« 正田美智子サンが皇太子妃に内定 | トップページ | 今でもスィングしているかい? »

2006年9月10日 (日)

神戸のメロンパン

ふと思ったんでですが、アンパンマンに出てくるキャラで「メロンパンナちゃん」というのがいるんですが、あれは当然のことながら「メロンパン」をもとにしたキャラです。
で、どうもこの「メロンパン」というものが、地域によって呼び名や形態が違うということを前々から聞いていた訳で、地域によって「メロンパンナちゃん」に関してのイメージが違っているのでは?と思ったりする。


自分の住んでいる地域(静岡県も含めた関東圏)では、メロンパンといったら丸いドーム型で、表面がクッキー状のパサパサでその表面が緑がかっていて、さらにグラニュー糖(?)をかけた物。中はしっとりした緑色のパン生地。という事になっている。
近年は高級志向なのか、「本当のメロンエキスを使っています」とか「中にメロンクリームを入れました」なんてのがあるけれど、そんなのは邪道なのだ。

確か、数年前に話題になった海老名辺りのサービスエリアの「行列の出来るメロンパン」なんてのも、そのまんま上記で説明した物でした。
これを生まれてからこの方「メロンパン!」と信じ切っていたのですが、どうやら地域差があるらしい。

関西(神戸周辺?)ではメロンパンというと、ラグビーボールを半分に切ったような形(オムライスのチキンライス型とでも)をしているらしい。
そして自分が思っていたメロンパンはなぜか「サンライズ」という名前で呼ばれているらしい。
さらに「サンライズ」にはカスタードクリームが入っているとか、白あんが入っているとか、うぐいすあんが入っているとか、なんか自分の頭の中では収拾付かなくなっています。
うぬぬぬ!と思っていたところ、広島県呉市ではさらにそれを「コッペパン」と呼ぶとの事。じゃ、こっちが思いこんでいるコッペパンはどう呼ぶのだ?という新たな疑問が生まれてしまうのだ。

とりあえずメロンパンは明治時代頃に初登場しているらしく、昭和6年に実用新案出願されている。
研究家が必死に調べても、未だにそのルーツは発見できていないという謎の食べ物でもある。

どうやら関西でいう「メロンパン」が元々の形だという説が強い。明治時代はメロンの亜種「マクワウリ」もメロンと呼ばれた時期があり、洋食屋でライスを整形する容器でパンを焼き上げた事からマクワウリ形になり、そこから「メロンパン」と呼ばれるようになったとされている。
(伊藤博文の時代にマスクメロンが入っているので、これも疑問に感じる部分はあるんですが)

神戸ではその中に白あんを入れ、広島などではカスタードクリームを入れた。
なぜ広島が最初だったのか?という件に関しては、広島県民がメキシコへ移民として渡り、そこから帰ってきた人々が伝えたとか、広島に住んでいたドイツ人が考案したドイツ菓子がルーツだとか、諸説ある。

その後、日の丸を模して丸いパンが作られ、それは「サンライズ」と呼ばれるようになったと言う。Wikipdia では「その後マスクメロンが入ってきた事から丸い形が似ている事からメロンパンと呼ぶようにもなった」とされているんですが、そうなるとマスクメロンが入ってくる以前、実際のメロンが無い状態でマクワウリをメロンと呼んでいたという事になり「じゃ、メロンって言葉はどこから出現したの?」という感じで、ちょい疑問が膨らんでしまうわけでやんす。
なかなか謎が深い食べ物でやんす。

メロンパンナちゃんの豆知泉

「アンパンマン」に登場するメロンパンナちゃんは、読者から「メロンパンをモデルにしたキャラクターを登場させて」という投書が多かったことから考案されたもの。しかし、それまで作者のやなせたかし氏はメロンパンを食べた事がなく、スタッフに頼んで買ってきて貰い初めて食した。

メロンパンの表面の筋が「女の子のキャラなのに顔に傷があるのは可哀想だ」として、4日考え今のメイクになった。

ロールパンナちゃんは、妹のメロンパンナちゃんよりも後から生まれた。

アンパンマンに登場するメロンパンナの好物はメロンジュース。

ちなみにアンパンマンをはじめとして、メロンパンナちゃんなどは、パンの妖精という設定。さらにジャムおじさんやバタコさんも人ではなくて「妖精」。もっともこれは作者の設定で、TV局側の設定では「ふつうのにんげん」となっている。

|

« 正田美智子サンが皇太子妃に内定 | トップページ | 今でもスィングしているかい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正田美智子サンが皇太子妃に内定 | トップページ | 今でもスィングしているかい? »