« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月20日 (日)

人前で喋り倒す日々

やはり体力や精神力の弱さを痛感している。


基本的に日々、机にしがみついてパソコンをカシャカシャ叩き続け、本屋と古本屋とCDショップとコンビニを循環し、週に1回ぐらい遊びに出かけ、時々打合せやらで東京へ出、後は自宅から電話でラジオ出演を繰り返している。
そりゃ食も細くなるさ、という感じの行動力の無さなのだ。
でも、ここに来て色々と動き回らなくてはいけない状態になりつつある。

そんな中、実は木曜日に生まれて初めての講演何ツー物をやってしまったのだ。実際には講演という程ではないのですが、人前で「毎日ラジオで喋っている杉村」という事で依頼され、ちょちょいと何やらを喋るという事になってしまった。
本来自分はあんまり出たがりではなく、人前に立つのより裏方が好きだったのになぜかそんな感じになりつつある。
そこでは、なぜラジオで喋る事になったのかという話や、ラジオでは喋る事が出来ない雑学や、かなりラフに組み立てた物をザーッと喋り倒した。ちょっと話題と話題のつなぎ目がムリヤリ感があったけど、なんとかこなして終了した。
翌日の金曜日は精神的にグッタリしつつ、某原稿の〆切を厳守して終わらせた。

で、土曜日に某所でSBS静岡放送のアナウンサー國本さんのバンドがライブをやるという事で純粋に客として見に行った。
アナウンサーのバンドというともともと知名度のある人のお遊びバンドと思いがちなんですが、國本さんはバンド歴30年以上。なんせ、自分が中学生の頃に、若手アナウンサーとして地元で圧倒的に人気があった頃にすでにバンドを組んで何千人も集めるようなライブを開催し続けている人なのだ。
音楽ジャンル的にはバリバリのベンチャーズ→加山雄三世代のグループなんすけど、テクニックはしっかりしている上に場慣れも構成力もあり、さらにアナウンサーとしてMCは完璧という、不安材料はどこにもないバンドなのだ。

で、そのライブが2部構成だったのですが、1部終わりの時に楽屋にちょっと顔を出した際に「なんかベンチャーズとかで雑学ある?」みたいに振られたんですが、そこで今まで裏が取れずに保留になっていた、当時のバンドマンに関しての雑学で確信持てた物があったので「実は○○○の発明者の○○○がバンド○○○のギタリスト○○○だったんですよ」などと言って、とりあえずそこにいた一人もその事を知らずに「え〜、それ本当?」と受けた。
よしよし、これで今日は充分に仕事をした、と満足して、2部を見始めたのだ。

MCで「え〜今、私がやっているレギュラーは」と國本さんが仕事の話をしはじめたと思ったら、いきなり「その中でらぶらじというラジオ、私は金曜日担当なのですが、その月曜から木曜まで2時になると」と明らかに自分に関するネタ振りが始まった。
「実はその杉村さん、この会場に来ているんですよ」と國本さんが言い放つと同時に、客席がザワザワし何人かが周囲を見渡しはじめる。
「杉村さん!」
と声を掛けられ、反射的に自分もなぜか立ち上がり、こちらを見つめているお客さんに向かって「どーも、杉村です」と答えたつもりだったのですが、マイクもないので声が通らずどうにもこうにも締まりのない顔をした男がペコペコしているような感じになってしまったのだ。

國本さんは話を続け、自分はそっと着席する「あぁいきなり紹介するなよぉ」という状態だったのだが、さらに話は変な展開となる。
「実はですね、さっき休憩してる所に杉村さんがやってきて、いきなりこんな事言うんですよ」とさっき話した雑学をいきなり喋り始める。
「○○○についてなんですけど、○○○の発明者をご存じですか?」と言いだした処で「続きはこの曲の後で」と引っ張り、演奏が再開した。
そしてその演奏の終了後「という事で、○○○の発明者なんですが、続きは杉村さんどうぞ」と舞台に招かれ、何の心づもりもない状態でマイクの前に立たされてしまったのだ。

基本的に人前に出てしゃべっても全然あがらないというのは、去年から何度も公開放送に出た時に発見した物だったんですが、その中で1回上がってしまった事があり、それまで席に座っての喋りだったのが、その回だけスタンドマイクで立って喋るという事だったのです。もっともその時は雑学を喋るという物ではなく、何故かモノマネをしなくてはいけないという特殊な状況でしたが。
スタンドマイクで立ってというのに恐怖心もあったのですが、今回は雑学、しかもさっき喋ったばかりなので全体像が整理されている。さらにすぐ横にはアナウンサー歴30年以上の國本さんがいるので、ドンッと来い状態だったのだ。

そこで、さっき振られた雑学をより解りやすく話し始める。最後の、オチ部分に出てくる人名が解らない人には「へぇ」レベルの話で終わってしまう物だったので危惧してもいたのですが、年齢的にほぼ「あぁあの人が」と解ってくれたみたいで、さらにそのオチ部分でギタリストの方がその人物のヒット曲を演奏し始めたので、ちゃんと落ちてくれて良かったっす。みんなに感謝。
そんなこんなで客席に戻ってぐったりとして残りのライブを楽しみました。

