« 中山千夏「あなたの心に」 | トップページ | 松田聖子「風立ちぬ」 »

2008年9月21日 (日)

白鳥哲「ひとりだち」

白鳥哲「ひとりだち」
作詞.松本隆/作曲.吉田拓郎/編曲.あかのたちお
1975年8月/¥500
ディノスレコード/H-2


2008092101とりあえず秋の曲
TBS水曜劇場「寺内貫太郎一家2」の中で田舎から出てきた見習い少年石工テツとしてドラマデビュー、そして挿入歌「ひとりだち」を歌って歌手デビューもした白鳥哲です。
歌詞の中でもドラマの設定を臭わせるように、一人でアパート暮らしをしている部屋へ田舎に残してきた彼女から「秋の匂い」がする手紙が届いたと歌っている。さらに3番では「去年の秋は」あの子がリンゴを剥いてくれたけど今は皮も剥かずに噛みしめると、秋をイメージさせる曲となっている。
水曜劇場シリーズには中卒で田舎から出てきて住み込みをして働いている少年少女が毎回登場して、それを演じる新人が番組のマスコット的役割を果たしているのがパターンとなっていた。
有名処では浅田美代子や岸本加世子などがいるが、この白鳥哲や「時間ですよ・昭和元年」の谷口世津とかそれ以外ではほとんど見かける事無く消えている人もいる。相本久美子は使用人ではなく末娘だったし、それ以前の芸歴もあるけど近いパターンで登場した。

2008092102白鳥哲は「寺内貫太郎一家2」の後番組「花吹雪はしご一家」にも出演し、そこでも挿入歌として2枚目のシングル「赤い鼻緒とブルージーン」を歌っているが、色々調べてもその2本のドラマと2枚のシングル以外に足跡を残していないようなのだ。
そして記憶の中でも、歌手として白鳥哲が劇中で歌っている場面以外を見たことがないので、売ろうという意識があったのか? 本人も売れる気があったのか不明。本当にドラマの中にしか存在しなかった完全架空の人物のような気がしてしまう。
一応レコードに書かれてるプロフィールでは昭和36年3月1日生まれ、出身は東京都(地方出身じゃ無いのか!)、学歴は新宿区立淀橋中学3年在校中(バリバリ都心だ!)となっている。
しかし「寺内貫太郎一家2」が放送された1975年辺りになると「田舎から出てきて住み込み」という設定に無理があるような気もしていた。
と言いつつ、自分の中学校時代の同級生が高校進学せずに調理人として神奈川だかの店に住み込み修業で入ったという話もあったので、ギリギリありえる話だったのかなぁ。

ちなみに「ひとりだち」では田舎から出てきた純朴な少年がイマイチ都会の暮らしに馴染めずに「カセットテープに声吹き込んで、一人二役さびしいね♪」とかなり危ない一人遊びをしているのですが、B面では「この町に来てもう半年」、同じような寂しがり屋の女性に「ぼくの部屋においでよ」「ミルクティーでも一緒に飲むかい」と誘うような人間に成長している。
こうやって人はその環境に順応して変わっていくのだなぁ。

|

« 中山千夏「あなたの心に」 | トップページ | 松田聖子「風立ちぬ」 »

コメント

白鳥哲「ひとりだち」
http://jp.youtube.com/watch?v=0SEHL-YZf0Y

投稿: ようつべ | 2008年9月23日 (火) 10時39分

秋の曲という事で、中山千夏、そして白鳥哲とは、随分と凄い変化球ですね。やられました。
確かに白鳥哲という俳優と曲はかすかに憶えているんですが、それ以外の記憶はまったくありません。
いや、今回Youtubeを見て記憶の底から蘇ってくるまで、すっかり忘れていました。
こんな曲を持ってくる知泉さんはやはり凄い!

次も期待しています。

投稿: タカハシ | 2008年9月23日 (火) 21時08分

少々古いトピにコメントですみません。

白鳥哲さんは小学校の同級生でした。
中学が別でしたので小学校卒業後はお付き合いは途絶え、かつ毎週ドラマを見ていたにもかかわらず、白鳥哲がが彼であるとは全然気付いていませんでした。(白鳥哲は芸名ですので)ところが友人からその事実を教えられ、改めて見たらなるほど彼でした。芸能界に入るとは夢にも思いませんでしたね。

ふと今彼は何をしているのか、と思い検索して辿り着いた次第です。

失礼しました。

投稿: Sudlor | 2009年7月 5日 (日) 02時22分

すみません。
本人です。
深く見ていただいてありがとうごさいます。

あの二枚のシングルの他にもう一枚シングルを出しています。今は全く関係ない仕事に就いていますが、YouTubeの画像を発見して、息子に"YouTubeに画像が出てる親父はそんなにいないぞ"と自慢してます。
ありがとうございました。
追伸:同級生は誰ですか?

