« 5月29日の出来事・誕生日 | トップページ | 5月30日の出来事・誕生日 »

2007年5月30日 (水)

らぶらじ公開放送:2日目:嘉門達夫氏来る

夕べ、ホテルに帰ってきたのは12時の少し前で、部屋に戻った後シャワーを浴び、少し読書をして1時過ぎに寝たのですが、体の疲れとは裏腹に6時前に目が覚めてゆっくりと風呂に入り時間を潰す。



20070530012日目のメインパーソナリティはかつて「TETSU100%」というバンドのボーカルをしていた杉原徹さんと元SBSアナ(現在はフリーアナ事務所・圭三プロダクション所属)の橋本奈都江さん。
橋本さんはしっとりとした大人の女性という感じで、前日のみのりんとは対照的なイメージで、なんかこの2人の対比は旨いなぁと思うワケであります。2003年までSBSのアナウンサーだったので、この「らぶらじ」で4年降りのSBS復帰だったそうで、番組当初はおかえりなさいメールなどがかなり多く、人気者だったのだなと思ったワケです(ごめんなさい、アナウンサーマニではないので、その辺の事に疎くて)。


2007053003ちなみに「らぶらじ」は月.火曜日が鉄崎(てっちゃん)&小沼(みのりん)、水.木曜日が杉原(テツさん)&橋本(奈都江さん)、そして金曜日は以前の番組から引き継がれた國本良博さん&樹根さん&角田美保さんという構成になっています。
2人ともテツなので「Wテツ」という事ですが、この2人はずっとラジオや音楽活動などでファンが多いので、なんとか便乗して自分も名前を売ろうと思っています(いやはや)。

本日も打合せをして(と言いつつ自分が出るのは極短い時間なので、打合せを聞いているだけという感じです)、そこで嘉門達夫さんが到着。
この嘉門さんがブッキングされたのは、テツさんの高校の先輩という関係もあって交友があるとの事で打診をした所、「ええよ」と軽い感じで快諾してくれたそうです。
嘉門さんは日に3本仕事が入ってもガシガシこなしていくとの事。


2007053004というと気軽に流しているかのように感じるんですが、打合せの時に「浜松という事でちょいと調べてきたんやけどな」と何枚もプリントアウトした紙を取り出し「このコマーシャルは今もやっとんのか?」「これ変な名前の店やけど有名か?」とかチェックを入れ、番組中もそこでチェックしたネタを随所に折り込み、サザンの「TSUNAMI」の替え歌で浜松や静岡の名産などを折り込んだ歌を歌い上げたり、かなり仕入れをしっかりした仕事をこなしていました。


2007053005当然、地元の人はいきなり嘉門達夫が「俺たちにゃ夢がある♪学生服の山田、山田」などと歌い始めて大爆笑。(静岡ではすでに30年以上流され続けている学生服メーカーのCM)
さらに本当に凄いなぁと思ったは、あと5秒です!と言われた瞬間に、本当に5秒で終わる超短い曲をジャン!とやって締めるとか、それが打合せにない状態で出来るって事。
やっぱプロは凄いや。



2007053006という事で、自分も別にお笑いのプロでもないし、タレントでも無いけれど「ラジオに出る限りは客はプロと思っている」という事で色々、昨日の反省点を改良する提案などをしました。
まず、前日の沖縄のネタの時にカンペを持って、時々チラチラみながら話をしていたんですが、お客さんは舞台にいるのは「雑学のプロ」と思っているワケで、それがカンペ見ながらじゃ「原稿があれば誰でも出来る」という感じになってしまうので、全部暗記をして挑みました。細かい日付のデータや、喋る予定ではない関連雑学もいざという時のタメに。


2007053007さらに前日は「では杉村さんの登場です」と呼び込まれステージに上がっていったのですが、なんか間延びするし...と考え、CMの間にステージ上にスタンバイして(専門用語で板付きと言うんですか?)いつものように番組がスタート。
通常の番組ではスタジオから「こんにちわ杉村さん、そちらの天気はどうですか?」的な会話でスタートするので、その状態でスタートして、こっちも演技で「えっとですね、ちょっとさっきまで雨が降りそうだったんですけど」などと空を見上げて...という小芝居を入れる事を提案。
ラジオで聞いている分には面白かったかは不明ですが、会場はそれなりに笑いが取れたのでOK。


2007053008さらに今回は「浜松が4月から政令指定都市になったのを記念して、浜松福市長にウナギイヌが就任した」ということでウナギの雑学からウナギイヌの雑学を展開した。
実は昨日、番組内で市役所に行ってその話題をレポートするコーナーがあったので、市役所の人がその辺の事を話さないかちょい不安になりつつ聞いていたわけですが、そこまでマニアックな話が出なかったので、今回そのネタになったのです。
かなり自分的に「今日は合格点あげてもいいかな」と思う仕上がりになったわけですが、まだ日によってかなりばらつきがあると感じているので、日々切磋琢磨なのだ。


2007053009嘉門さんとも少し話をしたり、マネージャーさんとも話をしたり、かなり密度の濃い経験をさせてもらいました。
しかし、嘉門さんは勉強家だし人当たりも凄く良くて「やっぱプロとして第一線で長くやっている人は違うんだな」と痛感したワケです。

P.S.
自分の出番が終わった後、客席の後のほうをうろうろしていた所、いきなり「あのすいません」と声をかけられたので「おっついに俺も」と思ったワケですが「JR浜松駅はどう行けばいいんでしょうか?」と道を尋ねられてしまった訳です。
もっとも、その後ぼけっとステージを見ていた時に「サインお願いします」などとオバサンに声をかけられ、生まれて初めて友人・知人以外にサインをしました。
なんかペラペラのレシートみたいな紙とボールペンだったけれど、気にしない気にしない。

|

« 5月29日の出来事・誕生日 | トップページ | 5月30日の出来事・誕生日 »

コメント

「TETSU100%」といえば、いまやそのスジでは有名な、
菅野よう子さんが在籍していたバンドですよね。

バンド名だけは記憶しているんですが、
どんな曲を演奏していたかは思い出せない…。
CMで使われてた曲もあったような…。
しかし、スゴイ人たちと仕事をしておりますなぁ。

それはともかく、3冊目の出版オデメトー!

投稿: えっち本 | 2007年6月 1日 (金) 02時09分

>えっち本さま
そうです。菅野よう子さんが在籍していたがために、中古市場で「てつ100%」のレコードを捜そうとしても、なかなか見つからないのであります。
てつさんに直接逢った時にレコードを出して「サイン下さい!」とやろうと考えていたのですが、それも出来ずです。
曲調はジャズっぽい曲とアレンジで、歌詞がちょっとコミックソングぽい感じだったハズです(初期は)

3冊目、6月1日に近所の本屋にも入っていました。しかも朝行った時は8冊入っていて、夕方ふたたび立ち寄った時(気になるのでしょうがないっす)なんと4冊になっていました。
静岡県以外でも売れてくれるといいんですけどね。

投稿: 杉村 | 2007年6月 2日 (土) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月29日の出来事・誕生日 | トップページ | 5月30日の出来事・誕生日 »