« 3月17日の出来事・誕生日 | トップページ | ステージデビュー! »

2007年3月18日 (日)

「にしおかすみこ」とルーズソックス

ぼーっと「エンタの神様」を見ていた時、SM女王キャラの「にしおかすみこ」という芸人が出ていた。


ネタ自体はさほど面白くなく、エンタ系にありがちなキャラをムリヤリ作って、箇条書きのネタを羅列するパターンだった。エンタに出てくる無名芸人はなんか番組側に強制的に「特徴のあるキャラを作れ」と命令されているような感じがあって、どれも痛い。
話はその「にしおかすみこ」なんだけど、この人は元々「つぶつぶ」という女二人の漫才コンビ出身(当時は西岡すみこ)なんだけど、基本的にSMキャラってのはレイザーラモンHGの流れなのかなぁ。

で、番組内で「ルーズソックスがはやり始めた頃、あたし高校3年だっただけど」と語った時に会場が「え〜〜〜っ」と(そんな年行っているんだ)驚いた。
確かにルーズソックスはいつの間にか一時代前の流行って感じで「20世紀に」という感じになっているのかも知れない。
で、それに対しに「けっこう年いってんだよ」と語っていたのだが、ルーズソックスって物自体は、E.G.スミス社などが発売を開始した物で、本来は登山などの防寒具として考案されたものらしい。日本で見かけるようになったときに「80年代初頭にエアロビブームと同時に流行ったレッグウォーマーの進化系じゃん」と言われていた。

そのルーズソックスが女子高生の間で流行りだしたのは1994年頃に局地的に流行りだした。仙台市発祥説と水戸市発祥説があるんだけど、どちらも最初は本来の目的「防寒用」として女子高生が使い始めたという事らしい。
それが一般的にファッションとして目立つようになったのは1996年からと記録されている。たぶん自分の過去の雑記にもその辺りで「最近の女子高生は異常なミニスカートになり...」などと書いているような気がする。

で、先ほどの西岡発言なんですが、彼女はは1974年11月18日生まれで現在32歳、高校3年の時は1992年なので(千葉県だったので、水戸市で流行ったとしたら伝播は早かったかもしれないけど)ちょいとフライングしちゃっているという事で、その話は完璧なネタとしての嘘という事ですな。

ま、それだけの話なんですが。

ルーズソックスの豆知泉

ルーズソックスの日本での発祥地は水戸市とも言われてるが、NHKのクローズアップ現代では「仙台市一番町の繁華街にある大内屋という洋品店が防寒着として売り出したのが最初とされている。

ルーズソックスは「loose」なソックスという意味だが、ゆったりとしたという意味のlooseの発音は「ルース[lu:s]」なので、ルースソックスというのは本来は正しい。日本語ではだらしない=ルーズとしてそれ以前から定着した和製英語みたいな物だけど。

|

« 3月17日の出来事・誕生日 | トップページ | ステージデビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月17日の出来事・誕生日 | トップページ | ステージデビュー! »