« キャッツ★アイ「導火線」 | トップページ | 女子中学生情報コレクター »

2006年11月 5日 (日)

キララとウララ「センチ・メタル・ボーイ」

000kiraura01キララとウララ/センチ・メタル・ボーイ
作詞.売野雅勇/作曲.編曲.井上大輔
1984年08月01日/¥700
ビクター/SV-7408


というわけで、70年代のピンクレディフォロワーついでに、1984年にデビューした「80年代のピンクレディ」などと言われていた歌って踊れるデュオ「キララとウララ」です。(またマイナーでごめんなさい)
ピンクレディ時代には出来なかった、インカム(マイク付きヘッドフォン)をつけてより自由に歌い踊る二人組です。

1985年03月05日:2nd Single「多感期のフラミンゴ」
000kiraura02といっても、ほとんど売れなかったので現在、話のネタとして出てくる場合は「キララとウララという二人組のキララ(大谷香奈子:1stシングルのジャケ写右)って小室哲哉の元妻なんだぜ」という程度だと思いますが。
実は「80年代のピンクレディ」って部分には色々深い意味があって、この1984年にピンクレディが再結成しているんですが、元々ビクター専属だったピンクレディが解散後に事務所的なトラブルがあって(確かミーが事務所に役員として残り借金を背負うハメになったとか、そのためにヌード写真集を出したとか、なんか大人の事情)その再結成の際にはビクターではなくVAPからの再デビューとなっている。(言ってもシングル「不思議LOVE」1枚だけ)

1985年09月21日:3rd Single「ラブ・アドベンチャー」
000kiraura03そのタイミングでビクターから「キララとウララ」がピンクレディのようなダンス&歌でデビューってのは「色々あったのかも知れない」と勝手に勘ぐってしまうのだ。
明らかにビジュアル先行で、ダンスを見せるグループのハズなんですが、自分は歌番組で見たのは1回だけ(他に歌う天気予報でPV、2曲目はCM曲で本人達出演)という状態なので、事務所はチカラ入れてなかったのか?とか思ってしまうワケですが。

1985年12月05日:4th Single「パックンたまご!〜空からたまごが降ってきた」
000kiraura04で、そのデビュー曲「センチメタルボーイ」ですが、実は8月に冥王星が惑星からハズされたという話題の時(さよなら冥王星:2006.8.24記)に取り上げようと思ったんですが、色々冥王星に関する文章を書いているうちに長くなってしまいパスしてしまいました。
実はこの曲の冒頭に「♪水金地火木土天海冥」というフレーズが何度も繰り返されるのだ。つまり今となっちゃ「最期の冥って何?」状態であるのですが、さらにこの曲が歌われていた1984年当時は冥王星は海王星の内側を廻っていたので(1979年1月22日から1999年3月15日まで)、その当時でさえ歌詞が間違っていたワケで....。(それとも未来志向のグループだったので1999年以降にも歌えるような配慮。って事はないか)
曲の方は井上大輔が頑張って井上大輔っぽくないテクノ系アレンジをしています。

1986年04月21日:5th Single「ブインブインブイン」
000kiraura052曲目は飲料「Kilala」の本人出演のCM曲でベストテンのスポンサーとして流れていたが、スポットライトにも出演せず、オリコンの100位以内にも入らず。

4曲目はテレ朝の子供番組「パックンたまご!」のテーマソングなんですが本人達の出演なし。この番組はシティーボーイズ(大竹まこときたろう・斉木しげる)&中村ゆうじが出演し、深夜番組「グッドモーニング」の流れをそのまま朝に持ってきたような物(さすがにオナッターズの出演はなし)で、宇宙人のゆう君(中村ゆうじ)とテレ朝アナウンサー川瀬真由美が宇宙船で旅をしてお馬鹿な事件に遭遇する前半と子供をスタジオに呼んで体操などをする後半の二部構成(間にコントがあったような気もする)。しかし子供を率いてお遊戯をするお兄さんが大竹まことってのは今思うと凄い番組で、確か言うことを聞かない子供を激しく怒鳴りつけていたりしました。

解散後:天野歩美「愛しちゃったのよ」1992年
000kiraura065曲目「ブインブインブイン」がラストシングルでこれはアニメビデオ「るーみっくわーるど ザ・超女」のテーマ曲。2年間の間に色々な事があったんでしょうか、最初の可愛いアイドル風の二人組が同じ人とは思えないほどケバいお姉ちゃんになっております。(4曲目は子供番組の曲の為なのかデビュー当時の写真を使っています)
時代的にもバブル上昇中で眉毛が太く、化粧が濃くなり、誰も彼も肩パットが入った服を着ていた悪趣味な時代だったのでしょうがないとは思いますが。

解散はキララが小室哲哉と結婚したからなのか、仕事がなく自然消滅かは不明ですが、キララは小室哲哉と離婚後、ライターなどをして、その後犬の雑貨店「デザインエフ」経営。(HPhttp://www.designf.co.jp/
残ったウララは1990年に天野歩美として再デビューし1992年頃までにシングル3枚アルバム2枚ほど出していますが、結局その後の消息は不明。

ちなみに「90年代のピンクレディ」として事務所公認で1996年に「ピンクレディX」という二人組がデビューしたということもあります。

|

« キャッツ★アイ「導火線」 | トップページ | 女子中学生情報コレクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャッツ★アイ「導火線」 | トップページ | 女子中学生情報コレクター »