« 運転免許証の雑学 | トップページ | ワタシ作る人、ボク食べる人 »

2007年10月16日 (火)

FAIRCHILD「おまかせピタゴラス」

FAIRCHILD/おまかせピタゴラス
作詞:YOU.蓮田ひろか/作曲:戸田誠司


03fairchild現在テレビで、やさぐれた発言を繰り返すタレントのYOUさんは元々アイドル歌手「江原由希子(本名)」として1985年にデビューし、1988年に「FAIRCHILD」として再デビューした。
FAIRCHILDのデビュー曲は「おまかせピタゴラス」ですが、この曲は『さんまのまんま』のエンディング曲にも使われていた。
でもって、正しく言えば番組で使われ始めた当初はグループ名は「FAIRCHILD」ではなく「Shi-Shonen」名義でした。
この「Shi-Shonen」ってグループも元々知っていたんだけど、番組でクレジットとして「Shi-Shonen」と出た時に「え?ボーカル変わった?こんなグループになっちゃったんだ」と思った記憶がある。

「Shi-Shonen」とは戸田誠司がリーダーだったバンドで、福原まり・渡辺等・友田真吾との4人組で、さらにこのメンバーが美尾洋乃・矢口博康と6人組になると「リアルフィッシュ」と名乗っていました。
世間的には「リアルフィッシュ」の方が有名だったかな?(有名と言ってもマニアな人の間だけですが)
で、「Shi-Shonen」の末期、メンバーがガシガシ入れ替わった末、ボーカルにYOUを迎えている。と言ってもYOUボーカル名義では曲はたぶん発表していない。
最末期のメンバーはおそらくYOU、戸田誠司、福原まり、塚田嗣人の4人。

01fairchildで、「おまかせピタゴラス」が『さんまのまんま』で使われ始めた当時、YOUはタレントとして三宅裕司と共にTBSの深夜番組『土曜深夜族』の司会を務めていて、いわゆる「不思議ちゃん」的ポジションにいた。
その番組中に「今度、フェアチャイルドってグループでCD出しま〜す」と宣言していた。
それに前後して『さんまのまんま』でのクレジットが「FAIRCHILD」に変わった。

土曜深夜族という番組は好評だったハズなのに、平成に変わったばかりの1989年2月4日という中途半端な時期にいきなり終了した。そのいきなり具合は、この番組で結成されたアイドルグループ「エンジェルス」がアルバムを発表して初のライブを行ったのが、番組終了してから1ヶ月後。本来は番組でバックアップして盛り上げる企画が立っていたのもすべて有耶無耶になってしまった。
そしていきなり始まった番組が「平成TV・イカすバンド天国」

02fairchildで、「FAIRCHILD」でデビュー曲「おまかせピタゴラス」に話を戻しますが、この曲を聞いていくと「なぜピタゴラス?」と思ってしまうほど、まったくタイトルに歌詞が触れていない。
★goo音楽での「おまかせピタゴラス」の歌詞

実は『さんまのまんま』で使われていた時の歌詞は記憶では違うワケで、そのまんま「おまかせピタゴラス♪」という歌詞もあった。現在の詞では「笑顔でいられない♪」の部分。
そんなこんなで、その当時の事情を知らないで聞くと「なぜピタゴラス?」となってしまうワケです。(セーラー服と機関銃というタイトルの曲よりマシですが)

あの当時は自由奔放なカワイ子チャンだったのになぁ
と今現在のYOUを見ながら思ったりするワケであります。
ちなみにYOUがよく言う「FAIRCHILDが解散したのはギターの人(川口浩和)がキーボードの人(戸田誠司)を殴ったことで」というのはネタで、実際には音楽的な手詰まりだったみたいです。

|

« 運転免許証の雑学 | トップページ | ワタシ作る人、ボク食べる人 »

コメント

初めまして。
たまたま検索していてたどり着きました。
当時フェアチャファンをしていました。
ココに書かれていることは初めて知ることばかりで
面白かったデス。

投稿: りんりん | 2007年11月 4日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運転免許証の雑学 | トップページ | ワタシ作る人、ボク食べる人 »