« カレーのきしめんが エノキ冷麺 | トップページ | おーい、出てこい »

2007年8月17日 (金)

色々炎上

00enjoふと、大昔に三遊亭円丈が大地真央と石野真子(たしかこの2人だったと思う)が怪獣になって闘うという趣旨の落語をやっていた事を思い出した。
もう話の細かいディテールは忘れてしまったけれど1980年前後だったか、そこまで新作落語って自由でいいのか?と思ったのだ。
というワケで、別に大地真央の話をしたいワケでもなく、石野真子の話をしたいワケでもなく、ましてや三遊亭円丈の話をしたいワケでもなく。
今日のテーマは「えんじょう」なのだ。


00daitima昨日書いた文章がひょんな事からひょんな事になり、いわゆる「Blog炎上」に近い事になってしまった。という事を話したいワケでもない。
昨日、とにかく暑いと思っていたんだけど、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で観測史上最高の気温40.9度を記録したという、話なのだ。
それまでの記録は1933年7月25日に山形県山形市で記録された40.8度。
岐阜県の方は午後2時20分、埼玉県の方は午後2時42分に記録したということで、74年ぶりの新記録更新は岐阜県で、埼玉県は22分ぶりの記録同って事になるのだ。

00ishinoma雑学関係のネタで「山形県40.8度」というのは、大昔からどの本にも掲載されている物なので、昨日で一気に「古い記録」という事になってしまった。
記録物の雑学ってのは一瞬先には古くなるので常にチェックが必要なのだ。
前に書いたように「日本で一番長い駅名は『ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅』である」なんてのも今年の5月21日に色々な事情で古い雑学になってしまっている(5月18日の雑記

00enjo021933年山形県での40.8度はいわゆるフェーン現象によっておこった、内陸部でおこりやすい現象だったわけですが、実はかつて気象台では47.3度という温度が観測されている。
それは1923年9月2日の東京大手町にあった気象台での記録。
実はこの記録が観測されたのが、関東大震災の翌日。震災によって起こった火災で巻き起こった熱風によるもの。もっともこれは特殊な条件により記録されたものなので公式記録ではなく、参考記録となっています。

他の参考記録では
1923年8月6日、徳島県鳴門市区内観測所の42.5℃。
これは当時、気象庁が民間に委託して記録していた物で「観測所気象月報」に記載されている。
これに関してはその真偽が問われているために現在は参考記録扱いで、公式記録には出てきません。「気象庁監修 気象業務支援センター発行 気象年鑑参照」
2004年7月20日、東京都足立区東京都環境科学研究所の42.7℃
この時、千葉県牛久でも40.2度、東京都大手町でも39.5度という記録を観測しているが、この記録は色々な条件が重なったもので、公式記録としては認められていない。

そんなこんなで、あの有名になったアル・ゴア著の「不都合な真実」の中では、アメリカでも年々最高記録が更新され続けている事が書かれている。
ちなみにその中にあるものでは、2005年7月19日・ラスベガスでの47.2度とか。
自分が子供の頃は「将来地球は氷河期に向かっていくであろう」みたいな事が書かれていて、寒がりの自分は恐怖を感じた物だけど(本当に地球的スケジュールではこの先、氷河期に近づいていくハズらしい)、こうなってしまうとは・・・。
氷河期の時は、若干無責任な考えで「でも自分が生きている間は危機的状況にはならないもんね」と高をくくっていたワケですが、この急激な温暖化は激しく恐怖心を感じてしまうのだ。

|

« カレーのきしめんが エノキ冷麺 | トップページ | おーい、出てこい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレーのきしめんが エノキ冷麺 | トップページ | おーい、出てこい »