« 除草趣味 | トップページ | 戦争とのらくろ »

2007年8月 9日 (木)

北京オリンピックまであと1年!

という事で、中国では盛大に盛り上がっていたみたいですが、マジに1年後に正常なオリンピックが開催されるんですかね?


別に、ネット内で意味不明な程に熱くなる中国や韓国を批判する連中に迎合する気はないけど、不安材料山盛り。
といいつつ、根本的に「スポーツ全然興味ない」というスタンスは自分の中に太く存在しているので「さてはて、どんなトンチキな騒ぎになりますかね?」というのが実際の興味の部分なのだ。実に性格悪い。

食の安全という部分がガラガラと揺らいでおりまして、段ボール肉まんに関しては「あの事件は面白可笑しいニュースを発信したかったTV局の捏造」という形で話は落ち着いた事になっているんだけど、それすらどうか?という疑問視になっている。
あと、この10年ぐらいの急激な工業的な発達のために大気汚染や水質汚染が著しいということで、あの空気の中でマラソンなんかが本当に出来るのか?とか言われている。
現にヨーロッパの国は「通常、大会の1ヶ月前から現地に入って時差の調整などをするのだが、あの空気の中に1ヶ月も滞在する事はできないので、直前までもう少し南のマニラとかに滞在して調整をする」みたいな事を表明している。
まったく中国ってヤツは

という論調で終わりにする事も出来るんだけど、現在の中国は見事に日本の戦後復興期をトレスしているかのような状態なので、批判することや笑うことで終わることができないのだ。
日本でオリンピックが開催されたのは1964年。この時代、日本は経済成長期でとにかく工業的にガシガシ行こうぜ!安全より利率だ!人権より儲けだ!という感じで、工場廃液でさえ当たり前のように河川に垂れ流し、下流は灰色をした灰汁のような泡が悪臭を放ちながら漂っていた。そこに川魚が死んで浮かんでいるのも「日常の風景」のように記憶している。
家庭の台所からも合成洗剤を使った後の水が直接川に流し込まれていた。

公害としては1956年に熊本で発症が報告された世界最大級の水銀汚染・水俣病。1965年に新潟で起こった水銀汚染事件(水俣と同様の症状だった為に「第二水俣病」と呼ばれる)。大正時代から続き、1970年頃まで続いた岐阜県の鉱山で起こったカドミウムによるイタイイタイ病。
大気汚染も1960年に始まり、1970年代初頭まで続いた三重県の四日市ぜんそくの元になった大気汚染などが有名。

自分の子供時代は「光化学スモッグ」なんて言葉が時々ニュースを騒がせ、ヘドロなんて言葉も毎日のように聞いていた気がする。
その流れを受けて、1971年に始まった特撮怪獣物ドラマ「宇宙猿人ゴリ」(その後改名し「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」さらに改名し「スペクトルマン」となった)では、物語のテーマが公害だった。
遠い星からやってきた科学者のゴリは「美しい惑星」と思って来た地球が実際は汚染にまみれているのを見て憤慨し、その公害を利用して地球を征服し、その後公害の無い地球に作り替えることを考えるのだ。
って、悪役のゴリって実は地球に優しい猿人じゃん、あの時、ゴリに征服されていれば地球の環境は良くなっていたのに・・・・。

というぐらいに、東京オリンピックが開催された時代の日本は中国の事を批判できないぐらいに大気も水質も汚染されていたのだ。
もっとも中国の場合、その規模が日本の10倍でドーンッなので、手に負えない事になりそうなんですけどね。
光化学スモッグという言葉は80年代中期には聞かれなくなり、今世紀になって久々に聞くようになってきたんだけど、これは中国の汚染が日本に影響を与えているという事らしい。
今年の夏、やっと青空&入道雲になったんだけど、昔に比べて空の青色がシャキッとしていないのも同様の理由らしい。

その「人海戦術的公害」というのは実際には今に始まった事じゃない。
かの万里の長城なんてのは何百年もかけ作られたんだけど、そこで使う天文学的大量のレンガを作るために膨大な木を伐採して、延々と伐採して、とにかく木があったら伐採して、を太古より繰り返して万里の長城を作り上げて来た。
その結果が、中国の西側に広がる膨大な砂漠だと言われているのだ。
昔の雑学で
☆宇宙から見える唯一の人工的建造物は万里の長城である。
というのがあったけれど、実際には万里の長城は何キロにも渡る建造物だけれど、その幅は数10メートルなので宇宙からは見ることが出来ない。宇宙どころかジェット機からも見えない。という事がハッキリ表明され、中国側も2年ほど前にそれを認めた。
が、実際のことを言うと「万里の長城の場所は宇宙から確認できる」のだ。万里の長城の西側には砂漠が広がっているので大地の色が全然違うので、建物時代は確認できずとも明確にその境界線が分かるという。
ちなみに中国の子供が水の絵を描くと水を「水色」では塗らずに黄色く塗るらしい。

しかし、今さら中国が「オリンピックの為に!」と大あわてしている感じがあるんだけど、北京オリンピックなんて2001年に決まっているんだから(日本は大阪を候補地に推薦していた)、今さらって感じなんだけどね。
さてはて、一年後どんな大会になるのか?
そして雑学ネタをどんだけ提供してくれるのか、根性悪い私は興味津々なのだ。

|

« 除草趣味 | トップページ | 戦争とのらくろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 除草趣味 | トップページ | 戦争とのらくろ »