で、ライブの打ち上げには、らぶらじでレポーターを務めるDJカツヨシ氏も奥さんを連れて登場し、延々と音楽話に花が咲き(普段、ディープな音楽話をする場面というのが無いっすから)とにかく楽しい時間を過ごせました。
あと、カツヨシ氏と悪巧みのような仕事の企画が持ち上がり、またしても新たなジャンルへ手を伸ばし始める事になりそうなのだ。

1年半前は、ダメダメ会社員として精神的に追いつめられ、すべてのことにマイナス要素を読み取っていた私ですが、ラジオで喋りはじめて「あれ、自分ってしゃべりもなんとかイケるんじゃないか?」と気づき、公開放送で「あれ、自分って人前でもあがらない」と気づき、なんか「やってみないと解らない」という部分を感じはじめている。ま、年齢的に言ったら「もっと早く気付よ」なのですが。
そんなこんなで、木曜の講演会と土曜のライブとなんか行動すべしという感じが沸々と沸き上がってきたのであった。夏なのだ。

とか言っておきながら、打ち上げが12時近くまであり、普段は9時過ぎには水分以外は口にしないという自らに課した戒を破ってしまった事もあって、翌日の日曜日には体調最悪になってしまった。
現在、水面下で動いている単行本の原稿をある程度まで勧める予定が全然集中できずに終わってしまったのだ。
さらに、どんなに熱くてもクーラーは掛けない事にしていた戒も破り、1日中ぐったり横になって、メモ帳に思いついた事をダラダラ書き綴っていったが、どう考えてもダメな感じ。

行動するのはよいのだが、その前に基礎的な体力を付けなくちゃいけないのだ。
おそらく現在、体力診断をしたら80歳以上と診断されてしまう自信だけはある。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

洞爺湖サミット

なんか北海道のほうでサミットという名前の自称首脳国の偉いさん慰安会が開催されたみたいっすね。


でもって、終わった後の新聞で「日本政府は今回の洞爺湖サミットに約600億円を費やしている」とか書かれておりまして、この数字は警備や会場整備などを含めた数字で、その内訳には国際メディアセンターに50億円、通信環境整備に90億も掛かっているらしい。
なんつーかね、こんなに金かけてまでやるイベントなんすか?
もちろん、極々一部の人々に多大なる利権がいくので、経済効果はあるんでしょう。たぶん。
で、この金額というのが他の国で行われるサミットの3〜10倍の金額だそうで、色々と叩かれていますな。

たった3日間のイベント(それもほとんど重要な決定事項がない会議)のために、ポイと600億円を使っちゃうほど日本というのは余裕のある国なんすかね?
なんか、深夜帰宅するタクシーの中でビールとかおつまみを出されるなんて話、ちぃせぇとか思っちゃうワケで、きっと福田という頭の長いオジサンは思っているんでしょうな「ワシらは何億単位で金動かしてるんじゃい、10万とか20万の金なんて小数点以下だっつーの、ンなもんでガタガタ抜かすな」と。

でもイギリスのタイムズが「そんな無駄な会議3日間でドブに捨てた600億円で、400万人のエイズ患者が治療出来た。マラリア予防の網を1億個も購入できた」とか言っております。
テレビのニュースでは岩手宮城地震で被災したおばあさんが避難場所の体育館でぼ〜っとサミットのニュース画面を見ている場面が流されていましたが、ケチな政府は「山間部の地震だったのであんまし被害を受けた人いないじゃん、だから激甚災害の支援金なんて出せねえよ」とか言っているワケで、おまえら金の使い方知らないな? という感じなのだ。
600億使って「アフリカで食糧難に喘いでいる国々をどうするか?」とか言っているのって、アホですかい?

今回、日本で開催されたサミットで600億円を叩かれいるワケですが、政府はテロなどを警戒するためセキュリティ上しかたがないとか弁解している。アメリカの911テロ以降、世界を取り巻く反政府団体のウンヌン...、なんかゴチャゴチャ面倒クサイ事を言っております。
でもさ、その911テロが起こる前の2000年、日本で開催された沖縄サミットの時に今以上の厳戒態勢を引いて「総額800億円のサミット」として世界中から叩かれたのをもう忘れちゃったのかなぁ? 
その時も他の国と比べて10倍も金使っていると批判されていたのを。

その時、自分も雑学的話題として
☆沖縄サミットは通常のサミットの10倍以上の経費が掛かっている。
☆沖縄サミット期間中、沖縄の全人口のうち60人に1人は警察官あるいは警備員だった。
☆サミットのために日本が投じた予算800億円には警備員の日当も含まれている。ちなみに日当だけで300億円。
とか書いています。

