« ドンッと鳴った花火と散弾銃 | トップページ | たにしむすこ »

2006年8月16日 (水)

靖国問題と平和ボケの私

小泉ちゃんたら本当に頑固者なんだから。


そこまでして靖国神社に参拝しなくちゃいけない義理も道理も無いような気がする。
でも逆の見方をすれば、小泉純一郎という人が靖国神社にこだわらなかったら、そこに戦没者とA級戦犯とされる人たちが合祀されているって事に関しての議論はここまで巻き起こらなかったと思う。

それまでの首相にしても、他の政治家にしても「あんまり触れちゃいけない場所」的に、自分の任期の間はとりあえず波を立てるなよ状態だったような気もする。
小泉の前に靖国に参拝したのは、中曽根だけれど、中曽根も1回参拝した直後色々批判されたり中国との国際的な色々があるので「とりあえずもう行かねぇよ」という形になった。

ま、靖国神社といういわゆる天皇を中心にした宗教・神道の場に戦没者を祀ってしまった段階で色々あるんだと思う。
ただの戦争に関する人々の慰霊で、宗教色が一切無い場所だったら問題はもっと簡単だったんじゃないかと思うのだ。

難しい問題だけど、A級戦犯っていう判断自体が戦後アメリカが「ここからA級ね、こっちはセーフ」と線引きしただけで、その辺の判断はなんか曖昧っぽい気もする。
結局、戦争が終わった時点で生き残っていた軍部の人が裁判にかけられて、その結果東京裁判で「A級戦犯」という肩書きを付けられてしまったわけで、それら処刑された人が靖国に祭られているってどうよ?って話でしょ?
じゃ、戦争が終わる前に死んじゃって裁判にも掛けられなかった軍部のバリバリ戦争推進派だった人の事を問題にしないの? そっちの人も靖国には祀ってあるんじゃないの?
「戦争を起こした責任」という部分で揉めるのなら、そっちまで遡らなくちゃ。

自分は、あんましそれについて深く考える気が無い。戦争を知らない世代なのであんなに揉めるってのもよく解らない。(同世代やもっと下と思われる世代の人がネット内で暑くなっているのを、凄ぇなあと思って見ている)
実際の事言えば、小泉純一郎も1942年生まれなので、戦時中に生まれているけど、実際には戦争を知らない世代なんすけどね。

それ以前に、次期首相に関する論点が「靖国に行くか行かないか」ってのが大きいって段階で、この国の政治家はアホばかりですかい状態です。
イデオロギーとかじゃなくて「靖国に行かないような波風を立てない人を首相にすべき」と言っているみたいな感じ。心の中でどう思っているかは別として。

先日、休みだったので久々に見る事が出来た「太田光の私が総理大臣になったら...」で「日本・中国・韓国などで共通教科書を造ろう」みたいな提案がされていたけれど、各国の共通認識は難しいっすよ。
第二次世界大戦に関しては、まだあの時代の生き証人も山ほど生きているので、双方の意見をまとめる事は難しいって感じなんだけど、双方の生き証人がいないような、豊臣秀吉の朝鮮出兵だとか、鎌倉時代の元寇だとかですら、双方の歴史の中では全然違う見解で語られているんだから、永遠に共通認識は無理っすよね。

しかし小泉が靖国に行ったことで、あっちの国は「日本は軍事主義に逆戻りしようとしている!」と騒いでいるけど、未だに徴兵制のある国に言われてもねえとか思ってしまうのだ。(逆に平和ボケの私なんかは、それら報道を見て、そこで激昂している人々って軍国主義っぽいよなあと思ってしまうワケで)

突然思い出したけれど、「3年B組金八先生」で初代生徒の卒業後の単発ドラマで、それは...というのがあった。(1982年10月8日放送)
本編の方でも、生徒(近藤真彦など)がイベントで特攻隊の格好をしてカッコつけていたのに対し、校長の赤木春恵が戦争時代の話で諭すというのがあったけれど、その単発ドラマの中では、3B卒業生が進路として「俺、自衛隊に入ろうと思うんだ」というのに対し、金八を含めてみんなで寄ってたかって反対するエピソードがあった。

あげくの果て「自衛隊に入るって事は戦争に協力するのと同じことだ」などと言い出す始末。
よくあんな内容を放送出来たなぁという感じ、自衛隊が悪の組織そのものって感じの扱いで。逆に言うと、80年代初期の平和ボケだったからこそ、ありえた内容だったのかも知れない。

ちなみに、ドラマの中で特攻隊の服を来た近藤真彦が、ドラマとは関係なくその時に記念撮影していた写真がどっかから流出した事があった。
それを某写真週刊誌が「近藤真彦が特攻服を着てイキがっていたヤンチャ時代」とあたかも暴走族にでも入っていたかのようにスクープして笑い物になった事もありました。

|

« ドンッと鳴った花火と散弾銃 | トップページ | たにしむすこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドンッと鳴った花火と散弾銃 | トップページ | たにしむすこ »