱したパンの列を直した」って事では明らかにコッチの分が悪い。というか、これでクレーム付けたらただの「えっとお宅様は金銭目当てのクレーマー様でしょうか?」という事になってしまいかねない。ここはジッと我慢なのだ。って、何この程度でぐだぐだ考えているんだって事なのだが。
という事を1秒ぐらいで考えて、もう1つパンを手に取ってレジに進もうと思った時だった。
さっきの店員がサイボーグ009島村ジョー並の加速度でパン棚に移動してきたのだ。確実に自分がとったパンの穴を埋める目的で。そこまでやるか?
と思った瞬間、その店員が小さくチッと舌打ちをしたような音が聞こえて来たのだ。

そこで私は切れましたね、もうプチンと。
おいおいおい、こちとら客だ、その客が気持ちよく買い物出来るってことで整理をするってのは有り難いが、その客がちょっとでも商品陳列を乱したからって客の目の前でそれを直したり。さらに舌打ちったぁどういう了見だ、てめえいいかげんにしろよ、表出ろ!くんなろーっ!!!!
と激しく心の中で思ったので、こうやってブログに書いています。
私は世間に波風立てず目立たずこっそり生きるというのが信条なので、人に対して怒ったりしませんので皆さん安心して私に接して下さい。
こうやってブログでそれをぶちまけるかもしれませんが。

※音楽ネタは時々書きます。

|

« 山下達郎「さよなら夏の日」 | トップページ | 心たおやかにスイッチを押すのだ »

コメント

>小さくチッと舌打ちをしたような音が聞こえて来た

こういう場合は面と向かって文句を言うわけにもいきませんね。

ですから、こちらも相手に聞こえるように、小さくチッと舌打ちをしてあげましょうw

投稿: pppp | 2008年9月 3日 (水) 22時59分

知泉さんの文章、いつも楽しみにしています。
雑学も知らない事ばかりで感心してしまうし、
音楽の話も雑学的に楽しめる話が満載だし……。

でも個人的に一番好きなのは、今日のような下らないエッセイみたいな話です。1つのブログの中で色々な顔を見せてくれる知泉さんは凄いと思います。
あとマンガ、関町物語の続きも楽しみにノンビリと待っています。

以前、雑誌に書きたいみたいな事もありましたが、自分もいつか知泉さんの文章を雑誌などで読める日を待っています。
絶対にその日が来ますよ。
微力ながら応援しています。

投稿: 旋風Z | 2008年9月 5日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山下達郎「さよなら夏の日」 | トップページ | 心たおやかにスイッチを押すのだ »