« 「2時のうんちく劇場」 | トップページ | 蕎麦の雑学 »

2008年1月25日 (金)

何でも知っていると思うなよ!

日々、文章を書いたり文献を整理したり、まったくもって地味な日々を送っている。
と言いつつ現在の仕事の中心はラジオで喋ることとなっている。
平日の2時には必ず電話でラジオ出演となっているので、1日のスケジュールがそれを中心に組み立てられているような状態なのだ。


と言いつつ「私、今日からライターです」と自己申告した時点からこんなレギュラー仕事を持てるというのは本当に恵まれているのだなぁ
で、そこで日々雑学を喋っているのですが、そこでしゃべる雑学をちゃんと文字にして雑誌あたりに掲載するとなると、1回で1ページ以上の分量になる。実に不経済な雑学野郎なのだ。もっと薄めて雑学周辺の適当な話題を付随させれば、2回分の放送が出来るってのに。
実際、リスナーの人から「1回にしゃべる雑学の本数が多すぎて、覚えきれない」という苦情も寄せられているらしい。
う〜む、覚えきれないって人はいつかこのラジオでしゃべった雑学をまとめた単行本が出た時にヨロシクね! という事なのだが、そのためにはまず、その単行本を出してくれる出版社を探さなくてはいけないのだ。出版関係各位様、すでに単行本2冊ぐらい出せるほど原稿が溜まっております、出版したいというお問い合わせ大歓迎です。

そんな感じで毎日生放送のラジオ出演をしているのですが、生という事で「いきなり」な事も多々ある。
コーナー開始の2分ほど前に電話が掛かってきて、ディレクターが「今日の○○という雑学ですが、最後の〆の部分は○○○は○○○だった〜に変わりましたので、その雑学を強調するようにお願いします」などと軽い打合せがあり、コーナーが始まる。

しかし時々、「リスナーの方からこんな質問が来ているのですが、解りますか?」みたいな事を言い出される事もある。
こっちの頭の中は今日しゃべる事でいっぱいいっぱいの段階だってのに。
先日は、ラジオの中でスリランカの小学生に家で不要になっているボールペンを送りませんか?というキャンペーンをやっていて、それに関して「ボールペンを送ろうと考えているんですが、未使用なのに古くなってしまいつかないんです。これ復活させる方法ありますか?」というお便りが来ているので、答えられますか?と、本当に2分ほど前に聞かれ「あ・・・たぶん」と曖昧に答えたまま本番がスタートした。

そこで必死に頭の中にあった記憶をたぐり寄せ
「ボールペンが付かなくなる理由はだいたい2種類あって、1つはインクが凝固してしまった物で、これは軽く湯煎したり暖めると復活することがあります。2つめはボールペンのペン先に空気が入り込んでインクが出なくなる場合です。ボールペンは毛細管現状でインクが出るようになってますので、空気が入ると出なくなってしまうんです。そんな場合はゴムなどを使ってボールペンをプロペラのように勢いよく廻してやると、インクがペン先に片寄りインクが出るようになる事もあります」と一気に喋り切った。
これなんかは、あくまでもその場の記憶だけで言っているので「・・・だと思う」という状態なのだが。

さらに別の日は、やはり直前に「リスナーの方のお父様が年末に亡くなられたのですが、雛祭りや端午の節句などのお祝い事をやってもいいのでしょうか?」という質問をされた。
う〜む、自分はあくまでも「雑学」の人で、その内容も「あまり人が知らない意外な事実を紹介する」という本筋の話は知らなくても「面白い事実ならいいのさ」という無責任な状態でやっているワケで、そのような生活に役立つ豆知識とはちょっと違うんだよなぁ、と思いつつ、番組は本番へ突入した。
どうやら、一通りその日の雑学を喋った後にその質問が出るような感じで、番組はいつも通りに始まった。

前週に書いた原稿を読みながら(実際にはアドリブを入れたり、その場で若干ニュアンスを替えて文章で読んだ時と、言葉で聞いた時の微調節をしている)、でも頭の中ではその質問の答えを整理するという同時進行で放送が進んでいくのだ。
で、ひとしきり雑学をしゃべり、その日のまとめ雑学(一番ポイントになるネタ)をスタジオのテツさんが叫んだ後、「で、杉村さん、リスナーの方からこんな質問が来ているのですけど」とさっき聞いた「喪中の雛祭り、端午の節句はどうしたらいいのでしょうか?」という質問が始まった。

頭の中がプスプス言っている状態だが、質問内容がお父さんが亡くなったという話なので、声のトーンを若干落として神妙に答えた。
「親族の方が亡くなって1年間は喪中という事で年賀などは避けるのは有名ですが、それ以外の神事も同様に避けるという事になっています。しかし近年、神社や仏具店では喪に服すのは基本的に五十日祭(ごじゅうにちさい)と呼ばれる亡くなってから50日間とするケースが多いです。特に雛祭りや端午の節句、七五三などのような行事は亡くなった方も楽しみにしていた物だと思いますので、喜ばせてあげるためにも行っても構わないとされています」
などと語った。やはり頭の中では「・・・と思います」という状態だったワケです。
で、その日のコーナーの〆は「さすが!ということで、もし解らない事がありましたらドシドシお便りをお送り下さい。なんでも杉村さんが答えちゃいますので!」などという、とんでもない事を言われたまま終了した。

おいおい、自分は実生活では「使えないヤツ」と言われるほど、一般常識が欠落している男だぞ!

|

« 「2時のうんちく劇場」 | トップページ | 蕎麦の雑学 »

コメント

c(>ω<)ゞ杉村さん!らぶらじ聴いてますheart 声・・・大好きです!

このブログも、リスナーさんが「杉村さんの人柄が分かるよscissors」と、教えてくれました。

毎週2時に早めの休憩をとり、忙しくても耳をダンボにしながら、どんな人なんだろう・・・と妄想に走りながら(笑)

やっぱり素敵な人なんだなと、ブログを読みながら、またらぶら字を聴くのが楽しみになりました。

投稿: 凛ママ | 2008年12月19日 (金) 21時36分

いつもラジオを聞いていただきまして、ありがとうございます。
声を褒めて貰った事なんて無かったので、ちょい恥ずかしいです。音楽をやっていた時も、個性がないのが悩みの種でしたので。

らぶらじが始まって2年近く、すでに350回ほど放送が続いていますが、常に面白い雑学をお届け出来るように切磋琢磨していきたいと思います。
凛ママさんのように応援してくだる方の言葉がとにかくありがたいです。

このブログはある意味、らぶらじで語れない部分の息抜きですので(マニアックすぎるネタはNGとディレクターに言われます)ダラダラと好きな事を書いております。

これからもヨロシクお願いいたします。

投稿: 杉村 | 2008年12月20日 (土) 23時01分

まさかお返事をいただけるなんて思いませんでしたhappy02すごく嬉しいですheart04
ブログを色々読ませて頂きまして・・・
ほんとに杉村さんの人の良さとか、わかってきましたscissors
声だけじゃなく、人も良いんですねヽ(*≧ε≦*)φ

やっぱり・・・素敵ですup
ちょっとオタクさんなところも・・・

投稿: 凛ママ | 2008年12月22日 (月) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「2時のうんちく劇場」 | トップページ | 蕎麦の雑学 »