« 爆笑レッドカーペット、真の優勝者は | トップページ | それでいいのかクリスマス? »

2007年12月19日 (水)

ラテン系な生き方って?

年金問題が全然片づいていない舛添要一。


2007121901ダメな人なりに頑張ってはいると思うんだけど「そんな事言っていない」みたいな発言で評判落としてますなあ。
確かに無責任な発言だとは思うけれど、これまでの全然先に進んでいなかった年金問題などをなんとかしようとしているってのには「期待しなくちゃ」的にムリヤリ納得させて思っている。(あくまでも色々目をつぶった上での強制的楽観視)
民主党が「あのような事を言う舛添は辞任して責任を取るべきだ」とか言っているけど、ここで舛添を辞めさせてもう一回チャラにして新しい人が就任する方がその間年金問題がストップしちゃうワケで時間ばかり食うんじゃないかと。

しかし、その舛添が「人生85年ビジョン懇談会」てのを発足させた。メンバーにテリー伊藤、菊川怜、フランソワ・モレシャン、ダニエル・カール等という何がなんだかを集めて、来年3月をメドに報告書をまとめるとの事。
テーマとしては「ラテン系の人生の楽しみ方」「優雅な欧州の長期休暇」「江戸時代のお年寄りの暮らしぶり」などを参考に、明るい老後の在り方を模索するとか言っている。

そんでもって晩年の生き方のモデルケースとして伊能忠敬や安藤広重みたいな生き方が出来たらと述べているんだけど、何を考えているのやら。
安藤広重の場合は、若い頃から絵師として仕事をして死ぬ直前まで絵を描き続けていたワケで、それはあくまでも「売れている絵師」だったから出来た事で、それを普通の人に押しつけられてもなぁ

あと伊能忠敬に関してはたぶん「伊能忠敬は50歳で隠居して、その後、日本地図製作のために測量の勉強などをして、その後自らの脚で20年賭けて日本中を測量して回った」という事で、第二の人生がどうのこうのとか、老後に目標をってとか言いたいんだろうなぁ
でも伊能忠敬は千葉県の名門・伊能家に婿養子に入った逆玉で、50歳まで豪商として優雅な暮らしをしていたんだよね。だから、50歳で息子に家督を譲ってもその家が安泰なのは確実だし、自分も軍資金を持っているので悠々自適だったのだ。だから最初の測量旅行は自費で、今の金で数千万円を捻出しているんだよね。
だから、そんな人を持ち出されても…。

江戸時代は確かに人々の暮らしは豊かだったかも知れない。でもそれは、今のように必要最低限の消費がかなりの金額になっている時代でもないし、そもそも政治がしっかりしていて老後の心配もあまりなかったってのが最低限の前提なのだ。人々の意識を変える以前に政治的に生活基盤を整える作業が必要なんじゃないかと思う。そりゃ誰だって、老後は平和に趣味に生きたいと思っているさ。

ついでにラテン系の生活が目標って、そのラテン系をどの辺の地域を頭に描いているか不明だけど、一般的なラテン系には貧困層もあるし、それゆえの犯罪も多いってのがラテン系だと思うんだけど。
まさか裕福でセレブな方々の、プールのある豪邸で毎晩パーティでも開くようなラテンの方々を思い浮かべているって事はないよね?

そんな懇談会を開くためにどれだけ予算を使うのか解らないけど、安倍首相時代も「美しい国づくり企画会議」なんてのがあって、メンバー12人を集めて2回しか会合を開かなかった会が5000万円近い予算(当然国費)を使っていたってのがあったから、ワケ解らない会を開く暇があったら…と思ってしまうのだ。
「美しい国づくり企画会議」と今回の懇談会はどう違うの?
ちなみに「美しい国づくり企画会議」の費用内訳は、人件費1600万円、事務諸費3100万円、通信・交通費200万円(参加者の謝礼は1人100万ってのが相場なのかな?)


|

« 爆笑レッドカーペット、真の優勝者は | トップページ | それでいいのかクリスマス? »

コメント

小さな規模で商売をしている者です。
何とか営業を続けようと毎日努力していますが、売り上げを上げては支払いのくりかえしで生活のどの部分を削れば年末を越せるか頭を悩ませております。
25日にまとめての支払いを滞り無く済ませるためにやりくりしていたところ、国民年金の督促官がやって来ました。

今年は明らかに不景気で、今まで支払いに遅れた年などほとんど無かったのですが、真面目に納めつづけた年金を数ヶ月ほど貯めてしまいました。
その督促官の態度はビックリするほど横柄で、まるで犯罪者を見る様な目つきで威圧してくるのです。
たぶん退職者の天下りで各家をまわっているのだと思いますが、「こんなヤツの為に年金を支払っているのか!」と思った途端、この国の将来に嫌気がさしました。

今の若い世代300万人から400万人が国民年金を支払っていない現状から、将来の生活保護を受けなければ生きられない人たちが300万人を軽く超すと試算されている様ですが、支払い続ける様努力している我々の層はどう考えて行けば良いのでしょうか。

今まで払った国民年金の照会をお願いしたところで、記録が残っているかも疑問で、「領収書を持って来なさい。」とまた威圧的な態度をされるんでしょうね。
とっくに破綻してるのにね。

投稿: 小規模企業 | 2007年12月20日 (木) 18時18分

ラテン系な生き方って、そういうマジメに納める物なんか無視して、明日を考えずにヘラヘラ生きろって事では?
一般的なイメージのラテン系って、こつこつ年金納めたり、税金払っているイメージないもんねえ

投稿: | 2007年12月20日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爆笑レッドカーペット、真の優勝者は | トップページ | それでいいのかクリスマス? »