« まだまだ知らない事は山盛りだと痛感する日々 | トップページ | 鏡文字 »

2008年6月23日 (月)

食べるなアジサイ

つくば市の飲食店で料理の彩りとして添えられていたアジサイの葉を食べた客8人が食中毒になったという事件が起こった。


20080623なぜ食中毒になったかというと、アジサイの葉やツボミ、根には青酸配糖体という有毒成分が含まれており、これが胃の消化酵素と反応すると、吐き気やめまい、痙攣などを起こして、酷い時は命に関わる事もあるとされている。
実は先週、らぶらじ「2時のうんちく劇場」の中で「雨の季節の雑学」として、こんな話をしている。

☆雨の季節に綺麗な花を咲かせるアジサイ。この時期のイラストとして「アジサイの葉の上にカタツムリがいる」という物を書いてしまいますが、実はアジサイの葉には青酸配糖体という毒素が含まれていて、カタツムリはこの毒素を分解できないのでアジサイの葉を食べる事が出来ず、あまり近寄らないそうです。

ここで出てくる「青酸配糖体」というのを聞いて、アジサイにはそんな怖ろしい毒素が入っているのか!と思う人もいるかと思いますが、実際の事を言えば青酸配糖体は自然界にはそれなりに多い毒素で、有名な「青梅は生のまま食べちゃダメ」「ジャガイモの芽には毒があるよ」と言われるのも同じ毒素が含まれているから。

この手の植物が毒素を蓄える理由は「食べられないように」という事で、カタツムリのように自然界の生き物はそれらを把握しているらしい。
ところが人間ってのは変な動物で、植物がせっかく食べにくくする為に生成している「苦い」という味を喜んだり、毒素まで「滋味がある」とか言って食べちゃうんだから始末に負えない。

しかし、このニュースで茨城県の保健福祉部は「季節料理の彩りのために出したようだが、決して出さないでほしいし、客も食べないでほしい」と呼びかけているんだけど、普通に食事処で出されたら何の疑いもなく食べちゃうよなぁ
というか、自分の場合、サシミにしても本体よりその下のツマをメインに食べちゃうような人なので、確実に人より多く食べて病院に担ぎ込まれてしまう自信があるのだ。
アジサイの葉に毒があるという知識があったとしても、皿の上に乗せられているモノは大丈夫と思っちゃうよなぁ

ちなみに「アジサイ」という名前は「あづる(集まる)」+「真藍(さあい)」と言う意味で、藍色の小さな花が集まっているから「あづさあい」→「あじさい」です。

|

« まだまだ知らない事は山盛りだと痛感する日々 | トップページ | 鏡文字 »

コメント

“雑学王”植草甚一の『ぼくは散歩と雑学がすき』の125ページにこんな記述が。

>ハイドランジアHydrangea アジサイの花弁を乾燥して粉末にし、タバコみたいにして飲むと、シアン化物が含有されているため、しばらくして、脳作用に変調をきたすそうだ(初出1968年)。

60年代後半は、LSD、マリファナといったものが若者に大きな影響を与えていた時代。植草の記事は、身の回りにあるドラッグの代替品に関するもの。

で、ずっとアジサイはやばいよなあと思っておりました。

投稿: SHIN | 2008年6月29日 (日) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ知らない事は山盛りだと痛感する日々 | トップページ | 鏡文字 »