« シャワー「あっ!という間にビーチ・ラブ」 | トップページ | チェキッ娘「海へ行こう-Love Beach Love-」 »

2008年8月26日 (火)

モーニング娘。「真夏の光線」

モーニング娘。「真夏の光線」
作詞.作曲.つんく/編曲.河野伸
1999年05月12日/¥1020(税込)
zetima/EPDE-1033


シールで顔が隠れている人もいますが
200808261_2夏シングル第8弾
とりあえず1990年代の曲。テレ東の番組「ASAYAN」から登場したアイドルグループ、モーニング娘。のメジャー5枚目のシングル。
イントロの「ジャカジャカジャカッ♪」が最初に聞いた時から「あれ?、なんだっけこの曲」という状態でそっちの意味で引っかかった曲。元ネタは松田聖子の「青い珊瑚礁」なんだろうなぁ。
作曲をやっているつんく(この当時は♂マークは入っていない)のパクリ能力は凄い物があるワケで、この曲あたりではちょい抑えめだったのが徐々に「このレベルでもOKなんだ」と開花していくのがモーニング娘。のシングルを順番に聞いていくとよく解る。

音楽に於ける「パクリ」というのは、難しい部分もあるけれど自分は「あり」だと思っている。所詮、どのアーティストも前人の曲を聞いて「あぁこの曲好きだ→こんな曲作ってみたい」という気持ちからスタートしていると思うので、それがどこかしら出てしまうのはしょうがない。それを上手に昇華出来るか出来ないかが才能なんだと思う。

裏面
200808262ネットで音楽のパクリを「この曲とこの曲はここが似ている!」と指摘するサイトも多々あるんですが、それを肯定するか否定するかの違いは難しい。中には「音楽のパクリは犯罪だ」と声高に叫んで数々の類似曲を羅列しているサイトがあったのですが、そこに羅列されていた一覧の多くが80年代に発売された「ドロボー歌謡曲」と言う単行本に羅列されていた物のパクリだったりして、ちょい苦笑いという感じもあった。

つんくのパクリ能力は「恋のダンスサイト」でジンギスカンを見事に現代風にする事で一つの完成系を見るワケで、その後「ハッピーサマーウェディング」でドナサマーの「ホットスタッフ」を持ってきたりする辺りも、凄い凄いと思ってしまうのだ。
これらは1968年生まれのつんくが子供の頃、本当に音楽に目覚めた頃のヒット曲(ジンギスカンもホットスタッフも共に1979年)って感じなので、ある意味つんくの血や肉になっている曲なのかも知れない。
物を作る人はある意味、この前人の影響を受けながら、その引力からいかに脱出するか?という部分でもがいていく物なのかもしれない。

自分なんかも高校時代に漫画を描いていた際には明らかに手塚治虫のコピーだった。そこから逃げだそうと必死になっていたけれど、結局そこから抜け出せなかったし、同時期からずっと音楽活動もしていたけれど、それらの曲を続けて聞くと「ディランが好きだった」とか「あぁこの頃は佐野元春にハマっていたな」とか「エンヤを毎日聞いていたな」とか、恥ずかしいぐらいにモロ影響受けている。(所詮アマチュアですが)

そういう意味で、逆に意図的にパクリを出来るってのはある種の才能かも知れないので、つんくの場合は次にどんな球を投げてくるか?が楽しみになっていた。
もっとも後藤真希のソロシングル「溢れちゃう・・・BE IN LOVE」がジェシカ・シンプソンの「Irresistible」に全体があまりにも似ていた時は「それは無いだろ」と思ってしまった。この辺は血や肉って時代の曲じゃない。昨日今日聞いた物をそのまんまの形で出してくるってのは盗作だと思う。
でも、音楽のパクリの構造に興味ない人にとっては前述の「恋のダンスサイト」と「溢れちゃう・・・BE IN LOVE」のパクリは同列の悪いこととして終わってしまうんだろうなぁ。
この辺は、勝手な思い入れの部分が多いので難しいと思うんだけど。

モーニング娘。関連のCDで「カバー・モーニング娘。」という物があって、これは海外の歌手が英語でモーニング娘。をカバーするという企画物。シーナ・イーストンとかアイリーン・キャラとか懐かしい人も参加していますが、これを聞いていると「先祖返り」という部分があって、それマズくないか?と思ってしまう部分もある。
あ、タイトルの『真夏の光線』についてほとんど書いてないや。

|

« シャワー「あっ!という間にビーチ・ラブ」 | トップページ | チェキッ娘「海へ行こう-Love Beach Love-」 »

コメント

モーニング娘。「真夏の光線」
http://jp.youtube.com/watch?v=NZ_pGc4bWnQ

投稿: ようつべ | 2008年8月31日 (日) 21時24分

個人的にはモーニング娘。の曲では真夏の光線がベストだと思っています。
↑のYoutubeで見られるPVもなんか切なく良い感じです。

その後の売れたモーニング娘。は、あまりにも集団という事を意識しすぎて曲が大味なんですよね。
この曲はナッチをメインにして周囲はコーラスなどに徹している。曲とその辺りの構成が凄く好き。
メンバーが全員入れ替わったモーニング娘。はいったい誰が支持しているんでしょうか・・・・・

投稿: 元モーオタ | 2008年9月 1日 (月) 22時54分

>元モーオタさん
初期モーニング娘。の曲は派手さはないけど、じんと来るような名曲がいくつもありますね。「ふるさと」とか。
最近の曲もとりあえずチェックはするのですが、なんか琴線に触れないというか、イマイチピンと来ません。
しかし、メンバーがすでに全員入れ替わっているとしても、1つのアイドルグループが10年も現役で居続けるというのは凄いと思っています。
メンバーの入れ替えを始めた頃、つんくが「宝塚みたいなグループになればいい」と言ってたのですが、確かにそれに近いシステムになっています。

投稿: 杉村 | 2008年9月 3日 (水) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャワー「あっ!という間にビーチ・ラブ」 | トップページ | チェキッ娘「海へ行こう-Love Beach Love-」 »