« 漫画表現「シーン」の発案者は手塚治虫 | トップページ | 市川崑監督死去 »

2008年2月13日 (水)

バレンタインデーではなく、煮干しの雑学

ラジオで喋る雑学は基本的にその日の出来事などに関係した話題からテーマを取っている。
とりあえず1周目の初年度はそれで行きましょうと考えている。(あと1ヶ月半ですが)


そんなこんなで、明日の2月14日は当然の事ながら「バレンタインデー」絡みかなぁと思いつつ、この手の派手なイベント絡みの雑学は、その数日前からテレビやラジオなどで語られる事が多く、これまでも何度かハラハラしたり、直前に原稿を差し替えたりしている。
他局とかだったらいいんですが、同じSBSラジオの午前中の番組でその話題が出た時は、完璧に差し替えなくちゃマズイでしょ。となった。

そんなワケで「バレンタインデー」は絶対、どこかで色々な雑学が語られるのでなるべくハズした方向で行きたいと考えていた。
とりあえず「チョコレート」という方向で逃げるのはどうっすかね?という状態になったのだが、その中でこんなネタもあった。
放送前にネタバレなんですが、2月14日はバレンタインデーと同時に「煮干しの日」でもある。
という事で、意表を突いて煮干し雑学を!と考えたのですが、それだけで幾つも面白いネタが出てこなかったので、即座に却下。

だから「今日、2月14日は何の日か知っていますか? そうです煮干しの日です」というのをチラっと語ろうと思っているのだが、そこでその「煮干しの日」を制定した団体は「全国煮干協会」となっている。
Wikipediaでも、ネット内の記念日羅列サイトでも、大昔に自分もメルマガにも書いているし、単行本「知泉」でもその話題と「全国煮干協会」という名前を出している。
手元の資料でもそんな事が書いてある。
しかし。ネットでその団体を検索してみると、その「煮干しの日を制定した」という事しか出てこない。うぬぬ。

とりあえず煮干しなどを扱う団体としては「社団法人・全国削節工業協会」てのがあるぐらい。
「全国煮干協会」という団体が実際にあるのか、あるいはすでに消滅したのか、あるいは「煮干しの日」というギャグ的記念日を制定するために作られたその場しのぎの団体なのか、謎なのだ。

ちなみに「社団法人・全国削節工業協会」が発行している雑誌は「月刊 削節・煮干情報」

|

« 漫画表現「シーン」の発案者は手塚治虫 | トップページ | 市川崑監督死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漫画表現「シーン」の発案者は手塚治虫 | トップページ | 市川崑監督死去 »