« 北の核 | トップページ | ブログの書籍化 »

2006年10月13日 (金)

ノーベル文学賞に村上春樹...残念

ノーベル文学賞の最有力候補に「村上春樹」と言われていたんですが、蓋を開けてみるとトルコの作家が受賞。


似てるかは微妙な村上春樹
Murakami01もっとも、ノーベル文学賞ってのは基本的に「英訳された小説」が規準になってるので、日本人文学者の作品の場合、判断基準は間に入った翻訳者の力量もかなり影響するんじゃないかと思ってしまうワケでやんす。
村上春樹の場合、自分で英訳している可能性もあるけど、やはり自国語ではない言語で書くのは難しい。
てなワケで、それ以外にこれといって書くことがないので、関連雑学を。

村上春樹の豆知泉

Murakami02村上春樹は原稿の締切を常に守るので有名。2年間の連載中、原稿を締切前に郵送するために一度も担当編集者と顔を合わせないこともある。

村上春樹がデビューした時、村上龍と角川春樹を足して2で割ったようなふざけた名前だと文句を言われた。本名なのに。

「限りなく透明に近いブルー」は村上龍の著書だが、著者名に村上春樹とミスプリントされた「限りなく透明に近いブルー」が書店に出回ったことがあるらしい。でも現実的に言ったらそこまでアホなミスはあり得ないと思うんですが、これはデマなのかなぁ。

村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」のあとがきに、村上春樹が自分に多大な影響を与えた作家として「デレク・ハートフィールド」(代表作:火星の井戸)の名前を挙げ、あとがきに代える形で、彼と自分に纏わるエピソードを綴っている。
実はこのデレク氏、村上春樹によって設定された架空の人物。

さらに、これに付き合って、友人の翻訳家・青山南が著作「ピーターとペーターの狭間で」でデレク・ハートフィールドを紹介している。

そのせいで、多くの村上春樹ファンはそのデレク・ハートフィールドの著書を図書館などで探し回る羽目に陥ったという(まだネットのない時代の話)。

ついでにノーベル賞と日本人って事で

000kitaza医学者の北里柴三郎は第1回ノーベル賞の最有力候補と言われていたが、結局受賞できなかった。その理由は「黄色人種だから」。その事はノーベル財団の資料にもちゃんと明記されている。(北里の研究に関しては共同研究者のエミール・ベーリングは受賞している)

|

« 北の核 | トップページ | ブログの書籍化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北の核 | トップページ | ブログの書籍化 »