« ネット犯罪の被害者・加害者 | トップページ | 就職するのなら奈良市役所 »

2006年10月26日 (木)

卒業出来ない

高校での必修科目を受けていないカリキュラムが発覚した時、最初は「学校側のうっかりミスで必修を落としてしまった」と思っていた。


なんて迂闊な間抜けな高校だな、生徒が可哀想すぎると、色々な部分で同情をしていたんだけど、翌日そのニュースは別の県にも飛び火し、さらに翌日は「日本各地で同じような高校があった」というニュースになった。
ここまでくると、うっかりとか偶然ではなく「そういう事が慣例化していた」って事なんすね。

この件で、ちょっと文章を書いて1日寝かしている間に事態はさらに大きくなって、自分が書いた想定の文章は全然役にたたなくなって書き直しになってしまう。
それを連日繰り返しているような状態だわんですが、結局「必修を意図的に受けていなかった」という感じっすね、確かに全国一斉に偶然「うっかり」がありえるハズないんだけど。
地元の高校でも発覚してしまったんですが、意図的に落としたとか、大学には受けたと申請していたとかボロボロと出てきてしまい、今年の受験生はどーすんだ?とか、これまでそんなウソの報告をしてきた高校に対して大学側はどう対処するとか、どう転がっていくか判らないほどの大事件になっている。

問題は、結局「高校の勉強ってのは大学に入るための効率だけを考えて、勉強するという本来の部分を置き去りにしている」って事なんでしょうね。
世界史を知っていたからどうって事もないけど、「進学率を良くする」という単純明確な命題に対しての解答が「受験に関係しない勉強はパス」って事だったわけっすね。

確かに、大学へ進むという事が親から生徒から要求されてる結果だというのは判るし、それを無視する事は出来ない。
学校側の問題としてしまうのは凄く簡単だけど、今回の事件は受験をめぐる全ての人が関係している問題だし、本来の「知識を覚える事の楽しさ」ってのは学校には無くなってしまっているのだなぁと痛感する問題だと思うのだ。
実際、自分も学生時代は勉強の面白さは見いだせない上、学校を見下しているような嫌なヤツで「勉強しなくてもそれなりの点数は取れる」とギターと絵を描くことだけに生活を絞っていた。(自分の通っていた学校がそんなレベル高くないってのも要因なんすけど)

今みたいに、色々本を読みあさって「あぁなるほど、これとこれはここで繋がってくるのかぁ」と知識を覚えていくことの楽しみを知ったのは、卒業してからの事なのだ。
そう考えると「高校生の本分は勉強」ではなく「高校生の本文は受験知識の詰め込み、勉強なんてのは卒業してからいくらでも出来るから、高校時代は受験知識を詰め込むべし」って感じなんしょうね。
「学歴社会は崩壊した」と10年以上前に聞いたけど、実際の事を言うと世の中はまだ学歴が一番判りやすいステイタスだし、学歴がそこそこ良くないと進むべき方向の選択肢は少なくなる。学歴の選択という部分で手を抜くと、一生の生活が変わってしまうというのも事実。
「受験勉強のための勉強」ってのは、良い悪いの問題ではなく、現在の価値観が全部壊れない限り停まることはないと思う。
高校生諸君、本当に勉強したい事は卒業後まで取っておけ。

|

« ネット犯罪の被害者・加害者 | トップページ | 就職するのなら奈良市役所 »

コメント

ワイドショーでは、
すぐ「高校教育のあり方」みたいな、
なんだかなー速効性のない抽象論になっちゃうのは、
どうにかならないものでしょうかね。

耐震偽造問題と似てますね。
どんなにつまんなくみえる決め事でも、
これを破ったら絶対に洒落にならない、
破ったらそれ相応の社会的制裁を受ける事柄ってのは、
どこの業界にもあるわけで。

高校教育のあり方云々よりも、
受験に対してアンフェアですよね。

校長、教育委員会、文科省のどこかはわからないけど、
きっちり責任取って貰いましょう。
3年生も留年すればいい人生勉強になりますよ。
(自分の成績表みてオカシイと思ってたはず)

東京都では、私学は調査そのものがされてないらしいけど、
それはお偉いさんのご子息が通っているからかしらん。

投稿: ピースメーカー | 2006年10月29日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネット犯罪の被害者・加害者 | トップページ | 就職するのなら奈良市役所 »