« 生ハンカチ | トップページ | のだめカンタービレ(上野樹里) »

2006年10月 2日 (月)

アーミッシュ

アメリカ・ペンシルバニア州にあるアーミッシュの学校で拳銃などを振りかざして男性が乱入し、「20年前に起こった事の復讐をする」として女子児童らを5人射殺した事件が起こった。


アーミッシュというのは18世紀ころの生活様式のままで現在も生活をしている宗教。
男性はあごひげとサスペンダー付きの服を着て、馬車を使い、電気やガスなどを一切使用しないという教義のもとで生活していることで有名。
元々16世紀頃にスイスで誕生したキリスト教の一派で、幼児洗礼を行わずに、成人後に自らの意志で洗礼をする事から「キリスト教再洗礼派:アナバプティスト」と呼ばれる。
教義の特殊性からキリスト教からも迫害をされ、ヨーロッパを転々と移動し、1693年代にヤコブ・アマンという人物がそのリーダーとなった。そこから「アマン派:アーミッシュ」と呼ばれるようになった。ルイ14世に追放されたアマン派は宗教の自由を求めてアメリカ、ペンシルバニア州へと移住をしたという。

ハリソン・フォードが主演した映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」の舞台ともなっている(実際にそのアーミッシュの中でロケを敢行したために、文明の利器を持ち込むロケ隊と色々問題が起こったという。

本来はアーミッシュの共同体の中では「カメラを使った撮影自体禁止」だったんだけど、ここ数年はそうも言ってられず、その辺は妥協しているらしい。(今回の事件では、上空からの空撮まで使われていた)
かつてタレントの仲野かすみが写真集の撮影でアーミッシュの村へ言った時は、中根曰く「盗撮してきた」との事(いいのか?)。

で、映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」がヒットしてしまったために観光客がどっと押し寄せることとなって、その生活様式の中で出される食事も「エコロジカルでヘルシー」と好評を博し、食事目的で訪れる人も多くなったらしい。
しかし、アーミッシュの生活様式の中での「電気・ガスを使わない」や、それらの道具、さらにはアメリカで決められている食品管理法がネックになって、観光客を裁ききれなくなって、大混乱に陥った事もあるという。

このアーミッシュは、それとは関係ない人々の間でギャグのネタとして使われる事も多々あると言われている。
テレビでタレントがコントにそれを使ったとしても、基本的にアーミッシュはテレビも見ないのでクレームを付けないということで多用されるとも言われている「だって、ギャグに使われたと言う事でのクレームはテレビを見てなきゃできないじゃん、クレーム付けたって事は戒律に反してテレビ見ているってことじゃん」という事らしい。

その文明を拒否しているアーミッシュもインターネット上にサイトを持っている
http://www.amish.net/
http://www.800padutch.com/index.html
アーミッシュ自身が運営しているのかは不明ですが。

|

« 生ハンカチ | トップページ | のだめカンタービレ(上野樹里) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生ハンカチ | トップページ | のだめカンタービレ(上野樹里) »