あと、あの時は各国首脳を集めてコンサートまで開いて、ムリヤリ沖縄を代表する歌手って事で安室奈美恵に新曲を作らせている。沖縄サミットのテーマ曲「NEVER END」。他の国でそんなテーマ曲を作るなんて聞かないなぁ
だって、サミットはお祭りじゃないんだもん、ただの会議だもん。
ちなみに、イギリス・タイムズによると今回のサミットで配置された警察官の動員費用だけに1億4200万ポンドが使われたが、3年前のイギリスでのサミットの総費用はそれより少ない1億2100万ポンドだったそうです。

しかし、連日(3日間でしたが)報道されるのはバカ面した各国のオッサンが食事したり、明らかに観光目的で一緒に付いてきたオバサンが北海道の芸能を堪能したりという場面(絵にしやすいのでしょうがないけど)。

アフリカを中心とした食糧難について会議する際に、超一流の食事を用意しなくてもいいじゃんとか思うんだけど、もっと「コイツらはバカですかい」と思ったのが、会議の席で各国首脳のテーブルの上にペリエとか並べられていた事。
ワザワザ外国から高い金だして水を輸入してきてそれを飲みますか。
あんたら「環境」についても話し合っているんでしょ?
北海道なんていったら、何はなくても「水が旨い」とされる地域で、何が悲しくて外国産の水を飲むかね。
北海道なんて水道水だって旨いのに(今はどうか知らないけど、以前は『北海道の水道水』がミネラルウォーターとして売られていた)。
そんな表層部分だけでも、環境とか食糧難とかを本気で考えていないってのが解ってしまう。

根本的な部分で何も考えていないオジサンたちの慰安会に600億円も投入する日本国って、本当に金の使い方を知らないんですな。
おそらく、また8年後に開催される日本でのサミットでも大金を投入して「こんなに豪華なおもてなしで各国首相を楽しませましたよ」という自己満足をするんでしょうね。
その金が国民の税金から出ているというのを理解出来ているのかな?

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

鏡文字

今、テレビ的には「カントリー娘」出身の里田まいが「おバカ」の冠で仕事をしているが、その流れでその所属するハロープロダクションのメンバーもクイズ番組では「おバカポジション」を与えられている感じなのだ。
出す曲、出す曲、大ヒットだったモーニング娘。関連もここまで落ちたか…という感じでもありますが。


美優伝(びゆうでん)、向かって右が岡田さん
200807011その中で、先日ロンブーが司会で年に2回程放送する「一攫千金ヤマワケ」という番組に、ハロプロ(美勇伝)の岡田唯という人が出ていた。
この辺りになるとほとんど曲も聞いた事無いし、顔もなんかTVガイド辺りでチラっと見た事あるかもしれないレベルなのだ。
で、やはり「バカで何も知らないチャラチャラした女子」的な意味合いで出ていたのだが、そこで誰も想像できないほどのファンタジスタ的な解答をしてのけた。

問題は忘れたが、彼女はそこで誤答をして「え〜地球だと思ったのに」と語った。が、その時モニターには彼女がひらがなで書いた『さきゅう』という文字が表示されていた。
みんな驚くというより引く....。誤答という以前に「ち」と「さ」を書き間違えたのだ。
司会だったロンブー敦もその部分に触れることは触れたが、深くまでつっこめずに次の問題へ移っていった。

美優伝(びゆうでん)、向かって右が岡田さん
200807013おそらく、この場面を見た家庭では「里田のバカ解答までは笑って楽しめるが、ここまで行ってしまうと笑うに笑えないぞ」と言うことになっていたかも知れない。
しかし、実はその前の問題の時点でこの岡田唯さんはその「ち→さ」誤答の伏線を出していた。
「本当は左利きだったのに子供の頃右利きで習字をさせられて...」みたいな事を言っているのだ。

実は「ち」を「さ」と書いてしまうのは、いわゆる鏡文字という物で、特にこの2文字のように裏返しても別の字になってしまう文字は子供は間違え易いのですが…。
そして左利きの人も間違えて覚えやすく、さらに子供の頃に左利きを無理に右利きに矯正すると鏡文字を書いてしまうという症例がある。これは脳の中で図形認識が混乱を起こすからだとされているのだ。
だから単純に「おバカすぎて平仮名すらちゃんと書けない」という問題ではない。

鏡文字で有名な人にレオナルド・ダ・ヴィンチがいますが、よく「研究を盗まれないようにワザと鏡文字で文章を書いた」とされていますが、どうやらダ・ヴィンチは左利きで、意識せずに鏡文字を書けたのではないかとされている。
現代の有名人ではトム・クルーズが左利きで、矯正によって右利きで文字を書くようにしているが、そのせいなのか文字が鏡文字に見えてしまうことから、台本を読む専用のスタッフを雇っているそうです。

そんな意味で、そんな鏡文字を書いてしまう彼女に幸あれ。
(鏡文字に見えてしまうので学習困難になりやすいとも聞いたことがある)

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »