« 手塚治虫の雑学(2)鉄腕アトムPart2 | トップページ | 段ボールは食品ではありません »

2007年7月11日 (水)

手塚治虫の雑学(3)手塚という人

そんなワケでSBSラジオ「らぶらじ」で月〜木曜日しゃべっております。


で、そのラジオの内容とはズレていますが、手塚治虫(3)でやんす。この手塚治虫という人は漫画以上に本人がかなり面白いエピソード山盛りなのであります。

200707111


200707112_1


200707113

|

« 手塚治虫の雑学(2)鉄腕アトムPart2 | トップページ | 段ボールは食品ではありません »

コメント

オナ虫先生、あっいや、治虫先生の話題楽しく読ませて頂きました。
思い起こせば高校時代、前の席に手塚先生の大ファンがおりまして、「このヒョータンツギってのは手塚氏の友達が描いた落書きだったんだよ。」「火の鳥読んで素直に感動したから論文描いたんだ!」「手塚作品て名前の付け方いいかげんでさぁ、ホアカバリキルマの壺逆から読んでみなっ。」等々沢山教えてくれる友達がおりました。
時代を超えて、現在でも数多くの作家に良くも悪くも影響を与え続けている大作家ですねぇ。

投稿: はげおやじ | 2007年7月11日 (水) 13時51分

「ヒョウタンツギ」は手塚治虫の妹の落書きから生まれたそうです。
手塚治虫のウラ話は、たけくまメモにいろいろ取り上げられています。ご参考まで。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_22.html

○『リボンの騎士』に出てくる天使「チンク」は「亜鉛」のこと。

投稿: あほ騎士 | 2007年7月12日 (木) 01時30分

あほ騎士さま、勉強になりましたです。
30年ちかく思いこんでたので、目から鱗です。その鱗も何層かになってる様でまだまだ落としきれないっす。
「もしかして、オムカエデゴンスだったかしらん。」と自問自答しております。

投稿: はげおやじ | 2007年7月12日 (木) 08時44分

友達の落書きから生まれたのはヒゲオヤジでやんす。
その友達のおじいさんがそんなヒゲをしていたそうで。

>はげおやじさま
その手塚マニアの友達はきっといい人だと思いますので、大事に扱ってやってくださいませ。

>あほ騎士さま
タメになりました。

でも「医者になると患者を殺す」と言われて医者を断念したという話は、おそらく手塚治虫のネタだろうなあと思っております。何度もエッセイなんかで出てくる話ですが。

手塚治虫の他漫画家への敵対心は凄かったみたいですね。
手塚が最後まで理解できなかったジャンル「スポーツ漫画」が流行った時代、「どこが面白いんだ?」と泣きながら「巨人の星」が受ける理由を周囲に聞いたとかとか言われています。
あと大友克洋の絵なら書けると豪語した手塚ですが、「この絵はいくら研究してもマネできない」と発言したのは、諸星大二郎の絵だけだそうです。

投稿: 杉村 | 2007年7月12日 (木) 09時32分

神様の競争心が凄かったのは有名な話ですね。福井栄一(字うろ覚えです)氏が亡くなったときも本心では「骨身を削る競争相手がいなくなった」と安堵した、とかあるイベントで水島新司氏に「君は試合ばっかりかいてればいいんだから楽でいいねえ」と言った、とか…。

投稿: | 2007年7月12日 (木) 22時42分

〆切りギリギリの修羅場の真夜中、人手が足りずパニック状態のスタジオで
漫画家が半泣きで電話をかけまくり、やっと来てくれた助っ人が諸星大二郎だったら・・という冗談が漫画家の間で交わされていたそうで・・

笑いどころなんでしょう>>研究してもマネできない


投稿: hul | 2007年7月12日 (木) 22時49分

確かしりあがり寿についても「これは描けない」と兜を脱いだとか。

投稿: | 2007年7月15日 (日) 22時15分

手塚が貶した人は皆、才能溢れる人物ばかりですよね
石ノ森、横山、白土、藤子etc

可愛いくみえます

投稿: なしお | 2009年2月26日 (木) 05時20分

石森氏の話は、台詞無し漫画を見た手塚氏が書評だかでクソミソののしって、それがショックで石森氏が断筆しちゃって、やりすぎたと思い「ごめんね。嫉妬してたんだ」と家にあやまりに行った…という話だったような…。うろ覚えですが。

投稿:   | 2009年3月 7日 (土) 23時29分

手塚の作品は好きだけど、
手塚本人は大嫌い。

2次と3次は別物ですから

投稿: | 2009年3月 8日 (日) 01時33分

宮崎駿と手塚治虫ってだぶるな。
嫉妬深くて子供っぽいところが。

投稿: | 2009年3月12日 (木) 00時48分

石森氏の話は、普通に伝えられているのは以下の
ような経緯です。手塚治虫のファンでもあり
石森章太郎のファンでもある人が、手塚治虫に
ジュンについてどう思うかと尋ねる内容をファン
レターに描いたら返事が、「あんなものは
漫画ではない」というようなことがかかれていた
(じっさいはちゃんと文章が伝わっています)
というものです。それをその人はわざわざ
石森章太郎に手塚治虫がこういったと伝えたのです。酷い「ファン」ですね。

投稿: | 2010年1月 3日 (日) 03時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手塚治虫の雑学(2)鉄腕アトムPart2 | トップページ | 段ボールは食品ではありません »