« その雑学はNGだ! | トップページ | ミシュランガイド東京2008 »

2007年11月23日 (金)

東京タワーの雑学

あまりにもベタと言えばベタ。
東京観光という感じで生まれて初めて東京タワーに登ってきた。


てなワケで雑学がらみの「東京タワー漫画」でやんす。頑張りすぎて文字が多くなってしまいました。
読みにくい場合は、画像を拡大して読んでね。

20071123a

20071123b

20071123c

20071123d


そのすぐ近くを何度も通った事もあって、登ろうと思えば何度もそんなチャンスがあったのだけれど、「そんな観光的なチャラチャラした事出来っかよ、ケッ」と無意味にトンがっていたのかも知れない。 長渕剛の歌世界で語られる「東京のバカヤロウに負けるもんかと背を向けている田舎者」(←ファンの方ごめんなさい)的な世界は大嫌いだけど、基本的に自分紛れもない田舎者で、しかも「だからってナメンなよ、くのやろ!」と意味不明にポケットの中で拳を握りしめているような部分があったのかもしれない。
いや、20代の頃はそれは顕著で、その顕著な部分の自意識が「都会に負けちゃいけないと踏ん張っている自分がばれちゃいけないので、飄々とした風を装って冷静にしている俺」みたいな感じになっていたのかも知れない。 表面的には「のほほ〜ん」と生きてきた自分だが、その奥にはドロドロのドメスティック(内的・土着的)な田舎者魂がたぎっていたのだ。自分の出身地「伊豆」ってのが非常に中途半端なんだけどね(静岡県人だけど、TVなどの情報は東京圏の物を受けて育ち、今や新幹線で1時間通勤圏)。
という所で、話は脱線するんだけど、今回東京へ出かける途中の電車の中で大学生ぐらいの男女が話をしていた。

男「それで、あいつの彼女がDVじゃなくモロVなんだよ」
女「何ソレ?」
男「ドメスティックバイオレンスじゃなく、そのものバイオレンスって感じですぐ殴ったりするんだってさ」
女「ドメスティックがないバイオレンス?」
男「そうマジにバイオレンス」
女「ドメスティックってどういう意味?」
男「ほら、なんか理由付けて殴るってのがドメスティックバイオレンスって意味でさ、あいつの彼女は理由ないんだよ」
女「へぇドメスティックって理由って事?」
男「そうそう」
と素敵な会話をしておりまして、面倒くさい雑学野郎の自分は聞きたくもない会話にイライライライラしていたわけです。


閑話休題(それはさておき)
と言うことで、新橋で友人リンジと待ち合わせまして、ダラダラと芝公園を通過し
「おぉ!この公園の並木のまっすぐ向こうに東京タワーが見える風景はドラマで何度も見たことがあるぞ!」
などと、結局お上りさん丸出しで東京タワーに向かう。

季節はすっかりクリスマスの準備が済んでいて、タワーの足元は光の洪水でカップルや若い女子の集団がキャッキャッとはしゃいでおりました。
こちらはすっかりしょぼくれたオッサン二人だったのですが、テンションが上がってウヒョウヒョと見苦しくはしゃいでしまうワケでやんす。
やっぱ東京タワーの魔力は凄いなぁ

|

« その雑学はNGだ! | トップページ | ミシュランガイド東京2008 »

コメント

杉村さん鬼畜w

投稿: ニッタバ | 2007年11月23日 (金) 21時20分

えっ、リンジさん展望台において帰って来ちゃったの?

投稿: ばら太郎 | 2007年11月24日 (土) 09時19分

タワーの写真や絵が入ったしおりや絵はがきやペナント、
「努力」「根性」とかの文字が入った、カレンダー機能搭載の置物、
おそろしくパーツ数の少ないタワーの組み立て模型などは、
もう、売ってないんでしょうね。
わたしも行きたかったす。

投稿: ハシモト | 2007年11月24日 (土) 12時43分

私は一階の水族館が好きです。
展示している魚は実は売ってるんですけどね。

投稿: ホンロン | 2007年11月25日 (日) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その雑学はNGだ! | トップページ | ミシュランガイド東京2008 »