« 下北サンデーズ | トップページ | 正田美智子サンが皇太子妃に内定 »

2006年9月 8日 (金)

三田寛子「駈けてきた処女-おとめ-」

00_19三田寛子/駈けてきた処女-おとめ-
作詞.阿木燿子/作曲.井上陽水/編曲.萩田光雄
CBS SONY/07SH 1131
1982年3月/¥700


先日の秋篠宮家、長男誕生のワイドショーで三田寛子がコメンテーターをしていたのを見て「なんで?」と思ったんですが、そこで「うちも色々と跡継ぎという事で男児を望まれていて、最初かなりのプレッシャーを感じていたんですが」と語っていて、なるほどなぁと思ったワケです。
中村橋之助と結婚したことで、いわゆる梨園とよばれる歌舞伎役者の家庭に入ったので、それなりに大変なんだろうなぁ。(現在3男のおかあさん)

00_20三田寛子は雑誌「セブンティーン」のモデルオーディションに合格し芸能界入りし、その後はヒットドラマ「金八先生」の後番組「2年B組仙八先生」高坂ひとみ役で1981年4月に女優デビューした。
仙八先生は主演・さとう宗幸が歌う挿入歌の「青葉城恋唄」がヒットしたけれど(主題歌は「萌ゆる想い」)、あからさまな金八の便乗番組ということで、その後スペシャルが1回1984年にあったが続編はなく終わった。(2年生という事で、最終回が卒業式じゃないので盛り上がらないでしょうがないと思うけど。ついでに1984年に放送されたスペシャルの内容が卒業生に覚醒剤の魔の手が伸びるという20年後(2004〜05年)の金八(7)を予見させる内容)

もっとも、このシリーズは金八にせよ、仙八にせよ、新八にせよ、貫八にせよ、女性アイドルの登竜門ではなかったような気がする。三原順子つちやかおり伊藤つかさ川上麻衣子などなど。

00_21番組終了が1982年3月26日で、その前の週1982年3月21日に「駈けてきた処女-おとめ-」で歌手デビューした。
「処女」という表記も話題になったけれど、井上陽水が作曲というのもかなり衝撃だった。
さらに、アイドルというのは基本的に標準語というのが当たり前の時代だったんですが、彼女の場合はどう頑張っても京都出身という事で「京言葉」が見え隠れてして、さらに普通に歌っていても「それ京都のイントネーションだよね?」というのが出ていて、ほほえましい限りでした。

00_22さらに2曲目「夏の雫」になると作詞作曲はそのままで、編曲に坂本龍一が参加するという、かなりチカラ入れてんだろうなぁという感じの楽曲。
井上陽水は陽水で歌いにくいメロディだし、阿木燿子は言葉遊びなのか「海」に引っかけて歌詞の中に「Kumi and Rumi」とか「Yumi and Fumi」という、誰それ?という人名をいきなり出してきて、読めば読むほど詩の世界が理解しにくいほど難解だし、坂本龍一の編曲もやけに複雑で展開がありすぎで「アイドルの曲としてはどうかと」いう感じに仕上がっている。
ジャケット写真も「もしかして山口百恵路線?」という三白眼だし。
なんか、考えすぎて、懲りすぎて、結果として全てを置き去りにしている感じが濃厚なのだ。

00_23その失敗からなのか、3枚目は南沙織「色づく街角」のカバー、4曲目オリジナル「ひとりぽっちの卒業式」を挟んで5曲目も村下孝蔵「初恋」のカバーとなっている。
シングル14枚、アルバム4枚出したハズだけれど、歌手としての三田寛子の印象はかなり薄く、その京言葉のイントネーションと周囲とリズムのずれっぷりが一般的には有名で、いつしかバラエティに多く出るようになっていった。
たぶん最初にそのキャラが表面化したのは「笑っていいとも」の「寛子のお菓子大好き」というコーナーだったと思うけれど、たぶん本人はそのズレっぷりには今でも気づいていないのではないかという感じなのだ。

00_24しかし、今回ジャケット裏を見て「そうだった」と思い出したのが、三田寛子という何の変哲もない、言ってみれば芸能人じゃなくてもありがちな名前が芸名で、本名「稲垣敦子」なんすね。(今は苗字は中村ですが)

ちなみにデビュー曲がセーラー服ジャケットですが、以前書いた「セーラー服ジャケット」の際にすっかり忘れていました。
実はあの後、レコードを整理していたらいくつもセーラー服ジャケットを発見したので、それはまたいつの日か。(「駈けてきた処女」の夏セーラー、半袖の腕部分が腕章のようになっているのってかなり珍しいんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか)

三田寛子

三田寛子は「恋するメトロ」を歌っていた時「メトロって地下鉄の意味だよ」とタモリに教えられて落ち込んだ。人の名前だと思っていたらしい(って誰も教えなかったのか?)、とりあえず歌詞の出だしは「地下鉄でめぐり逢い♪」

三田寛子は決まっていた連続ドラマに「セックスしました」という台詞があったので「そんな言葉言えない」とダダをこねて降板した事がある。その代役は、同じ桜中学出身の川上麻衣子が演じた(川上さんはあの写真集出すようなオープンな方なので、怖い物なしかと)

|

« 下北サンデーズ | トップページ | 正田美智子サンが皇太子妃に内定 »

コメント

YouTube「三田寛子・恋するメトロ」
http://www.youtube.com/watch?v=CaPQCucy8sI

投稿: | 2006年9月15日 (金) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下北サンデーズ | トップページ | 正田美智子サンが皇太子妃に内定 »