投稿: 白鳥哲 | 2010年5月19日 (水) 21時35分

まさかご本人からコメント頂けるとは思っていませんでした。ありがとうございます。
水曜劇場のファンで「寺内貫太郎一家2」も「花吹雪はしご一家」も、毎週楽しみに見ていました。そして吉田拓郎マニアだったので「ひとりだち」は中学時代にギターを弾いてよく歌っていました。「赤い鼻緒とブルージーン」も拓郎の曲では無いですがよく歌っていました。
3枚目のシングルもあったのですね。もしよろしかったらタイトルを教えて頂けませんでしょうか。なんとかして入手したいと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: 杉村 | 2010年5月20日 (木) 08時16分

コメントありがとうございます。
もう一枚のシングルは"3年D組13番"という曲です。
因みに"哲の青い表紙の日記帳"というLPも出しました。
でも、もったいないので、探してかわなくて良いですよ。

投稿: 白鳥哲 | 2010年5月20日 (木) 21時54分

25年かけて(ブルージーンの女の子)の歌にたどりつくところまできた。
白鳥哲さんて同姓同名がいるの?昭和47年生って本当ですか。
もう少し調べてみます。

投稿: とぶとりあすか | 2010年9月11日 (土) 04時52分

俳優で歌手だった白鳥哲さんは1961(昭和36)年生まれです
同姓同名で俳優や声優などをなさっている白鳥哲さんもいて、そちらは1972(昭和47)年生まれです。
10年位前、何かのドラマのエンディングでその名前を見つけ、俳優として復活したのかと思っていたのですが、まったく違う方でした。

投稿: 杉村 | 2010年9月11日 (土) 14時04分

25年前の10月、生まれたばかりの娘を病院から家につれてかえるとき、立ち寄ったドライブインで聞いたんです。ドラマのタイトルも知らないし歌も、ブルージーンの女の子、のワンフレーズだけ、手掛かりがあまりに少なすぎました。メロディとテンポがN.S.Pの、あの子と日曜日、になんとなくだぶってずうううっと気になっていました。
これでようやくほっとできると思います。あとは歌を覚えて娘にきかせてあげるつもりです。
ありがとうございました

投稿: とぶとりあすか | 2010年9月11日 (土) 20時11分

自分がまだ見習いの頃銀座ナウで聞いた以来です。哲、哲、哲、白鳥哲と、曲の合間に女の子達がテンポ良く声援しているのを覚えています。
今でも大好きな曲です。

投稿: おやじ | 2011年11月21日 (月) 00時12分

いまさらコメントを書いてすみません。
白鳥哲さん、レコード買っていました。でも、ずっと、それを忘れていて、今、ふと思い出してググってみたら、ここにたどり着きました。中学生の頃、夢中になりましたよ。懐かしい思い出を蘇らせてくださって、ありがとうございます。

投稿: こっとん | 2012年9月25日 (火) 23時08分

白鳥哲さん。まだこちらを見ていらっしゃるでしょうか?
私が小学生の時に、大好きだった方です。
ドラマが終わった後、どこを探しても見つからず、今はどうしているんだろう・・と気になっていました。
シングル、子供だったけどお小遣いを貯めて購入しました。
今でも歌えますよ。
ご本人のコメントが読めて良かった・・。
きっと幸せに過ごされていますよね・・。

投稿: ゆかりん | 2014年9月23日 (火) 22時01分

こんにちは

私も白鳥哲さん見たさに寺内ドラマを見ていました。

LPも持っていましたよ❗️

投稿: なおりん | 2014年11月 2日 (日) 23時42分

久しぶりに寄らせて貰いました。
みなさんありがとうございます。
もう、40年もたってしまったので、別人になっちゃってます。
因みに息子の名前は哲平と、言います。

投稿: 白鳥哲 | 2015年5月25日 (月) 23時52分

白鳥哲様。
40年経っていても、私の中では”生まれて初めて好きになった人”です。
テレビでは見れなくなってしまったけれど、お子様がいて、幸せに暮らしているとわかっただけで嬉しいです。
当時、私の自宅は寺内宅状態だったので白鳥哲さんのお姿を見れるのが、唯一の楽しみだったのです。
あの時。白鳥哲さんのパワーを頂いて有難うございました。
辛い時”ひとりだち”歌って頑張れました。

今は結婚はしていませんが、とても幸せに暮らしています。

投稿: ゆかりん | 2015年10月11日 (日) 08時44分

白鳥哲さま

二度目の投稿です(⌒▽⌒)
私の息子も哲平と言います。

私が付けた名前ですが、これに決めた!と思ったとき、
白鳥哲さんのお顔が浮かびました。

投稿: なおりん | 2015年10月22日 (木) 17時20分

みなさん、ありがとう。
何か今更ながら、白鳥哲やってて良かったと思いました。
自分も、唄が助けてくれたこともあるけど、自分の唄が人のためになっていたとは。
ありがとうございます。

投稿: 白鳥 哲 | 2015年11月 6日 (金) 22時19分

白鳥哲さんを検索していて
こちらのページに辿り着きました。

私は「寺内貫太郎一家」が大好きで、
何度も繰り返し繰り返し、DVDを見ています。
(今、この時間も見ながら書いています^^)

こちらにコメントを残されているのは、
本物の白鳥哲さんなのですよね。
ビックリしました。
「貫太郎」の中で、
白鳥さんが不良たちに呼び出され、
墓地で殴られる回が大変に印象的です。
それから、いつも左とん平さんに舎弟扱いされて、
それでも健気に頑張っている様子も好きです。
今は俳優さんはされておられないのですね。
突然、このような場所でお目にかかれたようで、
本当に嬉しいです。

投稿: 青山実花 | 2015年11月21日 (土) 21時18分

また、おひとり貴重な方が現れて嬉しいです。
6年くらい前までは、少しは関係ある仕事をしてたのですが、今は全く違う仕事をしています。
不良にからまれるシーンとか、言われるまで忘れてました。

今でも見ていただいているひとが居るのは、感謝感謝です。

ありがとうございます。

投稿: 白鳥哲 | 2015年12月 3日 (木) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中山千夏「あなたの心に」 | トップページ | 松田聖子「風立ちぬ」 »