« 5月19日の出来事・誕生日 | トップページ | 5月20日の出来事・誕生日 »

2007年5月20日 (日)

戸川純「遅咲きガール」

000togawa1戸川純/遅咲きガール
作詞.戸川京子/作曲.小松世周
編曲.岡野ハジメ&小松世周
1985年/¥700
アルファレコード/HYS-701


1980年代をある意味象徴するパフォーマー戸川純。
あの時代は、日本人が自分の身の丈を忘れ狂乱したバブルへ突入するためのカタルシスな助走だったのかもしれない。今になった段階でやっと言えることなんだけど。
その時代のひとつのキーワードに「病気」という物がある。
といっても「腰痛」だとか「糖尿病」みたいなマジ病気ではなく、あくまでも「ちょいと世間とズレている」という事を病気と名付けたもの。
当時「トンガリキッズ」や「スキゾ」や「パラノ」で「ニューアカ」な人々が「アタシって自分では解らないんだけど、みんなからズレているって言われるの」と自意識だけを肥大して自らを「病気」と言っていた。
なんか無理すんな。オマエは自分が思っている程特殊な人じゃないぞって感じだったんだけど。

000togawa3確かに70年代以前も、ちょっと変わっていると言われるヘンテコキャラの女の子タレントは多数いた。
しかし、やはり戸川純の登場はエポックメイキングだったのかもしれない。
そして自分は、不思議ちゃんキャラと呼ばれる女子がウザクて当時から嫌いだった。
たぶん系譜は連綿と続いていて、近年の小倉優子・中川翔子など、そしてアキバ系とかに引き継がれているんだと思う。
そーゆー意味で、戸川純というパフォーマーは好きだったけれど、その功績に関しては「なんて事してくれたんだ」という気持ちがある。
(椎名林檎なんかに影響を与えた感もあるので、一概に悪いとは言えないんだけど)

戸川純は子供の頃「醜くていじめられっ子だったので出世して見返してやろうと思った」などと語っているんだけれど、子供の頃のあだ名が「太った山下達郎」と呼ばれていたなどと言う発言を聞いて「もしかして、過去のそーゆー話はキャラ付けのため?」と思った事がある。
なんせ戸川純は1961年3月31日生まれで、山下達郎がソロデビューしたのは1976年、山下達郎がヒット曲「RIDE ON TIME」で世間に認知されたのが1980年で、その時戸川純はすでに19歳、同年ドラマ「しあわせ戦争」で女優デビューしている。
その3年後の1983年にヤプーズで歌手デビューしている。

000togawa5なにはともあれ「情緒不安」や「精神的に病んでいる」という部分を前面に押し出すことで面白がられていたというのは、時代なんだろうなぁ
1978年にYMOがデビューした時、週刊プレイボーイのインタビューで「僕たちは病人なんだ、病人が奏でる音楽を病人が聴いている」と答えている。
それから数年後、1980年代に入ってから「病気」という言葉がキーワードとして使われるようになる。
山本晋也の「ほとんどビョーキ」という流行語は、1980年に始まった深夜の情報番組「トゥナイト」の風俗レポートから出た言葉。

よく「頭がおかしい人」を指して言う「電波」というのは、実際に覚醒剤などで幻覚症状が起こった際に「頭の中に誰かが電波を飛ばしている」などと言い出すこともあるのだが、1981年6月に起こった川俣軍司による事件がキッカケになっている。と言いつつ、この事件の当時は「電波」という言葉はキーワードになっていなかった。
事件から2年後1983年に放送されたドキュメントドラマ「深川通り魔殺人事件」の中で「電波が…、俺の頭の中に電波を飛ばしやがって」と連呼する犯人・川俣軍司を大地康雄が熱演した事で「電波」という言葉が「頭のおかしい人」という意味を持つようになった。

000togawa2話はガラッと変わりますが、戸川純の歌手デビューのバンド「ゲルニカ」は退廃的な感じがして好きだったけれど、その相方・上野耕路の名前を近年意外な所で聞いてびっくりした。
なんと、かの「♪タラコ、タラコ、タラコ〜」の作曲者として。
う〜む、ゲルニカとタラコは繋がらないなあ。


000togawa4この曲の話を全然書いてなかったけれど、この曲が収録されているアルバム「好き好き大好き」は戸川純のロリータな部分と狂気の部分が表裏一体で混在している名盤。
で、「遅咲きガール」戸川純の妹・京子ちゃんの作詞なのでかなりポップで女の子っぽい(戸川京子のアルバム「O'can」は名盤ですよ)。
よく戸川純のプロフィールで「子役として活躍していた」みたいなのがあるんですが、戸川純は確かに子役で舞台出演はあるけど、子役として活躍していたのは妹の戸川京子で「ウルトラマンA」「電人ザボーガー」とか「愛と誠」で早乙女愛の少女時代を演じたり(スキー場で怪我を負う女の子)しておりました。
戸川京子は2002年に37歳の時に自殺してしまったのですが、最初、その報を聞いた時「戸川純の間違いじゃないのか?」と思ってしまった。
現在も戸川純はユニット「東口トルエンズ」として音楽活動を続けている。

|

« 5月19日の出来事・誕生日 | トップページ | 5月20日の出来事・誕生日 »

コメント

ゲルニカ(戸川純)ですか、私も好きだったです。
「明日を築こう、焼け跡に〜。」イントロから歌いだしにかけて、なんとなくタラコのニオイが感じられました。

投稿: あぁ、あの頃 | 2007年5月23日 (水) 12時57分

戸川純・好き好き大好き
http://www.youtube.com/watch?v=CkXIOdOwGTE

キグルミ・たらこ
http://www.youtube.com/watch?v=vAtBNOKT8jM

投稿: You Tube | 2007年5月23日 (水) 21時04分

>あぁ、あの頃さん
改めてタラコを聞くとそんな感じも・・・・

ゲルニカの動いている映像は見たことなかったんですが
明石家さんまが土曜深夜にテレ東でやっていた「サタデーナイトショー」に歌手として出演した戸川純の話の噛みあわなさ加減に「もうワケわからん!」と突き放したり、
初期タモリ倶楽部ではパチンコ屋の中でライブをやっていた姿がかなり衝撃的でした。

でもまだ音楽活動をやっている事を知って少し嬉しかったりするワケで。

投稿: 杉村 | 2007年5月26日 (土) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月19日の出来事・誕生日 | トップページ | 5月20日の出来事・誕生日 »