« ダウンタウンブギウギバンド「サクセス/愛しのティナ」 | トップページ | 田原俊彦「シャワーな気分」 »

2008年9月13日 (土)

高田みづえ「潮騒のメロディー」

高田みづえ「潮騒のメロディー」
作詞.斉藤仁子/作曲.フランク・ミルズ/編曲.田辺信一
1979年8月25日/¥600
ユニオンレコード/UC-91


2008091301ジャケ違い(第5弾)ですが、今回のケースはよくあるパターン。
このジャケットは後発のジャケットで、最初にリリースした時は下にあるジャケットが使われていました。
何処が違うか...という事なんですが、実は最初このレコードは「子守唄を聞かせて」という曲がA面としてリリースされています。
作詞作曲が谷山浩子、編曲が馬飼野俊一という、それなりにヒットさせようという意図も見えるスタッフ起用が見て取れます。
曲の方も谷山浩子さんらしい、爽やかでサラッとしたメロディが心地良い曲で、高田みづえの丁寧な歌唱法が活かされた佳作で、シングルとしては十二分に及第点を取れると思います。
が、この曲をリリースした直後に事情が変わってしまったのです。

2008091302B面に収録した「潮騒のメロディー」はもともとフランク・ミルズが作った曲で、本来はピアノを中心としたインスト曲で、それがビルボードのインストチャートで3位となっていたのですが、それに歌詞を付けて歌った物をカップリング曲として入れていたのです。
シングル曲としてはちょいアカデミズムな印象もある地味な曲で、歌謡曲というより、学校で歌う唱歌っぽいので、確かにシングルA面としてはどうかな?と思ってしまう。
が、このシングルをリリースした直後に、フランク・ミルズが日本でもブームとなり、それと同時にそれに歌詞を付けた「潮騒のメロディー」に注目が集まった、ということでAB面を入れ替えてリリースという事になったのです。
とりあえずレコード番号などはそのままですが、ジャケットと同様に盤のほうもAB面の表記が変わっている。

2008091303

|

« ダウンタウンブギウギバンド「サクセス/愛しのティナ」 | トップページ | 田原俊彦「シャワーな気分」 »

コメント

高田みづえ「潮騒のメロディー」音のみ
http://jp.youtube.com/watch?v=3cPec91BBwk
フランク・ミルズ「愛のオルゴール」音のみ
http://jp.youtube.com/watch?v=QOSlw5jJn7o

高田みづえ「子守唄を聞かせて」
http://jp.youtube.com/watch?v=R3rgUKf9JjI

投稿: ようつべ | 2008年9月18日 (木) 10時44分

貴重な情報をありがとうございました。
この曲は父親も好きな曲でレコードを持っていました。
でも、フランク・ミルズは田舎ではブームにはならなかったと思います。
知らなかったので。

投稿: りゅか | 2009年3月31日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウンタウンブギウギバンド「サクセス/愛しのティナ」 | トップページ | 田原俊彦「シャワーな気分」 »