« Go! Go! 細野豪志 | トップページ | アーミッシュ »

2006年10月 1日 (日)

生ハンカチ

昨日、兵庫県で行われた国体の硬式高校野球の開会式でとんでもない騒ぎが起こった。


かのハンカチ王子こと斉藤投手を見たいがために、朝早くからファンが球場に詰めかけた。そこで入場整理券を配布するというので我先にという感じなのだが、列がさらに長くなる事を懸念した係員が「もう少し詰めて並んで下さい」とアナウンスしたために、客がバランスを崩し、何人かが将棋倒しになったという。
もっとも、そこそこの怪我をした人も、治療のために列を離れるのは出来ないと「病院へはいかない」と拒否をしたというのだ。

で、ビックリしちゃうのが、人が沢山集まってしまった為に事件が起きた時間が「明け方の4時10分頃」。なんつーか、そこまでして生を見たいか!!!!と思ってしまうのだ。
本来、国体には入場整理券の配布なんかは行わないんだけど、国体の事務局に「斉藤は出るのか?開会式には出るのか?試合はいつだ?」という熱い問い合わせが異常なほど逢ったことから「混乱予防」の為に考えだした結果だったんだけど、それでも混乱が起こってしまったのだ。
実は、その列の最前列に並んでいた人物は9月28日の夜から並んでいたという。

10月1日が初戦なんですが、通常の国体の試合が警備員9人体制なんですが、今回に関しては51人も配置したという。
なんつーか、そこまで斉藤みたいか?

P.S.
3日(火)に静岡商業との対戦だったので、静岡びいきとして「ここらで一発負けてくんないかなぁ」とか思ったり、逆に「静岡商業はほとんど味方の応援のない試合ってキツイだろうなぁ」とか思ったのだが、結局、早稲田実業の勝ちという絵に描いたとようなストーリーになってしまった。

しかし、ラストの一番盛り上がっている所で、ハンカチを取り出して汗をぬぐった瞬間、観客席からでっかい歓声が沸き上がった。そのハンカチを後ろポケットに戻しながら斉藤投手がニヤリと笑ったのだ。
実は、1日の試合の際にはハンカチは持っていなかったのだが、トレードマークのハンカチを出さないという事が、色々不評だったために、今回は試合前に売店で購入したという。

「ちゃんと受けるために出す瞬間は心得ている」って感じの演出に、なんか「汚れちゃったね」という印象を受けてしまったのだ。どうやら直前のブルペンで次の試合の為に球場に来ていた苫小牧の田中投手とも「そろそろ出すの?」みたいな話をしていたらしい。
「演出」として出すのってちょっと興ざめではありますな。(それでも客席は大喜びってのが、安易な見せ物になっている感あり)

|

« Go! Go! 細野豪志 | トップページ | アーミッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Go! Go! 細野豪志 | トップページ | アーミッシュ »